ノート:山本大介 (ゲームクリエイター)

ナビゲーションに移動 検索に移動

複数の問題について[編集]

このページには「複数の問題」が指摘されていますが、どのような問題が具体的にあるのか私にはわかりません。

  • 古い情報を更新する必要があります。
  • 人物の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。
  • 宣伝広告的であり、中立的な観点で書き直す必要があります。

以上3点が現在は指摘されていますが、情報を更新するべきなのはどの部分のことか、著名なゲームの企画者・プロデューサーのため特筆性は十分ではないのか、宣伝広告的な部分とは具体的に何を指すのか、等の疑問があります。意見のある方はお願いします。--Allomyces会話) 2016年8月28日 (日) 15:28 (UTC)

コメント
Template:更新Template:特筆性Template:存命人物の出典明記
出典として使用されている数がたった4つと非常に少ないにも関わらず、一番新しいのでさえ2013年1月です。特筆性のある人物であれば対象と無関係な外部からの言及が複数あるはずです。「パズドラのプロデューサーだから」は特筆性があることを示すには弱いです。パズドラのプロデューサーだからということを全面に押し出したのであればそれはパズドラについての記事になりますからパズドラの記事で執筆するべきです。ここは山本氏の記事なのですから、「山本氏の発言がゲーム界にどんな影響を与えたのか」等の山本氏の功績について解説してください。来歴などは山本氏について簡単にわかる程度で十分です。
例えばですが、ファミ通のこの記事とかいいんじゃないですか?ゲームクリエーターとしての山本氏について触れています。ただ、一次資料に近いので取り扱いには注意が必要でしょう。
現在の記事では特筆性のタグを外すことは難しいと考えます。ケースEとして削除依頼するまでではありませんが。
Template:宣伝
これはWP:NPOV的でないということを示しています。履歴を見るにかなり前から貼られていますね。記事が小さすぎ、来歴節しかない時点でどうだろうかと思いますが、山本氏が行ったことだけが書いてあるだけで、これではただの宣伝用プロフィールです。可能な限り複数のソースを出典として不祥事(いうほどなかったと記憶していますが)も含めて記述すると良いのではないでしょうか。とはいっても、中立的な観点は非常に難しい(個人的に一番難しい方針)なので、解決策としてはとりあえず文量増やすのが手っ取り早いと思います。沢山の出典を使って記事書いてるうちに自然と百科事典的な記事になると思います。そうすれば自然と特筆性も文句なしといわれるかと。
現在の記事は出典が少なく、文量も少なく、Wikipediaの求める掲載基準を満たしていないものと判断します。--Mirinano会話) 2016年10月3日 (月) 12:19 (UTC)

なるほど納得しました。詳しくありがとうございます。私自身にはそこまで山本氏について書く気力はありませんが、次に編集する方にとって良い指針になると思います。--Allomyces会話) 2016年10月3日 (月) 15:43 (UTC)