コンピュータ言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンピュータ言語(コンピュータげんご)とは、コンピュータにおいて用いられる言語の総称である。一般に人工言語で、もっぱら形式言語である(親しみやすさなどの目的で、自然言語風にデザインされることもある)。

プログラムを記述するためのプログラミング言語の一群が最も有名であり、そのため「コンピュータ言語」と「プログラミング言語」は同じ意味で使われることもある。しかし、コンピュータ言語としては他にもハードウェア記述言語や、マークアップ言語のようなデータ記述言語などがあり、それらは「プログラミング言語」ではない。

コンピュータ言語の特性[編集]

コンピュータ言語の大きな分類として、人間が読める言語と読めない言語という分類がある。人間が読める言語は直接人間が使うことを想定して設計しており、人間が読めない言語は(部分的には人間が読める場合もある)「人間による可読性」を犠牲にすることで、よりコンパクトでコンピュータが処理しやすい形式になるよう設計している。(コンピュータ言語に対しては、機械による可読性(機械可読)という観点もある)

コンピュータ言語の種類[編集]

プログラミング言語[編集]

(コンピュータ)プログラミング言語は、コンピュータのプログラム、すなわちコンピュータに対して情報の操作/編成や周辺機器制御などについて記述するための言語である。プログラムを書くことをプログラミングと呼ぶ。プログラミング言語は、BASICC言語C++COBOLFORTRANJavaアセンブリ言語などがある。プログラミング言語は世代で分類されることがある(4GL参照)。

スクリプト言語は容易に使えるプログラミング言語を指す大雑把な分類である。スクリプト言語には下記ような特徴(の一部または全て)を備えているものが多い。どのような言語をスクリプト言語と呼ぶかは感覚的なものであり、正確に定義できるものではない。

スクリプト言語には ActionScriptAppleScriptawkbashEmacs LispGroovyJavaScriptLuaPerlPHPPythonREXXRubyPowerShellSKILLTclVBScript などがある。

多くのプログラミング言語はテキストのソースコードでプログラムが記述されるが、ビジュアルプログラミング言語はプログラム要素を視覚的に表現し操作することでプログラムを構築する。

コンピュータが実際に実行する命令は機械語で現されている。これは一般に人間が読めない(読まない)バイナリ形式のコンピュータ言語であり、CPU命令セットに対応している。高級言語のソースコードはコンパイラによって機械語に変換される。プログラミング言語によってはバイトコードのようにコンピュータ・アーキテクチャと独立した移植性の高い中間言語を使う場合がある。そのようなシステムでは、バイトコードから機械語へ変換するコンパイラもあるか、バイトコードを仮想機械ないしバイトコードインタプリタで実行する。よく知られている例としてJavaがある。

情報を表現する言語[編集]

ソフトウェアの動作を設定する言語[編集]

システム設計のための言語[編集]

人間が記述しない言語[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Anderson, A. John (1994年). Foundations of Computer Technology. CRC Press. pp. 431. ISBN 0412598108 

外部リンク[編集]