ビジュアルプログラミング言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビジュアルプログラミング言語(ビジュアルプログラミングげんご、: Visual programming languageVPL)とは、プログラムテキストで記述するのではなく、視覚的な操作でプログラミングするプログラミング言語である。グラフィカルプログラミング言語とも言う(英語のグラフ(graph)には、節点と辺からなる「グラフ理論」などのグラフ (データ構造) の意味があることに注意)。視覚表現でプログラミングが可能で、空間上でテキストやグラフィックシンボルを配置することでプログラムが形成される。多くのVPLは「矩形と矢印」の考え方に基づいており、矩形や円を画面上のオブジェクトとし、それらを矢印や線や弧でつなぐ。

VPL は、使っている視覚表現によってさらに分類でき、アイコンベースの言語、フォームベースの言語、ダイアグラムベースの言語がある。ビジュアルプログラミング環境では、グラフィカルな要素やアイコン的な要素が提供され、それらをユーザーが対話的に操作し、空間的にプログラムを構築する。

ビジュアル言語でない言語に視覚表現を導入して、視覚的に変換した言語もある。一般にビジュアル言語は視覚表現に固有な要素を持っており、テキスト環境では表せないことが多い。

最近では、ビジュアルプログラミングの手法とデータフロープログラミング言語を統合する試みがなされている。これらは、プログラム状態への素早いアクセスが可能で、デバッグ、自動プログラム合成ドキュメンテーションが容易という特徴がある。また、データフロー言語には自動並列化が容易という特徴があり、将来的にこれが重要となる可能性を秘めている[1]

ビジュアル言語の例[編集]

なお、Microsoft Visual Studioと、その環境のいくつかの言語にVisualという呼称が付いているが、これは元々、GUIを視覚的にデザインできるRADツールが統合されたBasicであるVisual Basicが好評であったために他にもその名前を付けただけのものであり、ビジュアル言語ではない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Johnston, W.M.; Hanna, J.R.P. and Millar, R.J. (2004年). “Advances in dataflow programming languages”. ACM Computing Surveys (CSUR) 36 (1): 1-34. http://www.ittc.ku.edu/~rsass/rcreading/johnston04.pdf 2007年3月31日閲覧。. 

外部リンク[編集]

この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。