ダージュ オブ ケルベロス ロスト エピソード ファイナルファンタジーVII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダージュ オブ ケルベロス ロスト エピソード
-ファイナルファンタジーVII-

DIRGE of CERBERUS Lost Episode
-FINAL FANTASY VII-
ジャンル RPG
対応機種 日本NTTDoCoMo 903iシリーズ
北米ベライゾンアンプドモバイル
開発元 スクウェア・エニックス
アイディアワークス3D
発売元 スクウェア・エニックス
人数 1人
発売日 日本プリインストール版:2006年11月1日
日本完全版:2006年11月6日
北米2006年8月
テンプレートを表示

ダージュ オブ ケルベロス ロスト エピソード -ファイナルファンタジーVII-(ダージュ オブ ケルベロス ロスト エピソード ファイナルファンタジーセブン、DIRGE of CERBERUS Lost Episode -FINAL FANTASY VII-、略称:DCLE FFVIIDCLE FF7)は、スクウェア・エニックスから配信される携帯電話用ゲームである。ファイナルファンタジーVIIスピンオフ作品のひとつである。

対応機種はNTTDoCoMoFOMA P903iP903iXP904iN904iで、P903iとP903iX HIGH-SPEEDにはプレインストールされた。

概要[編集]

2006年、コンピューターゲーム関連見本市E3で、同年夏から北米で配信されることが発表された。北米で携帯電話事業を行うベライゾン・コミュニケーションズアンプドモバイルの機種で配信された。当初は日本での配信は未定とされたが、2006年9月、日本でもNTTドコモのFOMA 903iシリーズで配信されることが発表された。

2006年11月1日、プレインストール済みのP903iが発売。プレインストール版は音声が一部省略され、シナリオは途中までしかない。同年11月6日、フルボイスと追加シナリオのある「完全版」への無料アップグレードが可能になった。2007年7月25日にはP904i、N904i向けに配信が開始された。

ストーリー[編集]

WRO(世界再生機構)本部からニブルヘイムに向かうまで(『DCFFVII』の4章から5章)、ヴィンセントがDG(ディープグラウンド、ソルジャーの研究施設)と戦いながら目的地を目指す。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]