ワンダーボーイV モンスターワールドIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワンダーボーイV モンスターワールドIII
ジャンル アクションRPG
対応機種 メガドライブ
開発元 ウエストン
発売元 セガ
ディレクター 平田豊
清水芳久
プログラマー 栗原孝典
音楽 坂本慎一
美術 盛岡三奈
栗原浩美
なかやまともこ
大空真紀
人数 1人
メディア 日本の旗5メガビットロムカセット[1]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗6メガビットロムカセット
発売日
  • 日本 1991年10月25日 (1991-10-25)
  • アメリカ合衆国 1992年
  • ヨーロッパ 1992年
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
OFLC:G
その他 型式:
  • 日本 G-5509
テンプレートを表示

ワンダーボーイV モンスターワールドIII』はウエストンが開発し、1991年10月25日にセガ(後のセガゲームス)より発売されたメガドライブ用ゲームソフト。

2007年3月27日にはWiiバーチャルコンソールで配信開始された。

概要[編集]

スーパーワンダーボーイ モンスターワールド』(1988年)より後の世界を舞台としたアクションRPGで、過去作の登場人物の子孫やモンスターが再登場する[2]

主人公の勇者シオンは剣のほかにマジックアイテムを用いて魔法が使える。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 Wonder Boy in Monster World
  • ヨーロッパ 1993年 (1993)
セガ・マスターシステム ウエストン セガ 4メガビットロムカセット 9012 -
2 日本の旗超英雄伝説ダイナスティックヒーロー
アメリカ合衆国の旗The Dynastic Hero

  • 日本 1994年5月20日 (1994-05-20)
  • アメリカ合衆国 1993年
PCエンジンSUPER CD-ROM² アルファ・システム ハドソン CD-ROM
  • 日本 HCD4032
  • アメリカ合衆国 TGXCD1053
-
3 セガエイジス2500シリーズ Vol.29
モンスターワールド コンプリートコレクション

  • 日本 2007年3月8日 (2007-03-08)
PlayStation 2 セガ セガ CD-ROM SLPM-62760 -
メガドライブ版、セガ・マスターシステムの移植
4 日本の旗ワンダーボーイV モンスターワールドIII
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗Wonder Boy in Monster World

  • 日本 2007年3月27日 (2007-03-27)
  • アメリカ合衆国 2007年4月23日
  • ヨーロッパ 2007年5月4日
Wii
バーチャルコンソール
ウエストン セガ ダウンロード - -
メガドライブ版の移植
5 日本の旗超英雄伝説ダイナスティックヒーロー
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗The Dynastic Hero

  • 日本 2007年11月6日 (2007-11-06)
  • アメリカ合衆国 2007年11月30日
  • ヨーロッパ 2007年12月03日
Wii
(バーチャルコンソール)
アルファ・システム ハドソン ダウンロード - -
PCエンジン版の移植
6 Wonder Boy in Monster World
  • アメリカ合衆国 2012年5月2日 (2012-05-02)
  • ヨーロッパ 2012年5月2日
Windows
(Steam)
ウエストン セガ ダウンロード 211209 -
7 日本の旗ワンダーボーイV モンスターワールドIII
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗Wonder Boy in Monster World

  • 日本 2012年5月23日 (2012-05-23)
  • アメリカ合衆国 2012年5月22日
  • ヨーロッパ 2012年5月23日
PlayStation 3
PlayStation Portable
ゲームアーカイブス
Xbox
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
ウエストン セガ ダウンロード PSN:
  • 日本 NPJB-00091
  • アメリカ合衆国 NPUB-30327
  • ヨーロッパ NPEB-00411
-
PCエンジン版『超英雄伝説ダイナスティックヒーロー』
  • 1994年5月20日発売のPCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフト。ハドソンからの発売。
  • かぶと虫族の勇者ダイナスが森の精霊リリファを救い出すため、トカゲ族と戦うというストーリーに差し替えられている。
  • 2007年11月6日にはWiiのバーチャルコンソールで配信開始された。
PlayStation 2版『セガエイジス2500シリーズ Vol.29 モンスターワールド コンプリートコレクション』

スタッフ[編集]

メガドライブ版
  • チーフ・プログラマー:栗原孝典
  • プログラマー:清水芳久
  • 音楽、効果音:坂本慎一
  • デザイナー:盛岡三奈、栗原浩美、なかやまともこ、大空真紀
  • ディレクター:平田豊、清水芳久
  • スーパーバイザー:石塚路志人
  • スペシャル・サンクス:渡辺勉、税所義仁、菊地幸太、西澤龍一
PCエンジン版
  • プログラマー:山本耕司、赤澤正雪、MURA、古賀薫、戸次鑑連
  • デザイナー:久富公志、岸田智則、ZERO島、永田竜也、国分政昭、林瑞代、嶽本あゆみ、池松誠、宮内敏成、梅田健志、山本純子、岡田寛、朱雀螢、尾上恭輔
  • 音楽:SYN SOUND DESIGN
  • キャラクター・デザイナー:家入赤福(レッド・カンパニー
  • ディレクター:家入赤福(レッド・カンパニー)、澤口岳志
  • デザイン・ディレクター:野中和彦
  • プロデューサー:木本旬、青山英治
  • アシスタント・プロデューサー:三井啓介
  • スペシャル・サンクス:
    • レッド・カンパニー:小林正樹、湯澤河童
    • ウエストン:西澤龍一、菊地幸太、税所義仁、渡辺勉

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Electronic Gaming Monthly 7.2/10点 (PCE)[3]
ファミ通 27/40点 (MD)[4]
21/40点 (PCE)[5]
メガドライブFAN 21.76/30点 (MD)[1]
電撃PCエンジン 63.75/100点 (PCE)
PC Engine FAN 20.2/30点 (PCE)[6]
メガドライブ版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)[4]、「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.76点(満30点)となっている[1]。同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「展開がスピーディで最後まで飽きさせない」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.07 3.44 3.66 3.66 3.64 3.29 21.76
PCエンジン版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では6・5・6・4の合計21点(満40点)[5]、「電撃PCエンジン」では45・75・70・65の平均63.75点(満100点)、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.2点(満30点)となっている[6]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.5 3.5 3.3 3.3 3.3 3.2 20.2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 42頁。
  2. ^ SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.29 モンスターワールド コンプリートコレクション”. セガ. 2011年11月13日閲覧。
  3. ^ “Review Crew: Dynastic Hero”. Electronic Gaming Monthly (EGM Media, LLC) (57): p. 46. (1994年4月) 
  4. ^ a b ワンダーボーイV モンスターワールドIII まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月3日閲覧。
  5. ^ a b 超英雄伝説 ダイナスティックヒーロー まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月3日閲覧。
  6. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 612頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]