モンスターワールドII ドラゴンの罠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンスターワールドII ドラゴンの罠
ジャンル アクションRPG
対応機種 セガ・マスターシステム
開発元 ウエストン
発売元 セガ(後のセガゲームス
ディレクター 西澤龍一
プログラマー 栗原孝典
音楽 坂本慎一
美術 栗原ひろみ
シリーズ モンスターワールドシリーズ
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット
発売日 アメリカ合衆国の旗 1989年9月
欧州連合の旗 1989年
対象年齢 [VC]CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

モンスターワールドII ドラゴンの罠』(モンスターワールドツー ドラゴンのわな)は、ウエストンが開発し、セガ(後のセガゲームス)より1989年9月に発売されたセガ・マスターシステム用ゲームソフト。日本国内では未発売であったが、後の1992年3月27日にセガよりゲームギア用ゲームソフトとして日本国内でも発売された。

セガ・マスターシステムでのオリジナル版は『Wonder Boy III: The Dragon's Trap』(ワンダー・ボーイIII ザ・ドラゴンズ・トラップ)のタイトルで発売された。

概要[編集]

スーパーワンダーボーイ モンスターワールド』(1988年)の続編。前作で倒したドラゴンの呪いによってリザードマンにされてしまったブック少年が呪いを解くための冒険をするアクションRPG

1989年に日本国外のセガ・マスターシステムで発売。1992年発売のゲームギア版は日本でも発売された。そのため、ワンダーボーイV モンスターワールドIIIの発売が日本では先となった[1]

また、オリジナル版は2009年アメリカ合衆国ヨーロッパでのみWiiバーチャルコンソール対応ソフトとして配信された。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1日本の旗アドベンチャーアイランド
アメリカ合衆国の旗Dragon's Curse

日本の旗1991年4月19日
アメリカ合衆国の旗1991年
PCエンジンハドソン日本の旗ハドソン
アメリカ合衆国の旗NEC-HE
2メガビットHuCARD[2]日本の旗HC91035
アメリカ合衆国の旗TGX020039]
-
2モンスターワールドII ドラゴンの罠
日本の旗1992年3月27日
欧州連合の旗1992年
ゲームギアウエストンセガ2メガビットロムカセット[3]日本の旗G-3308
欧州連合の旗2422
-
3セガエイジス2500シリーズ Vol.29
モンスターワールド コンプリートコレクション

日本の旗2007年3月8日PlayStation 2セガセガCD-ROM日本の旗SLPM-62760-
4アドベンチャーアイランド
欧州連合の旗2007年3月30日
アメリカ合衆国の旗2007年4月2日
日本の旗2007年8月7日
Wii
バーチャルコンソール
ハドソンハドソンダウンロード--
5モンスターワールドII
★ぷよぷよ! セガ
日本の旗2009年1月15日FOMA703i、903iシリーズ
iアプリ
セガセガダウンロード--
6Wonder Boy III
The Dragon's Trap

欧州連合の旗2009年10月9日
アメリカ合衆国の旗2009年11月9日
Wii
(バーチャルコンソール)
ウエストンセガダウンロード--
7PC Engine GameBox
日本の旗2011年5月31日iPhone3GS以降、iPod touch第3世代以降、iPad
(iOS)
ハドソンハドソンダウンロード--
アドベンチャーアイランドの移植
7ワンダーボーイ ドラゴンの罠
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗日本の旗2017年4月18日PlayStation 4Xbox One(海外のみ)、Nintendo SwitchLizardCubeDotEmuダウンロード--
マスターシステム版のリメイク

スタッフ[編集]

  • セガ・マスターシステム版
    • ディレクター:西澤龍一
    • プログラマー:栗原孝典
    • デザイナー:栗原ひろみ
    • サウンド・コンポーザー:坂本慎一
  • ゲームギア版
    • ディレクター、プログラマー:西澤龍一
    • デザイナー:こうやまかなこ、鷲見利恵子
    • サウンド・コンポーザー:W.S.S. SAKAMOTO
    • アシスタント・ディレクター:NAPALM WATANABE

評価[編集]

セガ・マスターシステム版
レビュー結果
媒体結果
AllGame4.5/5stars[6]
Computer and Video Games86%[7]
IGN7.5/10点[8]
The Games Machine71%[9]
Mean Machines95%[10]
Zero73%[11]
Video Games83%[12]
受賞
媒体受賞
Electronic Gaming MonthlyBest Game of the Year (Master System), 1989
PCエンジン版
レビュー結果
媒体結果
ファミ通25/40点[13]
IGN7.5/10点[14]
月刊PCエンジン87/100点
マル勝PCエンジン29/40点
PC Engine FAN21.92/30点[2]
(総合168位)
Raze80%[15]
ゲームギア版
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[16]
PCエンジン版『アドベンチャーアイランド』

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)[13]、「月刊PCエンジン」では90・90・85・85・85の平均87点(満100点)、「マル勝PCエンジン」では8・7・8・6の合計29点(満40点)、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.92点(満30点)となっている[2]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で168位(485本中、1993年時点)となっている[2]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、「以前、業務用にあった『モンスターランド』の続編で、RPGのような舞台設定が面白い」と紹介されている[2]


項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.00 3.63 3.63 3.54 3.63 3.48 21.92
ゲームギア版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)となっている[16]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.29 モンスターワールド コンプリートコレクション”. セガ. 2011年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 6頁。
  3. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 124頁。
  4. ^ 『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』がSwitch/PS4で本日発売。レトログラフィック&サウンドでもプレイ可能で、オリジナル版パスワードにも対応”. ファミ通.com (2017年4月18日). 2017年4月23日閲覧。
  5. ^ 「ゲームの開発者に聞きたい ソコんとこ」、『Nintendo DREAM』2017年7月号、アンビット2017年5月20日、 73頁、 ISBN 雑誌07113-07
  6. ^ Sutyak, Jonathan. “Wonder Boy III: The Dragon's Trap – Review”. Allgame. 2010年6月12日閲覧。
  7. ^ Glancey, Paul (September 1989). “Wonderboy III”. Computer and Video Games (94): 104. 
  8. ^ Thomas, Lucas M. (2009年11月10日). “Wonder Boy III: The Dragon's Trap Review”. IGN. 2010年6月11日閲覧。
  9. ^ Wonderboy III”. The Games Machine (Newsfield Publications) (26): 26. (January 1990). 
  10. ^ Regan, Matt; Rignall, Julian (October 1990). Wonderboy III (PDF). Mean Machines (1): 40–41. http://www.meanmachinesmag.co.uk/pdf/wonderboythreems.pdf. 
  11. ^ Wonderboy III: The Dragonus Trap. Zero (4): 84. (February 1990). http://amr.abime.net/review_39597 2010年7月12日閲覧。. 
  12. ^ Gaksch, Martin (January 1991). “Kleider Machen Leute – Wonderboy III: The Dragon's Trap” (German). Video Games 1991 (1): 78. 
  13. ^ a b アドベンチャーアイランド [PCエンジン]”. ファミ通.com. 2015年9月6日閲覧。
  14. ^ Thomas, Lucas M. (2007年4月11日). “Dragon's Curse Review – Wii Review”. IGN. 2010年6月11日閲覧。
  15. ^ Adventure Island”. Raze (Newsfield Publications) (10): 60. (August 1991). 
  16. ^ a b モンスターワールドII ドラゴンの罠 [ゲームギア]”. ファミ通.com. 2015年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]