モンスターワールドIV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンスターワールドIV
ジャンル アクションRPG
対応機種 メガドライブ
開発元 ウエストン
発売元 セガ(後のセガゲームス
ディレクター 西澤龍一
プログラマー H.TOHYAMA
音楽 渡辺人
美術 大空真紀
シリーズ モンスターワールドシリーズ
人数 1人
メディア 16メガビットロムカセット
発売日
  • 日本 1994年4月1日 (1994-04-01)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:G-5519
テンプレートを表示

モンスターワールドIV』(Monster World IV)は、ウエストンが開発し、1994年4月1日にセガ(後のセガゲームス)より発売されたメガドライブ用ゲームソフト。ゲームジャンルは2D横スクロールアクションRPG

後に出たゲーム機にも数多く移植されている[1]。代表的なものとしてはPlayStation系ゲーム機用の過去作配信シリーズ「セガエイジスオンライン」版。2019年9月19日にはセガゲームスが自ら手掛けリリースする復刻系ゲーム機・メガドライブ ミニにプリインストール(本体にあらかじめインストール)される42作品の一つとして収録される(過去に移植された遍歴の詳細については、#移植版を参照)。

概要[編集]

モンスターワールドシリーズ第4作にしてシリーズ完結編。同シリーズの派生である「ワンダーボーイシリーズ」最終作でもあり(このシリーズ名は作品名に併記されていない)名実ともにシリーズの集大成。

勇者の少女(シリーズ唯一の女性主人公。ボーイではない)「アーシャ」と、彼女の相棒である不思議な動物「ペペログゥ」が一緒に冒険する。世界観はアラビアンナイト風になっている[2][1]

剣と盾による攻防やジャンプなどの基本アクションのほか、ペペログゥを使ったアクションも特徴。ペペログゥはゲームの進行とともに成長し、投げることでスイッチを作動させたり、アーシャをぶら下げたまま空を飛べるようになったりする[1]。これらのアクションはドット絵による豊富なアニメーションで描かれており、当時は「職人芸」と評された[2]

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1モンスターワールド コンプリートコレクション
セガエイジス2500シリーズ Vol.29
  • 日本 2007年3月8日 (2007-03-08)
PlayStation 2エムツーセガCD-ROMSLPM-62760-
本作のほか モンスターワールドシリーズ3作、『ワンダーボーイ』『モンスターレア』を加えたアーケード版(全6作)、移植版(MD・マスターシステム/ゲームギア版)これらの海外版など 全16本を収録。
2モンスターワールドIV
  • 日本 2008年1月15日 (2008-01-15)
  • アメリカ合衆国 2012年5月10日
  • ヨーロッパ 2012年5月8日
Wii
バーチャルコンソール
ウエストンセガダウンロード
  • 日本 MB3J
  • アメリカ合衆国 MB3E
  • ヨーロッパ MB3P
-
2019年1月31日配信・販売終了
3モンスターワールドIV
セガエイジスオンライン
  • 日本 2012年5月23日
  • アメリカ合衆国 2012年5月22日 (2012-05-22)
  • ヨーロッパ 2012年5月23日
  • 大韓民国 2012年5月30日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
ウエストンセガダウンロード
  • 日本 NPJB-00092
  • アメリカ合衆国 NPUB-30324
  • ヨーロッパ NPEB-00416
-
4日本の旗モンスターワールドコレクション
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗Sega Vintage Collection - Monster World

  • INT 2012年5月23日 (2012-05-23)
Xbox 360
(Xbox Live)
ウエストンセガダウンロード--
本作のほか「ワンダーボーイ モンスターランド」「ワンダーボーイV モンスターワールドIII」を収録。

スタッフ[編集]

  • ディレクター:西澤龍一
  • プログラム:H.TOHYAMA
  • アート・ディレクター:大空真紀
  • 音楽:渡辺人
  • CGデザイン:こやまかなこ、盛岡三奈、せきやまたかい、K.SAITOH
  • スペシャル・サンクス:MIE、YUI
  • マニュアル・ライター:平田豊
  • モデラー:H.NAKAJIMA
  • 撮影:N.SUZUKI
  • スーパーバイザー:石塚路志人

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通27/40点[3]
メガドライブFAN23.9/30点[4]
メガドライブ大全肯定的[5]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは6・6・8・7の合計27点(満40点)[3]、『メガドライブFAN』の読者投稿によるゲーム通信簿での評価は以下の通りとなっており、23.9点(満30点)となっている[4]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.6 3.9 3.7 4.0 4.0 3.7 23.9
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「『モンスターワールド』シリーズの、有終の美を飾る作品」、「ドット絵の完成度が抜群に高く、アーシャの仕草も可愛らしい」と評している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p92-93
  2. ^ a b セガエイジスオンライン モンスターワールドIV公式webサイト”. セガ. 2017年8月19日閲覧。
  3. ^ a b モンスターワールドIV まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年5月22日閲覧。
  4. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 885頁、 雑誌26556-4/15。
  5. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、224頁。ISBN 9784872338805

外部リンク[編集]