ブラム・ストーカー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブラム・ストーカー賞(ブラム・ストーカーしょう、Bram Stoker Award)は、アメリカ合衆国ホラー作家協会(HWA、Horror Writers Association)が毎年主催する、その年に出版された最も優れたホラー小説ダーク・ファンタジーなどに贈られる賞。

1988年に上述のHWAが設立され、その活動の一つとして創設された。名称はホラー小説の古典『吸血鬼ドラキュラ』の作者であるブラム・ストーカーにちなむ。

受賞作品[編集]

1988年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 『The Manse』 (Lisa Cantrell)
最優秀中編賞
最優秀短編賞
  • 「水の底」(The Deep End、ロバート・R・マキャモン)

1989年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 「The Suiting」 (Kelley Wilde)
最優秀中編賞
最優秀短編賞

1990年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
  • 「キャデラック砂漠の奥地にて、死者たちと戯るの書」(On the Far Side of the Cadillac Desert with Dead Foks、ジョー・R・ランズデイル)
最優秀短編賞
  • 「わたしを食べて」(Eat Me、ロバート・R・マキャモン)

1991年[編集]

最優秀長編賞
  • 『マイン』(Mine、ロバート・R・マキャモン)
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
最優秀短編賞

1992年[編集]

最優秀長編賞
  • 少年時代』(Boy's Life、ロバート・R・マキャモン)
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
  • 「墓から伸びる美しい髪」(The Beautiful Uncut Hair of Graves、ディヴィッド・マレル)
最優秀短編賞

1993年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 『Sineater』(エリザベス・マシー)
最優秀中編賞
  • 「Aliens: Tribes」(スティーヴン・ビセット (Stephen Bissette))
  • 「ハーレクィン・ロマンスに挟まっていたヌード・ピンナップ」(The Events Concerning a Nude Fold-Out Found in a Harlequin Romance、ジョー・R・ランズデイル)
最優秀短編賞
  • 「最後のクラス写真」(This Year's Class Picture、ダン・シモンズ)

1994年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
最優秀短編賞
  • 「人魚の声が聞こえる」(I Hear the Mermaids Singing、ナンシー・ホールダー)

1995年[編集]

最優秀長編賞
  • 『Dead in the Water』(ナンシー・ホールダー)
最優秀処女長編賞
  • 『Grave Markings』 (Michael Arnzen)
最優秀中編賞
最優秀短編賞

1996年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
  • 「ゴーサム・カフェで昼食を」(Lunch at the Gotham Cafe、スティーヴン・キング)
最優秀短編賞
  • 「Chatting With Anubis」(ハーラン・エリスン)

1997年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
最優秀中編賞
最優秀短編賞

1998年[編集]

最優秀長編賞
  • 『Children of the Dusk』 (Janet Berliner & George Guthrdge)
最優秀処女長編賞
  • 『Lives of the Monster Dogs』 (Kirsten Bakis)
最優秀中編賞
  • 「審判の日」(The Big Blow、ジョー・R・ランズデイル)
最優秀短編賞
  • 「Rat Food」 (エド・ヴァン・ベルコム&デイビット・ニッケル (Edo van Belkom & David Nickle))

1999年[編集]

最優秀長編賞
  • 『骨の袋』(Bag of Bones、スティーヴン・キング)
最優秀処女長編賞
  • 『Dawn Song』 (Michael Marano)
長編フィクション賞
  • 「ミスター・クラッブ&ミスター・カフ」(Mr. Clubb and Mr. Cuff、ピーター・ストラウブ)
短編フィクション賞

2000年[編集]

最優秀長編賞
  • 『ミスターX』(Mr. X、ピーター・ストラウブ)
最優秀処女長編賞
長編フィクション賞
  • 『Five Days in April』 (Brian A. Hopkins)
  • 『狂犬の夏』(Mad Dog Summer、ジョー・R・ランズデイル)
短編フィクション賞

2001年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 『The Licking Valley Coon Hunters Club』 (Brian A. Hopkins)
長編フィクション賞
短編フィクション賞
  • 「Gone」(ジャック・ケッチャム)

2002年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 『Deadliest of the Species』 (Michael Oliveri)
長編フィクション賞
  • 『In These Final Days of Sales』(スティーヴ・ラスニック・テム)
短編フィクション賞
最優秀短編集
アンソロジー部門受賞
  • 『Extremes 2: Fantasy and Horror from the Ends of the Earth』(Brian A. Hopkins編)
ノンフィクション部門賞

2003年[編集]

最優秀長編賞
  • 『The Night Class』 (Tom Piccirilli)
最優秀処女長編賞
長編フィクション賞
短編フィクション賞
  • 「The Misfit Child Grows Fat on Despair」 (Tom Piccirilli)
最優秀短編集賞
アンソロジー部門賞
  • 『The Darker Side: Generations of Horror』 (John Pelan編)
ノンフィクション部門賞

2004年[編集]

最優秀長編賞
  • 『lost boy lost girl』(ピーター・ストラウブ)
最優秀処女長編賞
  • 『The Rising』 (ブライアン・キーン)
長編フィクション賞
  • 『Closing Time』(ジャック・ケッチャム)
短編フィクション賞
  • 「Duty」 (Gary A. Braunbeck)
最優秀短編集
  • 『Peaceable Kingdom』(ジャック・ケッチャム)
アンソロジー部門賞
ノンフィクション部門賞
  • 『The Mothers and Fathers Italian Association』(トマス・F・モンテレオーニ)

2005年[編集]

最優秀長編賞
  • 『In the Night Room』(ピーター・ストラウブ)
最優秀処女長編賞
  • 『Covenant』 (John Everson)
  • 『Stained』 (Lee Thomas)
長編フィクション賞
  • 『The Turtle Boy』 (Kealan-Patrick Burke)
短編フィクション賞
最優秀短編集
  • 『Fearful Symmetries』(トマス・F・モンテレオーニ)
アンソロジー部門賞
  • 『The Year's Best Fantasy and Horror: Seventeenth Annual Collection』(エレン・ダトロウ, ケリー・リンク & ギャビン・J・グラント編)
ノンフィクション部門賞
  • 『Hellnotes』 (Judi Rohrig)

2006年[編集]

最優秀長編賞
  • 『廃墟ホテル』(Creepers、ディヴィッド・マレル)
  • 『Dread in the Beast』 (Charlee Jacob)
最優秀処女長編賞
長編フィクション賞
短編フィクション賞
  • 「We Now Pause for Station Identification」 (Gary Braunbeck)
最優秀短編集
アンソロジー部門賞
  • 『Dark Delicacies』(Del Howison & Jeff Gelb編)
ノンフィクション部門賞
  • 『Horror: Another 100 Best Books』(ステファン・ジョーンズ & キム・ニューマン)

2007年[編集]

最優秀長編賞
  • 『リーシーの物語』(Lisey's Story、スティーヴン・キング)
最優秀処女長編賞
  • 『Ghost Road Blues』 (Jonathan Maberry)
長編フィクション賞
短編フィクション賞
  • 「Tested」 (Lisa Morton)
最優秀短編集
アンソロジー部門賞
ノンフィクション部門賞
  • 『Final Exits: The Illustrated Encyclopedia of How We Die』 (Michael Largo)
  • 『Gospel of the Living Dead: George Romero's Visions of Hell on Earth』 (Kim Paffenroth)

2008年[編集]

最優秀長編賞
最優秀処女長編賞
  • 『ハートシェイプト・ボックス』(Heart-shaped Box、ジョー・ヒル)
長編フィクション賞
  • 『Afterward, There Will Be a Hallway』 (Gary Braunbeck)
短編フィクション賞
  • 「The Gentle Brush of Wings」 (David Niall Wilson)
最優秀短編集
  • 『5 Stories』(ピーター・ストラウヴ)
  • 『Proverbs for Monsters』 (Michael A. Arnzen)
アンソロジー部門賞
  • 『Five Strokes to Midnight』(Gary Braunbeck & Hank Schwaeble編)
ノンフィクション部門賞
  • 『The Cryptopedia: A Dictionary of the Weird, Strange & Downright Bizarre』 (Jonathan Maberry & David F. Kramer)

2009年[編集]

最優秀長編賞
  • 『悪霊の島』(Duma Key、スティーヴン・キング)
最優秀処女長編賞
長編フィクション賞
短編フィクション賞
  • 「The Lost」 (サラ・ランガン)
最優秀短編集
  • 『夕暮れをすぎて』/『夜がはじまるとき』(Just After Sunset、スティーヴン・キング)
アンソロジー部門賞
  • 『Unspeakable Horror』(ビンス・A・リアグーノ(Vince A. Liaguno)&チャド・ヘルダー(Chad Helder)編)
ノンフィクション部門賞
  • 『A Hallowe'en anthology』 (リサ・モートン)

2010年[編集]

長編小説部門
  • 『Audrey's Door』 (サラ・ランガン)
中編小説部門
  • 「Miranda」 (ジョン・R・リトル)
短編小説部門
  • 「The Lost」 (サラ・ランガン)
新人賞
  • 『The Gentling Box』 (リサ・マネッティ)
詩集部門
ノンフィクション部門
  • 『A Hallowe'en Anthology』 (リサ・モートン)
小説集(コレクション)部門
  • 『Just After Sunset』 (スティーヴン・キング)
アンソロジー部門
  • 『Unspeakable Horror』 (ビンス・A・リアグーノ&チャド・ヘルダー編)

2011年[編集]

長編小説部門
  • 『A Dark Matter』 (ピーター・ストラウブ)
中編小説部門
  • 「The Lucid Dreaming」 (リサ・モートン)
短編小説部門
  • 「In the Porches of My Ears」 (ノーマン・プレンティス)
新人賞
詩集部門
  • 『Chimeric Machines』 (ルーシー・A・スナイダー)
ノンフィクション部門
  • 『Writers Workshop of Horror』 (マイケル・ノースト)
小説集(コレクション)部門
アンソロジー部門
功労賞

2012年[編集]

長編小説部門
中編小説部門
  • 「Invisible Fences」 (ノーマン・プレンティス)
短編小説部門
  • The Folding Man」 (ジョー・R・ランズデール)
新人賞
  • 『Black and Orange』 (ベンジャミン・カネ・エスリッジ)
  • 『Castle of Los Angeles』 (リサ・モートン)
詩集部門
  • 『Dark Matters』 (ブルース・ボストン)
ノンフィクション部門
  • 『To Each Their Darkness』 (ゲイリー・A・ブラウンベック)
小説集(コレクション)部門
  • 『Full Dark, No Stars』 (スティーヴン・キング)
アンソロジー部門
功労賞

2013年[編集]

長編小説部門
中編小説部門
  • 「The Ballad of Ballard and Sandrine」 (ピーター・ストラウブ)
短編小説部門
  • 「Herman Wouk Is Still Alive」 (スティーヴン・キング)
新人賞
ヤングアダルト向け小説部門
  • 『The Screaming Season』 (ナンシー・ホルダー)
  • 『Dust and Decay』 (ジョナサン・マベリー)
グラフィックノベル
詩集部門
ノンフィクション部門
脚本部門
小説集(コレクション)部門
アンソロジー部門
功労賞
世紀の吸血鬼小説
銀の槌賞
リチャード レイモン賞

2014年[編集]

長編小説部門
  • 『ドクター・スリープ』(スティーブン・キング)
中編小説部門
  • 「The Blue Heron」 (ジーン・オニール)
短編小説部門
  • 「Magdala Amygdala」 (ルーシー・A・スナイダー)
新人賞
ヤングアダルト向け小説部門
  • 『Flesh & Bone』 (ジョナサン・マベリー)
グラフィックノベル
  • 『Witch Hunts: A Graphic History of the Burning Times』 (ロッキー・ウッド, リサ・モートン)
詩集部門
ノンフィクション部門
  • 『ハロウィーンの文化誌』(Trick or Treat: A History of Halloween、リサ・モートン)
脚本部門
小説集(コレクション)部門
アンソロジー部門
  • 『Shadow Show』 (モート・キャッスル, サム・ウェルラー)
功労賞
  • クライヴ・バーカー、ロバート・R・マキャモン
銀の槌賞
  • Charles Day
リチャード レイモン賞

2015年[編集]

長編小説部門
  • 『Blood Kin』 (スティーブ・ラスニック・テム)
中編小説部門
  • 「Fishing for Dinosaurs」 (ジョー・R・ランズデール)
短編小説部門
新人賞
ヤングアダルト向け小説部門
  • 『Phoenix Island』 (John Dixon)
グラフィックノベル
  • 『Bad Blood』 (ジョナサン・マベリー)
詩集部門
  • 『Forgiving Judas』 (トーマス・ピッチリリ)
ノンフィクション部門
  • 『Shooting Yourself in the Head For Fun and Profit: A Writer's Survival Guide』 (ルーシー・A・スナイダー)
脚本部門
小説集(コレクション)部門
  • 『Soft Apocalypses』 (ルーシー・A・スナイダー)
アンソロジー部門
  • 『Fearful Symmetries』 (エレン・ダトロウ)

2016年[編集]

長編小説部門
  • 『The Fisherman』 (ジョン・ランガン)
中編小説部門
短編小説部門
  • 「The Crawl Space」 (ジョイス・キャロル・オーツ)
新人賞
ヤングアダルト向け小説部門
  • 『Snowed』 (マリア・アレクサンダー)
グラフィックノベル
  • 『Kolchak the Night Stalker: The Forgotten Lore of Edgar Allan Poe』 (ジェームス・チェンバーズ)
詩集部門
ノンフィクション部門
脚本部門
小説集(コレクション)部門
  • 『The Doll-Master and Other Tales of Terror』 (ジョイス・キャロル・オーツ)
アンソロジー部門
  • 『Borderlands 6』 (トーマス・F・モンテレオーネ, オリビア・F・モンテレオーネ)

外部リンク[編集]