マイケル・スタールバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイケル・スタールバーグ
Michael Stuhlbarg
Michael Stuhlbarg
2016年
生年月日 (1968-07-05) 1968年7月5日(55歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロングビーチ
職業 俳優
活動期間 1992年 -
配偶者 Mai-Linh Lofgren(2013年 - )
主な作品
映画
シリアスマン
スティーブ・ジョブズ
メッセージ
ドクター・ストレンジ
君の名前で僕を呼んで
シェイプ・オブ・ウォーター
テレビドラマ
ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
テンプレートを表示

マイケル・S・スタールバーグ(Michael S. Stuhlbarg[1], 1968年7月5日[1][2] - )は、アメリカ合衆国舞台映画テレビ俳優

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロングビーチで生まれ[3]改革派ユダヤ教徒として育てられる[2]ジュリアード学院に通い[4]、またロンドン大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校で演技を学んだ[5]

キャリア[編集]

大学卒業後より舞台俳優として活動し、ドラマ・デスク賞を受賞し、トニー賞にもノミネートされた[5]

テレビドラマでは『ロー&オーダー』、『アグリー・ベティ』にゲスト出演した。2010年よりHBOの『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』でアーノルド・ロススタインを演じている。

映画ではリドリー・スコット監督の『ワールド・オブ・ライズ』などに端役で出演した後[5]コーエン兄弟のコメディ映画『シリアスマン』で初主演を果たし、ゴールデングローブ賞などにノミネートされた[4]

2017年には、『シェイプ・オブ・ウォーター』、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『君の名前で僕を呼んで』に出演し、3つの作品すべてが第90回アカデミー賞の作品賞にノミネートされた。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品名 役名 備考 吹き替え
1998 しあわせ色のルビー
A Price Above Rubies
Young Hassid
2001 灰の記憶
The Grey Zone
コーエン
2008 Afterschool Mr. Burke
ワールド・オブ・ライズ
Body of Lies
フェリスの弁護士
2009 Cold Souls Hedge Fund Consultant
シリアスマン
A Serious Man
ラリー・ゴプニック 受賞 - サテライト賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ノミネート - ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ノミネート - シカゴ映画批評家協会賞主演男優賞
TBA
2011 ヒューゴの不思議な発明
Hugo
ルネ・タバール 大川透
2012 メン・イン・ブラック3
Men in Black III
グリフィン 三ツ矢雄二
ヒッチコック
Hitchcock
ルー・ワッサーマン 三上哲
セブン・サイコパス
Seven Psychopaths
トミー TBA
リンカーン
Lincoln
ジョージ・イェーマン 松本忍
2013 ブルージャスミン
Blue Jasmine
フリッカー医師 TBA
2014 カットバンク
Cut Bank
ダービー・ミルトン 福里達典
完全なるチェックメイト
Pawn Sacrifice
ポール・マーシャル 田原正治
2015 スティーブ・ジョブズ
Steve Jobs
アンディ・ハーツフェルド 石上裕一
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
Trumbo
エドワード・G・ロビンソン 岩崎ひろし
MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間
Miles Ahead
ハーパー・ハミルトン てらそままさき
2016 メッセージ
Arrival
ハルパーン捜査官 石原辰己
ドクター・ストレンジ
Doctor Strange
ニコデマス・ウエスト 志村知幸
女神の見えざる手
Miss Sloane
パット・コナーズ 山岸治雄
2017 君の名前で僕を呼んで
Call Me By Your Name
パールマン教授 星野充昭
シェイプ・オブ・ウォーター
The Shape of Water
ロバート・ホッフステットラー 上田燿司
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
The Post
エイブ・ローゼンタール 各務立基
2020 Shirley シャーリイ
Shirley
スタンリー・エドガー・ハイマン
2021 ベケット
Beckett
ロバート・“ボブ”・ハンソン TBA
2022 ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
Doctor Strange in the Multiverse of Madness
ニコデマス・ウエスト 志村知幸
ボーンズ アンド オール
Bones & All

テレビシリーズ[編集]

作品名 役名 備考 吹き替え
2006 LAW & ORDER:クリミナル・インテント
Law & Order: Criminal Intent
マルセル・コスタス 第5シーズン第11話「殺人クラブ」
2006-2007 Studio 60 on the Sunset Strip ジェリー 計2話出演
2006-2010 The American Experience 複数の役割 ドキュメンタリー
計4話出演
2008 ロー&オーダー
Law & Order
ティモシー・ペイス 第18シーズン第15話「見えざる恐怖」 
2009 アグリー・ベティ
Ugly Betty
Heinrich 第3シーズン第15話「YETIのパートナー」
2010-2013 ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
Boardwalk Empire
アーノルド・ロススタイン 計48話出演 てらそままさき
2017 FARGO/ファーゴ
Fargo
サイ・フェルツ 計9話出演 山岸治雄
2018 倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道
The Looming Tower
リチャード・クラーク 計10話出演
2019 国を売る人
Traitors
ロウ ミニシリーズ、計5話出演
2020-2023 Your Honor/追い詰められた判事
Your Honor
ジミー・バクスター メイン、計10話出演 平田広明
2021 DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機
Dopesick
リチャード・サックラー ミニシリーズ、計8話出演 (吹き替え版なし)
2022 The Staircase デヴィッド・ルドルフ ミニシリーズ、計8話出演

参考文献[編集]

  1. ^ a b According to the State of California. California Birth Index, 1905–1995. Center for Health Statistics, California Department of Health Services, Sacramento, California. Searchable at http://www.familytreelegends.com/records/39461
  2. ^ a b Wloszczyna, Susan (2009年10月11日). “Michael Stuhlbarg: Coen brothers get their 'Serious Man'”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/news/2009-10-08-michael-stuhlbarg_N.htm 2009年12月16日閲覧。 
  3. ^ Michael Stuhlbarg”. Broadway.com. 2009年9月16日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b Grosz, Christy (2009年9月13日). “The Coens found Michael Stuhlbarg to be 'A Serious Man'”. LA Times. http://www.latimes.com/entertainment/news/la-ca-stuhlbarg13-2009sep13,0,4584210.story 2009年9月14日閲覧。 
  5. ^ a b c Cast and Crew – Michael Stuhlbarg”. Filminfocus.com. 2009年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]