灰の記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
灰の記憶
The Grey Zone
監督 ティム・ブレイク・ネルソン
脚本 ティム・ブレイク・ネルソン
原作 ミクロシュ・ニスリ
製作 クリスティーン・ヴェイコン
パメラ・コフラー
ティム・ブレイク・ネルソン
製作総指揮 ハーヴェイ・カイテル
ダニー・ディムボート
ペギー・ゴームリー
アヴィ・ラーナー
ダニー・ラーナー
トレヴァー・ショート
ジョン・ウェルズ
ブラッド・ウェストン
出演者 デヴィッド・アークエット
ハーヴェイ・カイテル
音楽 ジェフ・ダナ
撮影 ラッセル・リー・ファイン
編集 ティム・ブレイク・ネルソン
ミッシェル・ボッティチェリ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月18日
日本の旗 2003年5月24日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
製作費 $5,000,000
興行収入 $517,872[1]
テンプレートを表示

灰の記憶』(原題: The Grey Zone)は、2001年に制作され、2003年に日本で公開されたアメリカ合衆国の映画。監督・脚本はティム・ブレイク・ネルソン

実在のユダヤ人医師、ミクロシュ・ニスリの手記を基に、ティム・ブレイク・ネルソンが映画化した。ポーランドアウシュビッツ強制収容所のガス室で奇跡的に生き残った少女の命を守るユダヤ人たちの葛藤と勇気を描く。本作は第26回トロント国際映画祭出品作品である。文部科学省選定作品。

ストーリー[ソースを編集]

1944年、アウシュビッツ強制収容所。ユダヤ人のホフマンは、同じユダヤ人をガス室に送るなどの特別任務を担う“ゾンダーコマンド”としてナチスのために働いていた。その見返りは食事と4ヵ月の延命。一方で彼は、密かに同じユダヤ人である焼却場のアブラモヴィッチや軍需工場で働く女囚ダイナらと死体を焼き続ける焼却炉の破壊を計画していた。それは、彼らにできる最後の抵抗だった。そんなある日、ホフマンはガス室で死体処理中、奇蹟的に生き残った少女を発見する。ニスリ医師の手当で一命を取り留めたその少女を、彼は危険を承知で匿うのだった。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ The Grey Zone” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月16日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]