サーシャ・ガヴァシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サーシャ・ガヴァシ
Sacha Gervasi
生年月日 1966年
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
職業 脚本家映画監督

サーシャ・ガヴァシSacha Gervasi, 1966年 - )は、イギリスジャーナリスト脚本家映画監督。映画賞獲得者[1]

幼少期と映画脚本家としての仕事[編集]

1966年ロンドンに生まれ、ウェストミンスター・スクールに通い、キングス・カレッジ・ロンドンにて近代史を専攻。1981年彼が18歳のとき、カナダヘヴィメタルバンド「アンヴィル」がロンドンで演奏をしていたところを手助けし、ついにロードマネージャーとなり3つの地方ツアーに参加。別れる1986年まで親交を深めた[2]

ガヴァシの最初の職は1968年に二人の若い詩人ジョン・フェアファックスとジョン・モートにより設立されたアーヴォン筆記財団にて、イングランドの桂冠詩人テッド・ヒューズのもとで働くことであった。彼が学位を極めた後、1989年、競売会社サザビーズサミュエル・ベケットの私文書を売り払う整理をしていたサミュエル・ベケットアーカイブのジョン・カルダーのもとで働いた。中にはトリニティ・カレッジに売られた『ゴドーを待ちながら』のベケット自らが注釈をつけたバージョンも含まれていた。

1995年ロサンゼルスに移ると、カリフォルニア大学映画学校で映像作家過程に通い、二度のアカデミー賞奨学金を獲得した。過程の間、彼はジャーナリストとして働き生計を立て、『サンデー・タイムズ』紙や『オブザーバー』、『パンチ』などの新聞や雑誌に記事を寄せた。

ガヴァシはクレイグ・ファーガソンとの共同脚本で『The Big Tease』を書き、映画の仕事を始めた。2004年、監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ハンクスの映画『ターミナル』の脚本を務めた。ロンドンの『デイリー・テレグラフ』は「彼はスピルバーグの映画となった脚本を持つ、たった二人の英国人のうちの一人である。もう一人はトム・ストッパード(『太陽の帝国』)だ」[3]と書いた。

他の映画にはニコール・キッドマン主演の『百万長者と結婚する方法』と、トム・ハンクス主演の『コムレイド・ロックスター』がある。また、脚本とエグゼクティブプロデューサーを務めた、キアヌ・リーブスジェームズ・カーンヴェラ・ファーミガが演じた『フェイク・クライム』がある。この映画は2010年10月のトロント国際映画祭で上映された[4]

彼はカリフォルニア大学でハンターザーキン脚本講座の講師に任命され、2009年秋までそこで教鞭を取った。またガヴァシはスティーヴン・ザイリアンオースティン映画祭の最高脚本家賞を送った。

2010年、彼は俳優エルヴェ・ヴィレシェイズの伝記を、エルヴェの自殺のわずか数日前に自らが行ったインタビューを基に脚本、監督を務めた。この映画は『シンドラーのリスト』でオスカー賞を受賞したスティーヴン・ザイリアンがプロデュースをする[5]

現在ジョー・ネスボノルウェーの恐怖映像「Headhunters」をサミット・エンターテインメント配給でリメイクしている。

アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち[編集]

ガヴァシは、30年以上共に過ごしたカナダのヘヴィメタルバンドのアンヴィルのドキュメンタリー映画の監督を務めた。ガヴァシはロンドンのマーキークラブでの仕事以来、1982年9月21日に初めてアンヴィルに会った。彼は自身を「イギリス一のアンヴィルのファンだ」と売り込んだ。彼はその後、1982年、1984年1985年のツアーに、バンドのローディーとなり、バンドからは「ティーバッグ」の愛称をもらった[6]。彼は20年の断交から後に再会し、2005年11月、彼らについてロキュメンタリーの撮影を始めた[6]

2008年1月にサンダンス映画祭で初上映され、2008年度シドニー映画祭ロサンゼルス映画祭ガルウェイ国際映画祭で観客賞を勝ち取った。

映画は多くの批評で賞賛と高い喝采を受けた。Rotten Tomatoesでは98%のレーティングだった[7][8][9][10][11][12][13][14]

マイケル・ムーアはその映画を「私が見てきた中で最高のドキュメンタリーだ」と言い放ち、『タイムズ』紙は「おそらく現時点でロックンロールについて語った最高の映画」と呼んだ[15]

ロンドンではイブニングスタンダード英国映画賞で、2009年の最高のドキュメンタリーと呼ばれた。コールドプレイクリス・マーティンが賞を与えた[16]

2009年アメリカ映画協会はベストピクチャーノミネートを5作から10作に拡げた。2009年10月、『アンヴィル』は最高ドキュメンタリーとしてだけでなく、拡大したベストピクチャー賞の熟慮のために送られた最初の作品だった[17]。アンヴィルが注目されながら最優秀ドキュメンタリー賞の候補作にならなかった時、失望感があった[18]

この映画はロサンゼルス2010年インディペンデント・スピリット賞で最優秀ドキュメンタリー賞、最優秀音楽賞、国際ドキュメンタリー協会賞最優秀ドキュメンタリー賞を勝ち取った[19]

アンヴィルは2010年の優れた芸術や文化行事賞でエミー賞を受賞した。

監督デビュー[編集]

2012年、ガヴァシは『ヒッチコック』で監督デビューした。アルフレッド・ヒッチコック役にアンソニー・ホプキンス、その妻役にヘレン・ミレン、ジャネット・リー役にスカーレット・ヨハンソン

フォックス・サーチライト・ピクチャーズからリリースされる。

日常生活[編集]

彼の父シーン・ガヴァシはホワイトハウスジョン・F・ケネディの経済アドバイザーで、ユーゴスラビアの事務の専門家でもあり、オックスフォードロンドン経済大学ヴァンセンヌパリ大学経済学を教えた[20][21][22]

彼のおじのトム・ガヴァシは情報問題の専門家であり、「ソ連の軍事的優位の神話」や「民主主義の兵器庫」シリーズの著者[23][24]

彼の祖父のフランク・ガヴァシはハーストの国際通信社のローマ支局長であり、オランダベルギーフランスの崩壊をかばい、第二次世界大戦の初期にコリアーズウィークリーに加わった[25]

その後『ワシントン・ポスト』の記者となり、イタリアマーシャル・プランの情報の主任となった。ローマでのジャーナリスト人生と、アドルフ・ヒトラーベニート・ムッソリーニとの個人的な出会いを詳細に描いた「A Violent Decade」を含めた12の作品の著者である。

彼のおばあさんはフィラデルフィア出身のキャサリン・マッキガンだったが、彼は1950年代後半に祖父フランクが結婚した50年代の歌手ジョージア・ギブスに育てられた。彼女のミリオンセラーシングルには『エル・チョクロ』や、『dance』、『tweedle』などがある。彼女はハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を持っている。

ガヴァシは2006年5月14日に生まれたブルーベルマドンナハリウェルの父。彼女はスパイスガールズのリーダーで国連人口基金親善大使ジェリ・ハリウェルの娘。ガヴァシはトビー・ヤングによる「How to Lose Friends and Alienate People」の本の中のアレックス・で・シルヴァのキャラクターの元ネタである言われている[26]。ロンドンにいる間、彼はギャヴィン・ロスデイルと『Future Primitives』という音楽グループを立ち上げドラムをやったが、翌年バンド名をブッシュに名前を変え、その後世界的に有名となった[6]

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “IMDB Sacha Gervasi”. IMDb. (2010年8月6日). http://www.imdb.com/title/tt1157605/awards 2010年8月6日閲覧。 
  2. ^ Anvil: The Story of Anvil by Steve Kudlow and Robb Reiner (Foreword by Slash) Bantam Press (March 13, 2009) ISBN 0593063643 page 127 and 165
  3. ^ Horan, Tom (2008年1月26日). “Sundance Film Festival: Triumph of the sundance kids”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/arts/main.jhtml;jsessionid=HQYOVZHBU2NPDQFIQMFSFGGAVCBQ0IV0?xml=/arts/2008/01/26/bfsundance126.xml&page=1 2008年11月1日閲覧。 
  4. ^ Fleming, Michael (2009年10月29日). “Farmiga, Caan partner for 'Crime'”. Daily Variety. http://www.variety.com/article/VR1118010526.html?categoryId=13&cs=1&cache=false 2009年10月30日閲覧。 
  5. ^ Siegel, Tatiana (2008年10月15日). “Mandate, Zaillian to produce 'Dinner'”. Daily Variety. http://www.variety.com/VR1117994097.html 2008年12月1日閲覧。 
  6. ^ a b c Sacha Gervasi: The Story of Anvil (A Tale of Two Metalheads)”. SuicideGirls.com (2009年3月30日). 2009年3月30日閲覧。
  7. ^ Rodman, Sarah (2009年4月12日). “Metal band Anvil lives!”. The Boston Globe. http://www.boston.com/ae/music/articles/2009/04/12/anvil_lives/ 2009年5月2日閲覧。 
  8. ^ “Movie Review: Sweetness and humor lighten load of 'Anvil'”. Sacramento Bee. (2009年5月1日). http://www.sacbee.com/moviereviews/story/1821539.html 2009年5月2日閲覧。  [リンク切れ]
  9. ^ Anderson, John (2008年5月18日). “Heavy Metal, Light on the Success”. New York Times. http://www.nytimes.com/2008/05/18/movies/18ande.html 2009年5月2日閲覧。 
  10. ^ “Rock band Anvil on a roll as docu hits theaters”. Reuters. (2009年4月2日). http://www.reuters.com/article/musicNews/idUSTRE53308120090404 2009年5月2日閲覧。 
  11. ^ “ANVIL In London: Interview, Performance Footage Available”. Blabbermouth.net. (2009年2月20日). http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=114761 2009年5月2日閲覧。 
  12. ^ “Anvil This Is Thirteen”. KNAC. (2008年3月6日). http://www.knac.com/article.asp?ArticleID=6174 2009年5月2日閲覧。 
  13. ^ “'Anvil': For Heavy-Metal Vets, It's A Hard-Rock Life”. NPR. (2009年4月10日). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=102868751 2009年5月2日閲覧。 
  14. ^ “Failure is not an option for headbanging band or inspiring documentary”. Weekly Alibi. http://alibi.com/index.php?story=28331&scn=film 
  15. ^ “Wendy Ide's films to look out for in 2009”. The Times. (2009年1月3日). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/article5383161.ece 2010年8月6日閲覧。 
  16. ^ “'Anvil is the headbangers fairytale”. The London Standard. (2010年2月12日). http://www.thisislondon.co.uk/film/article-23805421-anvil-is-the-headbangers-fairytale.do 2010年8月6日閲覧。 
  17. ^ Whipp, Glenn (2009年10月29日). “Oscar's best pic expansion overdue”. Daily Variety. http://www.variety.com/article/VR1118010516.html?categoryid=1982&cs=1 2009年10月30日閲覧。 
  18. ^ Gleiberman, Owen (2009年11月20日). “Oscar documentary scandal: The real reason that too many good movies got left out”. Entertainment Weekly. http://movie-critics.ew.com/2009/11/20/oscar-documentary-scandal/ 2010年8月6日閲覧。 
  19. ^ Nelson, Steffie (2009年12月10日). “'Anvils' Upset Victory”. Variety. オリジナル2012年12月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/KW2f 2010年8月6日閲覧。 
  20. ^ “Namebase Gervasi, Sean”. Namebase. (1996年). http://www.namebase.org/xgas/Sean-Gervasi.html 2008年12月1日閲覧。 
  21. ^ “Economist exposed U.S. German role in Balkans”. Workers World News Service. (1996年8月29日). http://www.workers.org/ww/1997/gervasi.html 2008年12月1日閲覧。 
  22. ^ “Why Is NATO In Yugoslavia? by Sean Gervasi”. Institute of International Politics and Economics, Belgrade. (1996年1月13日). http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~minovic/gervasi.html 2008年12月1日閲覧。 
  23. ^ “Tom Gervasi”. Harper's Magazine. (2008年12月1日). http://www.harpers.org/subjects/TomGervasi 2008年12月1日閲覧。 
  24. ^ “In a Savage Irony, Pentagon Critic Tom Gervasi Is Laid Low—by His Own Toy Soldiers”. People Magazine. (1988年6月13日). http://www.people.com/people/archive/article/0,,20099200,00.html 2008年12月1日閲覧。 
  25. ^ “Frank Gervasi, Author And Correspondent, 81”. The New York Times. (1990年1月22日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CE0D7113FF931A15752C0A966958260 2008年12月1日閲覧。 
  26. ^ Bachman, James (2003年2月5日). “Alex de Silva”. Gas Giant. http://www.infinitemonkeys.co.uk/gasgiant/000130.shtml 2008年11月1日閲覧。 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]