グレース・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレース・ケリー
Grace Kelly
モナコ公妃
Grace Kelly MGM photo.jpg
グレース・ケリー(女優時代)
全名 Grace Patricia Kelly
出生 1929年11月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
死去 (1982-09-14) 1982年9月14日(満52歳没)
モナコの旗 モナコ
埋葬 1982年9月18日
モナコの旗 モナコ、モナコ大聖堂
配偶者 レーニエ3世
子女 カロリーヌ
アルベール2世
ステファニー
父親 ジョン・ブレンダン・ケリー
母親 マーガレット・キャサリン・メイジャー
テンプレートを表示
グレース・ケリー
生年月日 (1929-11-12) 1929年11月12日
没年月日 (1982-09-14) 1982年9月14日(満52歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1949年 - 1956年
アカデミー授賞式に出席するグレース。1956年

グレース・パトリシア・ケリー(Grace Patricia Kelly、1929年11月12日 - 1982年9月14日)は、モナコ大公レーニエ3世妃、アメリカ合衆国女優

同時代の女優マリリン・モンローの明るさとセクシーさを前面に出した美貌とは対照的な、気品に満ちたそれが「クール・ビューティー」(cool beauty)と賛美された。人気絶頂の最中、ヨーロッパの君主と結婚し女優業から引退した。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1929年ペンシルベニア州フィラデルフィアアイルランドカトリックの裕福な家に生まれた。父ジョン・ブレンダン・ケリー(John B. Kelly, Sr.)はスラム育ちの煉瓦職人であったが、上流階級の競技であるボート競技で頭角を現し、ボート関係者の嫌がらせにもめげず、オリンピックボート競技において1920年のアントワープオリンピックで2個の金メダルを獲得し一躍国民的英雄になった。そして1924年のパリオリンピックでも金メダルを1個獲得した。その後、彼は煉瓦製造会社を立ち上げ億万長者になった。母マーガレットはドイツ系で元モデルであり大学講師だった。父方の叔父はピューリッツァー賞を受賞した劇作家のジョージ・ケリー。兄は1956年のメルボルンオリンピックのオリンピックボート競技で銅メダルを獲得したジョン・ブレンダン・ケリー・ジュニア。

少女時代はおとなしく、赤い頬の人前に姿を現すのが苦手な子供で、3人姉妹の中でも真ん中のグレースが1番不器用であったという。その一方、ダンスやピアノを学び、やがて演技に興味を示すようになる。

女優時代[編集]

ハイスクール卒業後、家族の反対を押し切り女優を志す。ニューヨークでモデルのアルバイトをしながら演技を学び、1949年に舞台『父』でブロードウェイデビューした。グレース自身は舞台女優を目指していたが、その後、舞台の出演中にハリウッドから誘いがかかり、1951年、22歳で映画に出演しデビュー(『Fourteen Hours』)。この作品を見た製作者のスタンリー・クレイマーが『真昼の決闘』でゲイリー・クーパーの相手役に抜擢した。映画監督アルフレッド・ヒッチコックのお気に入り女優で『ダイヤルMを廻せ!』『裏窓』『泥棒成金』などの作品でヒロインをつとめている。

1954年に『モガンボ』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、1955年には俳優ビング・クロスビーの妻役でシリアスな演技を見せた『喝采』でアカデミー主演女優賞を受賞。

非常に恋多き女性として有名で、ゲイリー・クーパークラーク・ゲーブルレイ・ミランドビング・クロスビーウィリアム・ホールデンオレグ・カッシーニジャン=ピエール・オーモンなどの、主に自分より年長の男性と浮名を流した。父親が彼女に冷淡な癖に、異性との交際には異常なほどうるさかったことも、背景にある。

結婚・公妃として[編集]

グレース・オブ・モナコ(1972年)
グレース・オブ・モナコ(1981年)

カンヌ国際映画祭で知り合ったモナコ大公レーニエ3世(在位1949年 - 2005年)と結婚。公妃となるため女優業を引退、1956年のミュージカル映画上流社会』が最後の作品となった。なお、1966年の麻薬撲滅キャンペーン映画『悪のシンフォニー』にはグレース妃として特別出演している。挙式は、カトリックの伝統に沿い、グレースの出身地であるアメリカで行われることも検討されたが、最終的にはモナコで行われることになった。

1956年1月5日、婚約を発表。同年4月18日モナコ大公宮殿にて法的な結婚式が行われた(The Civil Wedding)。翌4月19日モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にて、カトリック式の挙式が行われた(The Cathedral Wedding)。これらの模様は、ヨーロッパ諸国で生中継された。

1982年9月13日、自らハンドルを握りローバー3500を運転して南仏のロックアジェルの別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破した。事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡(52歳)。この事故死を受けてモンテ・カルロでは1日全てのカジノの営業を中止して喪に服した。

同乗していた次女のステファニー公女(当時17歳)は軽傷であり、9月26日[1]に退院した。現地報道では、一時情報が錯綜し、ステファニー公女が運転していたとも報道された[2]。真相は不明のままである。

9月18日、モナコ大聖堂にて葬儀が行われ、各国の王族・要人の他、フランク・シナトラらハリウッド俳優も参列した。

子女[編集]

レーニエ3世との間には、一男二女がある。

逸話[編集]

バラ「プランセス・ド・モナコ」(1982年)メイヤン作。彼女に献呈されることになっていたバラ(発表前に他界)。ピンクと白の2色は、モナコの国旗をイメージしている。
  • 1957年に長女の妊娠をマスコミに悟られないよう、カメラを向けられた際、エルメス「サック・ア・クロワ」で腹を隠した。この事でバッグが有名になり、商品は「ケリーバッグ」と改名された。
  • ポール・ギャリコの小説『トンデモネズミ大活躍』に献辞があるが、これは、彼女が初めて作った陶製のネズミの置物を題材にした作品の執筆をギャリコに依頼しており、それを受けたもの。
  • 日本文化を愛好し(特に華道をはじめ植物に関するもの)、モナコに日本庭園を造営することを希望していた。死後、レーニエ3世の指示によって、別府保男設計による本格的な日本庭園がつくられた。1994年に開園。庭園内の茶室「雅園」は、フランス語訳すると"Jardin de Grace"すなわち"グレースの庭"の意となる。
  • 澤田廉三(元国連大使)・美喜三菱財閥令嬢で後のエリザベス・サンダースホーム創設者)とは澤田夫妻のニューヨーク駐在時から家族ぐるみの親交があり、後に美喜の慈善活動の良き理解者となった。また澤田家長女恵美子は親友として(日本人はただ一人)モナコでの結婚式に招待を受け、王子出生時にはモナコ宮殿に手助けで滞在、1982年グレースの来日時には案内役を務めた。

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1951 Fourteen Hours ルイーズ・アン・フラー
1952 真昼の決闘
High Noon
エイミー・フォーラー・ケイン
1953 モガンボ
Mogambo
リンダ・ノードリィ ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
アカデミー助演女優賞ノミネート
1954 ダイヤルMを廻せ!
Dial M for Murder
マーゴット・メアリー・ウェンディス
裏窓
Rear Window
リサ・キャロル・フレモント
喝采
The Country Girl
ジョージー・エルジン アカデミー主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
緑の火・エメラルド
Green Fire
キャサリン・ノーランド
トコリの橋
The Bridges at Toko-Ri
ナンシー・ブルーベイカー
1955 泥棒成金
To Catch a Thief
フランセス・スティーブンス
1956 白鳥
The Swan
アレクサンドラ姫
上流社会
High Society
トレイシー・サマンサ・ロード

その他[編集]

日本では「グレース王妃」の呼称が用いられることもある。しかし、夫君のレーニエ3世はモナコ大公(Prince of Monaco)であり、グレースは王妃(Queen)ではない。

脚注[編集]

  1. ^ 1982年9月28日 朝日新聞「モナコ王女が退院 負傷の王女」
  2. ^ 1982年9月16日 朝日新聞「華麗な生涯、悲劇の別れ 女性の夢を独演」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]