フォードvsフェラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォードvsフェラーリ
Ford v Ferrari
監督 ジェームズ・マンゴールド
脚本 ジェズ・バターワース
ジョン=ヘンリー・バターワース
ジェイソン・ケラー
製作 ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮 ダニ・バーンフェルド
ケヴィン・ハロラン
マイケル・マン
アダム・ソムナー
出演者 マット・デイモン
クリスチャン・ベール
カトリーナ・バルフ
ジョン・バーンサル
トレイシー・レッツ英語版
ジョシュ・ルーカス
ノア・ジュープ
レモ・ジローネ英語版
レイ・マッキノン
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 マイケル・マカスカー
アンドリュー・バックランド
製作会社 20世紀フォックス
チャーニン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗ディズニー
日本の旗20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗2019年11月15日
日本の旗2020年1月10日[1]
上映時間 153分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 9760万ドル[3]
興行収入 世界の旗$55,223,852[4]
テンプレートを表示

フォードvsフェラーリ』(原題:Ford v Ferrariイギリスイタリアなど多くのヨーロッパ諸国では”Le Mans 66”)は2019年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はジェームズ・マンゴールド、主演はマット・デイモンクリスチャン・ベールが務めた。

本作は批評家から高く評価されているが、ベールの演技は特に称賛を集めている[5]

概略[編集]

1963年、巨大企業フォード・モーター[6]フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリに同社の買収を持ちかけた。金にものを言わせ交渉は妥結寸前までいったが、スクーデリア・フェラーリ(同社が運営するレーシングチーム)を手放したくないエンツォは土壇場で破談にした。フォード・モーターのCEO、ヘンリー・フォード2世英語版はその仕打ちに激怒し、「是が非でもスクーデリア・フェラーリを打ち負かしてやる」と決意した。当時、スクーデリア・フェラーリはル・マン24時間レースで4連覇を達成しており、世界最強のチームと言っても過言ではなかった。

その後、フォード・モーターは多額の資金を投入してフォード・GT40を独自に開発し、1964年の大会に出場したが、全車リタイアという無残な結果に終わってしまった。しかし、フォード・モーターはめげずに試行錯誤を続け、1966年の大会で8台ものマシンを投入し、ついに優勝を勝ち取った。

本作はキャロル・シェルビー(フォード・モーター所属のエンジニア兼設計士)とケン・マイルズ英語版(フォード・モーター所属のレーサー)の視点からその過程を描き出していく。

キャスト[編集]

製作[編集]

2011年5月27日、マイケル・マン監督がル・マン耐久レースにおけるフェラーリとフォードの競争を題材にした映画の製作に着手したと報じられた[7]2013年10月、降板したマン監督の代わりにジョセフ・コシンスキーが監督を務めることになり、トム・クルーズがキャロル・シェルビー役に起用された。その際、『Go Like Hell』という仮タイトルが発表された[8]。12月18日、ブラッド・ピットがケン・マイルズ役に起用されたとの報道があった[9]

2018年2月、本作の企画が再始動することになり、ジェームズ・マンゴールドが監督に起用された[10]。5月23日、マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ノア・ジュープ、カトリーナ・バルフの出演が決まったと報じられた[11]。6月12日、ジョン・バーンサルが本作に出演するとの報道があった[12]。7月、ジャック・マクマレン、ジョー・ウィリアムソン、トレイシー・レッツが起用された[13][14][15]。同月30日、本作の主要撮影が始まった[16]。8月、JJ・フィールドがキャスト入りした[17]

2019年1月11日、マルコ・ベルトラミが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[18]

公開・マーケティング[編集]

2019年6月2日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[19]。8月30日、本作はテルライド映画祭でプレミア上映された[20]。9月9日、第44回トロント国際映画祭で本作の上映が行われた[21]

当初、本作は2019年6月28日に全米公開される予定だったが[22]、後に公開日は同年11月15日に延期された[23]

興行収入[編集]

本作は『グッドライアー 偽りのゲーム』及び『チャーリーズ・エンジェル』と同じ週に封切られ、公開初週末に2200万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[24]、実際の数字はそれを大きく上回るものとなった。2019年11月15日、本作は全米3528館で公開され、公開初週末に3147万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[25]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには287件のレビューがあり、批評家支持率は91%、平均点は10点満点で7.71点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『フォードvsフェラーリ』は目の肥えたレース映画ファンが期待しているであろう全ての要素を盛り込んでいる。それでいながら、同作は観客の心を掴む人間ドラマを十分に展開しているため、カーレースにそれほど興奮しないものでも満足できる作品になっている。」となっている[26]。また、Metacriticには46件のレビューがあり、加重平均値は81/100となっている[27]。なお、本作のシネマスコアは最高値であるA+となっている[28]

出典[編集]

  1. ^ マット・デイモンとクリスチャン・ベールが取っ組み合い、共演作の新予告解禁”. 映画ナタリー (2019年10月2日). 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ フォードvsフェラーリ”. 映画.com. 2019年11月20日閲覧。
  3. ^ Ford v Ferrari”. Box Office Mojo. 2019年11月20日閲覧。
  4. ^ Ford v Ferrari (2019)”. The Numbers. 2019年11月20日閲覧。
  5. ^ Judy, Uncut Gems, Ford v Ferrari reviews stoke Oscar fire at Telluride”. Entertainment Weekly (2019年8月30日). 2019年9月6日閲覧。
  6. ^ 今冬注目『フォードvsフェラーリ』公開1ヵ月前の特別試写会ご招待 - ライブドアニュース
  7. ^ Michael Mann set to steer racing thriller Go Like Hell”. The Guardian (2011年5月27日). 2019年9月6日閲覧。
  8. ^ Tom Cruise, Joseph Kosinski Circle ‘Go Like Hell;’ Cruise To Play Carroll Shelby”. Deadline.com (2013年10月23日). 2019年9月6日閲覧。
  9. ^ Brad Pitt Courted to Join Tom Cruise in 'Go Like Hell' (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2013年12月18日). 2019年9月6日閲覧。
  10. ^ James Mangold to Direct Ford vs. Ferrari Film as ‘Logan’ Follow-Up (EXCLUSIVE)”. Variety (2018年2月5日). 2019年9月6日閲覧。
  11. ^ 'Outlander' Star Caitriona Balfe, 'Quiet Place' Breakout Noah Jupe Join Ford vs. Ferrari Movie (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2018年5月23日). 2019年9月6日閲覧。
  12. ^ Jon Bernthal In Talks To Play Lee Iacocca In ‘Ford V Ferrari’”. Deadline.com (2018年6月12日). 2019年9月6日閲覧。
  13. ^ ‘Brotherhood’ & ‘The Souvenir’ Actor Jack McMullen Joins James Mangold’s Ford Vs Ferrari Pic”. Deadline.com (2018年7月20日). 2019年9月6日閲覧。
  14. ^ Tracy Letts To Play Henry Ford II In James Mangold’s Ford Vs. Ferrari Pic”. Deadline.com (2018年7月23日). 2019年9月6日閲覧。
  15. ^ ‘Here And Now’ Actor Joe Williamson Joins Fox’s Ford Vs. Ferrari Pic, Signs With Abrams Artists Agency”. Deadline.com (2018年7月25日). 2019年9月6日閲覧。
  16. ^ Untitled Ford vs. Ferrari Movie Working Title, Filming Start Date, Location Revealed”. PursueNews (2018年7月9日). 2019年9月6日閲覧。
  17. ^ James Mangold’s Untitled Ford/Ferrari Pic Adds JJ Feild; Elizabeth Mitchell Joins ‘Welcome to Pine Grove!’”. Deadline.com (2018年8月2日). 2019年9月6日閲覧。
  18. ^ Marco Beltrami to Score James Mangold’s ‘Ford v. Ferrari’”. Film Music Reporter (2019年1月11日). 2019年9月6日閲覧。
  19. ^ Ford v Ferrari Official Trailer”. YouTube (2019年6月2日). 2019年9月6日閲覧。
  20. ^ Telluride Film Festival: ‘Ford V Ferrari’, ‘Judy’, ‘Motherless Brooklyn’, Weinstein-Inspired Drama ‘The Assistant’ Among Premieres Headed To 46th Edition – Full List”. Deadline.com (2019年8月29日). 2019年9月6日閲覧。
  21. ^ Toronto Film Festival: ‘Joker,’ ‘Ford v Ferrari,’ ‘Hustlers’ Among Big Premieres”. Variety (2019年7月23日). 2019年9月6日閲覧。
  22. ^ 20th Century Fox Sets Dates For Untitled James Mangold Ferrari Project, Kenneth Branagh’s ‘Death On The Nile’”. Deadline.com (2018年6月22日). 2019年9月6日閲覧。
  23. ^ 'Kingsman' Prequel Moves to Next February, Ryan Reynolds' 'Free Guy' Lands Summer 2020 Release”. Hollywood Reporter (2019年2月23日). 2019年9月6日閲覧。
  24. ^ 'Ford v Ferrari' Racing Toward $30 Million Debut, 'Charlie's Angels' Far from Heavenly”. Box Office Mojo (2019年11月14日). 2019年11月20日閲覧。
  25. ^ Domestic 2019 Weekend 46 November 15-17, 2019”. Box Office Mojo. 2019年11月20日閲覧。
  26. ^ Ford v Ferrari”. Rotten Tomatoes. 2019年12月1日閲覧。
  27. ^ Ford v Ferrari (2019)”. Metacritic. 2019年12月1日閲覧。
  28. ^ ‘Ford v Ferrari’ Wins Weekend B.O. Race With $31M+ As ‘Charlie’s Angels’ Finds No Salvation With $8M+ Start – Sunday Update”. Deadline.com (2019年11月17日). 2019年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]