ルドウィグ・ゴランソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルドウィグ・ゴランソン
Ludwig Göransson
生誕 (1984-09-01) 1984年9月1日(34歳)
 スウェーデン リンシェーピング
ジャンル 映画音楽ビッグバンドクラシックディスコファンクジャズR&Bソウル電子音楽サイケデリックスウィングラップ
職業 作曲家編曲家ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノオルガンキーボードシンセサイザークラビネットベースギターボーカル
活動期間 2008年 - 現在
レーベル ロック・ネイション[1]
共同作業者 ドナルド・グローヴァー
ケンドリック・ラマー
チャンス・ザ・ラッパー
ライアン・クーグラー
ハイム

ルドウィグ・ゴランソン[2][3](Ludwig Göransson, 1984年9月1日 - )は、スウェーデン出身の映画作曲家。『フルートベール駅で』、『クリード チャンプを継ぐ男』、『ブラックパンサー』などの映画やテレビ番組の作曲で知られる。スウェーデン語読みのルートヴィッヒ・ヨーランソンとも表記される[4]

音楽プロデューサーとしても知られ、ドナルド・グローヴァーの音楽プロジェクトであるチャイルディッシュ・ガンビーノの楽曲に参加[5][6]。アルバム『Awaken, My Love!』、楽曲「Redbone」はグラミー賞にノミネートされた。ほかに、ハイムチャンス・ザ・ラッパーなどのプロデュースも行っている。

生い立ち[編集]

スウェーデンリンシェーピングで生まれ育つ。幼少期から音楽のレッスンを受け、ストックホルムの音楽大学を卒業。

2007年ロサンゼルスに移住し、南カリフォルニア大学で映画やテレビ番組の音楽を学ぶ。この大学で後に『フルートベール駅で』、『クリード チャンプを継ぐ男』、『ブラックパンサー』でともに仕事をするライアン・クーグラーと知り合う。

大学卒業後まもなく、『ポリーmy love』、『プラダを着た悪魔』、『26世紀青年』、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』などで知られるセオドア・シャピロのアシストとして働き始める。最初のブレイクは2009年に作曲を担当したコメディ番組『コミ・カレ!!』だった。

映画作曲家として[編集]

2013年、同じく南カリフォルニア大学の卒業生のライアン・クーグラーが監督した『フルートベール駅で』で初の長編映画の音楽を担当。映画は2013年サンダンス映画祭カンヌ国際映画祭などで賞を受賞した。

その後もクーグラーと『クリード チャンプを継ぐ男』でもタッグを組み、3度目のタッグとなった『ブラックパンサー』(2018年)は大ヒットとなった[7]。『ブラックパンサー』では伝統的なアフリカの楽器と伝統的なスーパーヒーローの音楽の中間となる位置を目指して音楽が制作され、そのためにセネガルに赴き伝統的なアフリカ音楽と楽器を調査した。そこでフラ語を母語として歌うバーバ・マール英語版と会い、音楽に取り入れた[8]

音楽プロデューサーとして[編集]

2010年ドナルド・グローヴァーとともに『コミ・カレ!!』で仕事をしていた頃、グローヴァーの音楽プロジェクトであるチャイルディッシュ・ガンビーノのプロデュースと作曲を依頼され、以降3枚のアルバム『Camp』、『Because the Internet』、『Awaken, My Love!』をリリース。70年代のPファンクとブラックパワー・ミュージックにインスパイアされた『Awaken, My Love!』では、ゴランソンは全ての楽曲でプロデュースと作詞を手掛け、11月にはグラミー賞の年間最優秀アルバム賞や年間最優秀レコード賞(「Redbone」)など4部門にノミネートされた[9]

2012年ハイムのデビューEPをプロデュースし、楽曲「Forever」では新たなサウンドでバンドを確立するサポートをした。デビューアルバムの『Days Are Gone』では2曲のプロデュースも行った。

2013年8月、ジェイ・Zのレーベルであるロック・ネイションの作曲家としてマネジメント契約を交わした[10]

2018年5月5日チャイルディッシュ・ガンビーノとゴランソンのプロデュースによるガンビーノの楽曲「This Is America」をリリース。アメリカの Billboard Hot 100 にて初登場で1位となり、これはチャート史において31曲目の快挙となった。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • How to Find a Party (2013)

楽曲提供・プロデュース[編集]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

邦題
原題
監督 備考
2008 トロピック・サンダー/史上最低の作戦
Tropic Thunder
ベン・スティラー 編曲、プログラミング
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと英語版
Marley & Me
デヴィッド・フランケル 追加音楽
2009 40男のバージンロード
I Love You, Man
ジョン・ハンバーグ英語版 ギター
紀元1年が、こんなんだったら!?
Year One
ハロルド・ライミス 追加音楽
ジェニファーズ・ボディ
Jennifer's Body
カリン・クサマ
2010 グレッグのダメ日記
Diary of a Wimpy Kid
トール・フロイデンタール テクニカル・スコア・エンジニア
奇人たちの晩餐会 USA
Dinner for Schmucks
ジェイ・ローチ
2011 ピザボーイ 史上最凶のご注文
30 Minutes or Less
ルーベン・フライシャー 作曲
2013 フルートベール駅で
Fruitvale Station
ライアン・クーグラー
なんちゃって家族
We're the Millers
ローソン・マーシャル・サーバー英語版 作曲(セオドア・シャピロと)
2014 クレイジー・ドライブ
Stretch
ジョー・カーナハン 作曲
The Town That Dreaded Sundown アルフォンソ・ゴメス=レホン
A Merry Friggin' Christmas トリストラム・シャペロ英語版
トップ・ファイブ
Top Five
クリス・ロック
2015 クリード チャンプを継ぐ男
Creed
ライアン・クーグラー
2016 セントラル・インテリジェンス
Central Intelligence
ローソン・マーシャル・サーバー 作曲(セオドア・シャピロと)
なりすましアサシン
True Memoirs of an International Assassin
ジェフ・ワドロウ英語版 作曲
インナー・ワーキング
Inner Workings
レオ・マツダ
2017 エブリシング
Everything, Everything
ステラ・メギー英語版
Hasan Minhaj: Homecoming King Greg Walloch / Christopher Storer
2018 ブラックパンサー
Black Panther
ライアン・クーグラー
デス・ウィッシュ
Death Wish
イーライ・ロス
ヴェノム
Venom
ルーベン・フライシャー
クリード2
Creed II
スティーヴン・ケープル・Jr英語版

テレビ番組[編集]

邦題
原題
備考
2009-2015 コミ・カレ!!
Community
作曲
2011-2013 Happy Endings 作曲
2011-現在 New Girl / ダサかわ女子と三銃士
New Girl
作曲
2014-2015 Satisfaction 作曲
2016 Angie Tribeca 作曲

脚注[編集]

  1. ^ Ludwig Goransson Scores Creed Movie - ROCNATION” (2015年11月25日). 2018年8月7日閲覧。
  2. ^ 作品情報|ブラックパンサー”. マーベル公式. 2018年8月7日閲覧。
  3. ^ The Making Of ’Wakanda’ With Ludwig Göransson - Presented By Marvel Studio’s Black Panther (YouTube video). Genius. February 16, 2018. Event occurs at 1.45. May 12, 2018閲覧. 'I called him and I was like: "Hey, my name is Ludwig Göransson and I’m a film composer[…]"' 
  4. ^ ピザボーイ 史上最凶のご注文”. WOWOWオンライン. 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ Drozdowski, Ted. “10 Questions: Ludwig Göransson”. BMI. 2018年8月7日閲覧。
  6. ^ Childish Gambino - Camp - Album Review”. AbsolutePunk.net (2011年11月15日). 2012年4月5日閲覧。
  7. ^ How Black Panther Composer Ludwig Göransson Found the Sound of Wakanda | Pitchfork” (英語). pitchfork.com. 2018年7月6日閲覧。
  8. ^ “Baaba Maal on soundtracking Black Panther’s Wakanda” (英語). NME. (2018年3月21日). https://www.nme.com/music-interviews/baaba-maal-soundtracking-black-panthers-wakanda-2270695#po7Elk7qpOFTlu7H.99 2018年7月6日閲覧。 
  9. ^ “Producer Ludwig Göransson on helping create Awaken, My Love! and the Black Panther score” (英語). The FADER. http://www.thefader.com/2018/01/19/donald-glover-childish-gambino-awaken-my-love-grammys-ludwig-goransson-interview 2018年7月6日閲覧。 
  10. ^ ROCNATION | Ludwig Goransson Archived 2013-10-04 at the Wayback Machine.

外部リンク[編集]