グラスノート・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスノート・レコード
(Glassnote Records)
設立 2007年
設立者 ダニエル・グラス
販売元 ユニバーサルミュージック・グループ
ジャンル オルタナティヴ・ロックインディー・ロック
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 ニューヨーク
公式サイト http://glassnotemusic.com/

グラスノート・レコード (Glassnote Records) 、またはグラスノート・エンタテインメント・グループ (Glassnote Entertainment Group) は、アメリカ合衆国インディペンデントレーベルである。ユニバーサル・レコード社長などを歴任したダニエル・グラス (en:Daniel Glass) によって2007年に設立された。本拠地はニューヨークで、ロサンゼルストロントカナダ)、ロンドンイギリス[1]にも支社が置かれている。

2009年にリリースしたフランスのインディーロックバンド、フェニックスの4枚目のアルバム『ヴォルフガング・アマデウス・フェニックス』はゴールドディスクを獲得するヒット作となり、2010年のグラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞した。

また、2010年2月にリリースしたマムフォード・アンド・サンズのデビューアルバム『サイ・ノー・モア』は翌2011年2月にBillboard 200チャート最高位2位を記録し、シングルカットされた「The Cave」はBillboard Hot 100チャートでレーベル初のトップ40ヒット(最高位27位)となった。続くセカンドアルバム『バベル』はレーベル初のBillboard 200チャート1位を獲得し、翌年のグラミー賞で最優秀アルバム賞を獲得した。

2011年にはチャイルディッシュ・ガンビーノ名義でラッパーとしての活動を行っている俳優コメディアンドナルド・グローヴァーと契約した[2]

この他、2012年9月にリリースしたトゥー・ドア・シネマ・クラブのセカンドアルバム『ビーコン』と、2013年9月にリリースしたチャーチズのデビューアルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』が、それぞれBillboard 200チャートで初登場17位と12位を記録するなど成功を収めている。

2014年2月13日、ユニバーサルミュージック・グループ (UMG) との間で世界規模での流通契約を結ぶことが発表された。同年3月1日からアメリカとカナダではUMGの流通部門 (UMGD) によって、それ以外の全世界(オーストラリアニュージーランド南アフリカ共和国を除く)ではキャロライン・インターナショナルによってグラスノートの作品がリリースされることになる[3]

現在の所属アーティスト[編集]

  • チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino)
  • チャーチズ (Chvrches)
  • ドーター (Daughter)
  • フライト・ファシリティーズ (Flight Facilities)
  • フロウ・モリッシー (Flo Morrissey)
  • フォイ・ヴァンス (Foy Vance)
  • ギヴァーズ (Givers)
  • ハーフ・ムーン・ラン (Half Moon Run)
  • ホーリーチャイルド (Holychild)[4]
  • ジェレミー・メッサースミス (Jeremy Messersmith)
  • ジャスティン・ノヅカ (Justin Nozuka)
  • リトル・グリーン・カーズ (Little Green Cars)
  • マムフォード・アンド・サンズ (Mumford & Sons)
  • オーバーホーファー (Oberhofer)
  • パナマ・ウェディング (Panama Wedding)
  • フェニックス (Phoenix)
  • ロバート・デロング (Robert DeLong)
  • ザ・テンパー・トラップ (The Temper Trap)
  • トゥー・ドア・シネマ・クラブ (Two Door Cinema Club)

過去に所属していたアーティスト[編集]

  • ブロウイング・トゥリーズ (Blowing Trees)
  • Everlea
  • アイ・ヘイト・ケイト (I Hate Kate)
  • ジョナス・シーズ・イン・カラー (Jonas Sees in Color)
  • ケリー (Kele)
  • ロイヤル・バングス (Royal Bangs)
  • セカンドハンド・セレナーデ (Secondhand Serenade)

脚注[編集]

  1. ^ Glassnote Entertainment Expands With London Office”. ビルボード (2013年7月24日). 2014年3月2日閲覧。
  2. ^ Childish Gambino Signs with Glassnote Records”. ビルボード (2011年9月6日). 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ UNIVERSAL MUSIC GROUP AND GLASSNOTE ENTERTAINMENT GROUP ANNOUNCE GLOBAL DISTRIBUTION AGREEMENT”. ユニバーサルミュージック・グループ (via PR Newswire) (2014年2月13日). 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ Holychild Signs to Glassnote, Preps Debut EP and Album: Exclusive”. ビルボード (2014年1月16日). 2014年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]