ケリー・オケレケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケリー・オケレケ
Kele Okereke
Kele Okereke Cropped.jpg
基本情報
出生名 Kelechukwu Rowland Okereke
生誕 (1981-10-13) 1981年10月13日(36歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドリヴァプール
ジャンル ポストパンク・リヴァイヴァル
オルタナティブ・ロック
担当楽器 ボーカルギターなど
活動期間 2002年 – 現在
レーベル ウィチタ・レコーディングス
V2レコード
共同作業者 ブロック・パーティ

ケリー・オケレケKele Okereke、本名:ケレチュクウ・ローランド・オケレケKelechukwu Rowland Okereke1981年10月13日 - )は、イギリスミュージシャンシンガーソングライターである。イングランドリバプール出身。同国のロックバンド、ブロック・パーティのフロントマン(主にボーカル及びリズム・ギター担当)であり、現在はKele名義でソロ・ミュージシャンとしても活動している。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イグボナイジェリア移民系の家庭に生まれる。父親は分子生物学者、母親は助産師で、姉と共に転居先のロンドンで成長した。

1998年のある日、ケリーの通う高校に、後にブロック・パーティのギタリストとなるラッセル・リサックが転校生としてやって来る。2人はすぐに友人になったが、この頃は単なる学友としての付き合いであったという。

一年後、ロンドン大学キングス・カレッジ・ロンドンに進学したケリーは、観客として訪れていたレディング・フェスティバルの会場にてラッセルと偶然再会し、音楽的にも意気投合した2人はバンド結成を決意する。2003年までに、ゴードン・モークス、マット・トンを加え、4人編成のバンド、ブロック・パーティとして活動を開始する。なお、デビューアルバム『サイレント・アラーム』の発売まで、ケリーは両親にバンド活動のことを秘密にしていたようで、アルバムが大ヒットしバンドが有名な存在となった以後も、卒業まで大学で英文学の勉強を続けていた。

ブロック・パーティ[編集]

2005年ケミカル・ブラザーズの『プッシュ・ザ・ボタン』で3曲目「believe」でゲストのひとりとしてヴォーカル参加していた。

ソロデビュー[編集]

2010年6月にはハドソン・モホークをプロデューサーに迎えたファースト・ソロ・アルバムを発表。同作にはスパンク・ロックのDJトリプル・エクスチェンジも共同プロデュースに名を連ねている。

人物[編集]

性格[編集]

多くのロック・ソングライターがそうであるように、ケリーも多分に皮肉屋でニヒリスト的な言動が多い。英国のいわゆる一流大学で文学を専攻していたこともあり、語彙や表現力の幅が広い。暗喩を多用した婉曲な物言いをしたり、シニカルな冗談を差し挟んで会話の核心を煙に巻いたかと思えば、直情的ながらも冷徹なコメントを発したりと、どこか「掴めない」性格をしている。本音とジョークが交錯する彼のインタビューは非常に機知に富んでおり、本国ではインタビュアーを大いに手こずらせる。一方で、日本を含めた外国メディアに対しては誠実な受け答えが顕著で、ケリー自身の、英国プレスへの不信感もそのシニカル・トークの根底の一部にあるといわれる。

セクシャリティ[編集]

モリッシーと同様に、ケリーは自分を、両性愛者であるブライアン・モルコ(プラシーボ)やデヴィッド・ボウイと比較した発言をしている。さらに、2ndアルバムからのシングルにして半自叙伝的なテーマを持った「アイ・スティル・リメンバー」の曲中では、もはや自らのセクシャリティに関して口を固く閉じたままである必要を感じないこと(つまり、バイセクシャルであること)を明らかにしたといわれている。

しかしながら、彼はセクシャリティについて議論するつもりもその必要も感じていないようで、両性愛あるいは両性愛者についての直接的な意見やコメントはしてはいない。

音楽性[編集]

影響を受けたとしたバンドやミュージシャンとして、ザ・キュアーデペッシュ・モードザ・スミスブラースウェードケミカル・ブラザーズモグワイベースメント・ジャックスの名前が複数のインタビューなどで挙げられている。とりわけスウェードブラーに対する思い入れが強い様子で、「初めて観に行ったライヴ、実はメンズウェアのなんだ」と述懐する通り、多感な時期に夢中となったブリットポップが音楽の原体験となっていると明かしている。

特にインスパイアされたアルバムとしては、スウェードのデビュー作を挙げている。アルバム『スウェード』の、カップルが口付けする特徴的なジャケット写真は、ブロック・パーティの3rdアルバムのアートワークにオマージュとして引用されている。

また、ヒップホップビッグビートなども好み、最近では「ギターロックはある程度アイディアが出尽くした感がある」とコメントしており、とりわけエレクトロニック・ミュージックへの傾倒を強めている。ブロック・パーティーの2nd以降急速に比重を増してきたダンス色の強い楽曲はケリーの主導によるところが大きい。その象徴が「Mercury」であり、全面的にハードウェア・レコーディングを行ったケリーの独壇場的楽曲であるという。

最も日本で敬愛するニュー・ウェイヴバンドは、POLYSICSとのこと。