カール・フローチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・フローチ
Carl Froch.jpg
基本情報
本名 カール・マーティン・フローチ
通称 コブラ (The Cobra)
階級 スーパーミドル級
身長 185cm
リーチ 189cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1977-07-02) 1977年7月2日(40歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ノッティンガムシャー州ノッティンガム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 33
KO勝ち 24
敗け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2001 ベルファスト ミドル級

カール・フローチCarl Froch、男性、1977年7月2日 - )は、イングランドプロボクサーノッティンガムシャーノッティンガム出身。元WBC世界スーパーミドル級王者。元WBAIBF世界スーパーミドル級統一王者Super Six World Boxing Classic準優勝者。

来歴[編集]

父親はユダヤ系ポーランド人、母親はイギリス人[1]。9歳でボクシングを始めた[1]

2001年北アイルランドベルファストで開催された2001年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場、準決勝で敗退するが銅メダルを獲得した[2]

2002年3月16日、イングランドロンドンでプロデビューし、4回TKO勝ち。

2003年11月28日、10戦目で空位のBBBofCイングランドスーパーミドル級王座を獲得。

2004年3月12日、12戦目でコモンウェルスイギリス連邦スーパーミドル級王座を獲得。

2004年9月24日、14戦目で空位のBBBofC英国スーパーミドル級王座を獲得し、コモンウェルスイギリス連邦王座の3度目の防衛にも成功。その後BBBofC英国王座を4度防衛し、コモンウェルスイギリス連邦王座は7度まで防衛し、世界王座戴冠を目指した。

2008年12月6日、24戦目のWBC世界スーパーミドル級王座決定戦でジャン・パスカル(カナダ)と対戦し、判定勝ちで王座を獲得。プロデビューから24戦24勝となった。

2009年4月25日、初防衛戦でジャーメイン・テイラー(アメリカ合衆国)と対戦。3回にはキャリア初のダウンを奪われたが[1]、12回にパンチの連打を浴びせレフェリーストップ勝ちとなり、王座の初防衛に成功した。

2009年10月17日、Super Six World Boxing Classicのグループステージ1でイングランドノッティンガムの ナショナル・アイス・センターで行われたWBC世界スーパーミドル級タイトルマッチで アンドレ・ディレル(アメリカ合衆国)と対戦し、2-1(2者が115-112、113-114)の判定勝ちで2度目の防衛に成功した[3]

2010年4月24日、Super Six World Boxing Classicのグループステージ2でデンマーク・ヘアニンの国際会議場で行われたミッケル・ケスラー(デンマーク)との3度目の防衛戦に臨み、0-3の判定で破れ王座陥落。初黒星を喫した[4]

2010年11月27日、Super Six World Boxing Classicのグループステージ3でフィンランドヘルシンキハートウォールアリーナで空位のWBC世界スーパーミドル級王座をアルツール・アブラハム(ドイツ)と争い、3-0の判定勝ちで王座決定戦を制し、同王座の再戴冠に成功。

2011年6月4日、Super Six World Boxing Classic準決勝第2試合をアメリカ・ ボードウォーク・ホール・ダンスホールにて、グレン・ジョンソン(アメリカ合衆国)と対戦し、2-0の判定勝ちで初防衛に成功し、決勝進出を決めた[5]

2011年12月17日、アメリカ・ボードウォーク・ホールWBA世界スーパーミドル級スーパー王者アンドレ・ウォード(アメリカ合衆国)と王座統一戦がSuper Six World Boxing Classic決勝のカードとして行われ、12回0-3(2者が113-115、110-118)の判定負けを喫しWBC王座の2度目の防衛に失敗し王座から陥落。WBAスーパー王座獲得に失敗しSuper Six World Boxing Classicを準優勝で終えた[6]

2012年5月26日、ノッティンガムのノッティンガム・アリーナでIBF世界スーパーミドル級王者ルシアン・ブーテ(ルーマニア)と対戦し、5回1分5秒TKO勝ちを収め7ヵ月ぶりにWBCに続く王座に返り咲きに成功した[7]

2012年11月17日、ノッティンガムのキャピタルFMアリーナでユーサフ・マック(アメリカ合衆国)と対戦し、3回2分30秒KO勝ちで初防衛に成功した。

2013年5月25日、ロンドンにあるO2アリーナにてWBA世界スーパーミドル級王者ミッケル・ケスラーと再戦となる王座統一戦を行い、12回3-0(116-112、115-113、118-110)の判定勝ちを収めWBA王座を獲得するとともにIBF王座2度目の防衛に成功した[8]

2013年11月23日、マンチェスターマンチェスター・アリーナジョージ・グローブス(イギリス)と対戦し、9回1分33秒TKO勝ちを収めWBA王座は初、IBF王座は3度目の防衛に成功したが、レフェリーのストップが速すぎたと物議を醸した[9]。その後2014年5月31日に再戦を行う事が決定した。

2014年5月31日、ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムジョージ・グローブスと再戦し、8回2分34秒KO勝ちを収めWBA王座は2度目、IBF王座は4度目の防衛に成功した[10]

2014年6月6日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のジョージ・グローブス戦が評価され、フローチは2014年5月度の月間MVPに選出された[11][12]

2015年2月3日、IBF世界スーパーミドル級王座を返上した[13][14]

2015年2月10日、WBAはIBF王座を返上し統一王者ではなくなったフローチをWBA世界スーパーミドル級正規王者としてランクインした[15]

2015年2月28日、WBAがWBA世界スーパーミドル級スーパー王者アンドレ・ウォードとの王座統一戦の交渉を30日以内に合意させ、120日以内に試合を行うよう指令を出した。対戦交渉が合意に至らない場合は入札になるとのこと[16][17]

2015年5月8日、WBAが2014年5月31日以降防衛戦を行わなかったことを理由にフローチが保持していた正規王座を剥奪し、フローチをWBA世界スーパーミドル級スーパー王者アンドレ・ウォードの指名挑戦者とすることを発表。もしウォードが6月20日の試合でポウル・スミスに敗れればウォードはスーパー王座を剥奪されるとのこと[18][19]

2015年5月16日、WBAは最新ランキングを発表し、フローチをWBA世界スーパーミドル級2位にランクインした[20]

2015年6月20日、アンドレ・ウォードがポウル・スミスに9回1分46秒TKO勝ちを収めた為ウォードはWBA世界スーパーミドル級スーパー王座の剥奪を免れ、WBA世界スーパーミドル級2位のカール・フローチがウォードの指名挑戦者となった[21][22]

2015年7月14日、「ボクシングで成し遂げたきたことを誇らしく思うが、グローブを吊るすときがきた」と現役引退を表明し解説者に転身した[23][24]

2015年11月10日、フローチは「私の古いベルトを取り戻す。私がやれることを証明し、そして引退する。それで満足だ」と話し復帰を示唆する発言をしIBF世界スーパーミドル級王者ジェームス・デゲールをターゲットに再度世界王座返り咲きを狙っていることを明かした[25]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:96戦 88勝 8敗
  • プロボクシング:35戦 33勝 (24KO) 2敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年3月16日 勝利 4R 2:03 TKO マイケル・ピンノック イギリスの旗 イギリス プロデビュー戦
2 2002年5月10日 勝利 1R 2:18 KO オージェイ・アブラハムス イギリスの旗 イギリス
3 2002年8月23日 勝利 1R 2:03 TKO ダーレン・コビル イギリスの旗 イギリス
4 2002年10月25日 勝利 6R 判定 ポール・ボンソン イギリスの旗 イギリス
5 2002年12月21日 勝利 1R 1:14 TKO マイク・ドゥフィールド イギリスの旗 イギリス
6 2003年1月28日 勝利 6R 2:15 TKO バレリー・オーディン フランスの旗 フランス
7 2003年3月5日 勝利 5R 1:44 TKO ワルサン・デフチャン イギリスの旗 イギリス
8 2003年4月16日 勝利 3R 2:18 TKO マイケル・モナガン イギリスの旗 イギリス
9 2003年10月4日 勝利 8R 判定 ワゲ・コチャリャン ロシアの旗 ロシア
10 2003年11月28日 勝利 7R 1:40 TKO アラン・ペイジ イギリスの旗 イギリス BBBofCイングランドスーパーミドル級王座決定戦
11 2004年1月30日 勝利 2R 1:07 TKO ディミトリー・アダモビッチ  ベラルーシ
12 2004年3月12日 勝利 12R 判定 チャールズ・アダム  ガーナ コモンウェルスイギリス連邦スーパーミドル級タイトルマッチ
13 2004年6月2日 勝利 11R 1:47 TKO マーク・ウールノー カナダの旗 カナダ コモンウェルス王座防衛1
14 2004年9月24日 勝利 1R 2:10 TKO デーモン・ハーグ イギリスの旗 イギリス コモンウェルス王座防衛2
BBBofC英国スーパーミドル級王座決定戦
15 2005年4月21日 勝利 8R 0:56 TKO ヘンリー・ポラス コスタリカの旗 コスタリカ
16 2005年7月9日 勝利 12R 判定 マシュー・バーニー イギリスの旗 イギリス コモンウェルス王座防衛3・BBBofC防衛1
17 2005年12月2日 勝利 5R 2:25 TKO ルーベン・グローエンワル イギリスの旗 イギリス コモンウェルス王座防衛4
18 2006年2月17日 勝利 9R 1:45 TKO デール・ウェスターマン オーストラリアの旗 オーストラリア コモンウェルス王座防衛5
19 2006年5月26日 勝利 11R 1:21 KO ブライアン・マギー イギリスの旗 イギリス コモンウェルス王座防衛6・BBBofC防衛2
20 2006年11月24日 勝利 3R 2:55 KO トニー・ドッドソン イギリスの旗 イギリス コモンウェルス王座防衛7・BBBofC防衛3
21 2007年3月23日 勝利 2R 2:54 TKO セルゲイ・タテボシュアン ロシアの旗 ロシア
22 2007年11月9日 勝利 5R終了 TKO ロビン・リード イギリスの旗 イギリス
23 2008年5月10日 勝利 4R 2:35 TKO アルバート・ライバッキー ポーランドの旗 ポーランド
24 2008年12月6日 勝利 12R 判定3-0 ジャン・パスカル カナダの旗 カナダ WBC世界スーパーミドル級王座決定戦
25 2009年4月25日 勝利 12R 2:46 TKO ジャーメイン・テイラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC防衛1
26 2009年10月17日 勝利 12R 判定2-1 アンドレ・ディレル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Super Six World Boxing Classicグループステージ1
WBC防衛2
27 2010年4月24日 敗北 12R 判定0-3 ミッケル・ケスラー  デンマーク Super Sixグループステージ2
WBC王座陥落
28 2010年11月27日 勝利 12R 判定3-0 アルツール・アブラハム ドイツの旗 ドイツ Super Sixグループステージ3
WBC世界スーパーミドル級王座決定戦
29 2011年6月4日 勝利 12R 判定2-0 グレンコフ・ジョンソン ジャマイカの旗 ジャマイカ Super Six準決勝
WBC防衛1
30 2011年12月17日 敗北 12R 判定0-3 アンドレ・ウォード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Super Six決勝/WBA・WBC世界スーパーミドル級王座統一戦
WBC王座陥落
31 2012年5月26日 勝利 5R 1:05 TKO ルシアン・ブーテ  ルーマニア IBF世界スーパーミドル級タイトルマッチ
32 2012年11月17日 勝利 3R 2:30 KO ユーサフ・マック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 IBF防衛1
33 2013年5月25日 勝利 12R 判定3-0 ミッケル・ケスラー  デンマーク WBA・IBF世界スーパーミドル級王座統一戦
WBA獲得・IBF防衛2
34 2013年11月23日 勝利 9R 1:33 TKO ジョージ・グローブス イギリスの旗 イギリス WBA防衛1・IBF防衛3
35 2014年5月31日 勝利 8R 2:34 TKO ジョージ・グローブス イギリスの旗 イギリス WBA防衛2・IBF防衛4
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • BBBofCイングランドスーパーミドル級王座
  • コモンウェルスイギリス連邦スーパーミドル級王座
  • BBBofC英国スーパーミドル級王座
  • WBC世界スーパーミドル級王座(防衛2)
  • WBC世界スーパーミドル級王座(防衛1)
  • IBF世界スーパーミドル級王座(防衛4)
  • WBA世界スーパーミドル級王座(防衛2)

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c エキサイトマッチ 2009年11月 第5週 エキサイトマッチ|WOWOWオンライン
  2. ^ 11.World Championships - Belfast, Northern Ireland - June 3-10 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ スーパー6開幕 アブラハム豪快KO、フロッチ競り勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月18日
  4. ^ ケスレル、WBCで王座復帰 フロッチに判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月25日
  5. ^ Carl Froch retains WBC title with majority decision over Glen Johnson guardian.co.uk(英語) 2011年6月5日
  6. ^ ウォード、スーパー6制す フロッチに3-0判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年12月19日
  7. ^ フロッチ、無敗ブーテをTKO IBF・S・ミドル級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年5月27日
  8. ^ フロッチ、ケスラーに雪辱 2冠統一 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年5月26日
  9. ^ フロッチ、幸運なTKO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月24日
  10. ^ フロッチ一撃でグローブスを返り討ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月1日
  11. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年6月6日
  12. ^ WBA最新ランキング、月間MVPはフロッチ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月9日
  13. ^ Carl Froch vacates IBF super-middleweight title due to elbow injury with James DeGale in talks to fight Andre Dirrell for vacant championship The Independent(英語) 2015年2月3日
  14. ^ フロッチIBFタイトル返上、ダルチニアン再起戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月4日
  15. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年2月10日
  16. ^ WBA orders Ward vs Froch mandatory fight negotiations WBA公式サイト 2015年2月28日
  17. ^ WBAがウォードvsフロッチをオーダー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月2日
  18. ^ Andre Ward granted a Special Permit to fight con Smith WBA公式サイト 2015年5月8日
  19. ^ Carl Froch loses WBA belt through inactivity”. ESPN.com (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。
  20. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年5月16日
  21. ^ Mega Gallery: Ward dominates and stops Smith WBA公式サイト 2015年6月21日
  22. ^ IBFミドル級はレミューが新王者、海外試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月21日
  23. ^ Carl Froch Calls It a Day WBA公式サイト 2015年7月14日
  24. ^ “ザ・コブラ”フロッチが引退表明、今後は解説者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月14日
  25. ^ フロッチが復帰を検討、ターゲットは同胞デゲール Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ジョー・カルザゲ
WBC世界スーパーミドル級王者

2008年12月6日 - 2010年4月24日

次王者
ミッケル・ケスラー
空位
前タイトル保持者
ミッケル・ケスラー
WBC世界スーパーミドル級王者

2010年11月27日 - 2011年12月17日

次王者
アンドレ・ウォード
前王者
ルシアン・ブーテ
IBF世界スーパーミドル級王者

2012年5月26日 - 2015年2月3日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジェームス・デゲール
前王者
ミッケル・ケスラー
WBA世界スーパーミドル級王者

2013年5月25日 - 2015年5月8日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ヒョードル・チュディノフ