エドウィン・ロサリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドウィン・ロサリオ
基本情報
通称 El Chapo
階級 ライト級
スーパーライト級
身長 168cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1963-03-15) 1963年3月15日
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
死没日 (1997-12-01) 1997年12月1日(満34歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 47
KO勝ち 41
敗け 6
テンプレートを表示

エドウィン・ロサリオEdwin Rosario、男性、1963年3月15日 - 1997年12月1日)は、プエルトリコプロボクサー。元世界2階級王者(ライト級スーパーライト級)。

来歴[ソースを編集]

1979年ドミニカ共和国でプロデビュー。

1983年5月1日、22戦目で世界王座初挑戦。WBC世界ライト級王座決定戦でホセ・ルイス・ラミレスと対戦し、12回判定勝ちで無敗のまま世界王座を獲得した。同王座は2度の防衛に成功した。

1984年11月3日、3度目の防衛戦でラミレスと再戦し、4回TKO負けで王座から陥落した。

1986年6月13日、WBC世界ライト級王者ヘクター・カマチョに挑戦し、12回判定負けで王座返り咲きならず。

1986年9月26日、WBA世界ライト級王者リビングストン・ブランブルに挑戦し、2回KO勝ちで王座を獲得した。同王座はファン・ナサリオ相手に初防衛に成功した。

1987年11月21日、フリオ・セサール・チャベスと対戦し、11回TKO負けで王座から陥落した。

1989年7月9日、WBA世界ライト級王座決定戦でアンソニー・ジョーンズと対戦し、6回TKO勝ちで王座に返り咲いた。

1990年4月4日、ファン・ナサリオと2年8か月ぶりに再戦し、8回終了時TKO負けで王座から陥落した。

1991年6月14日、1階級上のWBA世界スーパーライト級王者ロレト・ガルサに挑戦し、3回TKO勝ちで2階級制覇に成功した。

1992年4月10日、メキシコシティで行われた初防衛戦で平仲明信と対戦し、初回1分32秒TKO負けで王座から陥落した[1]

1993年1月30日、フランキー・ランドールと7年7か月ぶりに再戦し、7回TKO負け。この試合を最後にブランクを作った。

1997年5月22日に4年4か月ぶりの復帰戦を行い、復帰戦を含め5か月連続で試合を行う。

1997年12月1日、別れた妻と子供の住む家を訪れるが、気分が悪いとして1時間ほどで滞在を切り上げ、両親と暮らす自宅に帰宅する。翌日父親がベッドの上で死んでいるロサリオを見つける。検死の結果、死因は動脈瘤であり麻薬とアルコール中毒が原因とされた。34歳没。

獲得タイトル[ソースを編集]

  • 第17代WBC世界ライト級王座(防衛2度)
  • 第16代WBA世界ライト級王座(防衛1度)
  • 第18代WBA世界ライト級王座(防衛0度)
  • 第20代WBA世界スーパーライト級王座(防衛0度)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

空位
前タイトル保持者
アレクシス・アルゲリョ
第17代WBC世界ライト級王者

1983年5月1日 - 1984年11月3日

次王者
ホセ・ルイス・ラミレス
前王者
リビングストン・ブランブル
第16代WBA世界ライト級王者

1986年9月26日 - 1987年11月21日

次王者
フリオ・セサール・チャベス
空位
前タイトル保持者
フリオ・セサール・チャベス
第18代WBA世界ライト級王者

1989年7月9日 - 1990年4月4日

次王者
ファン・ナサリオ
前王者
ロレト・ガルサ
第20代WBA世界スーパーライト級王者

1991年6月14日 - 1992年4月10日

次王者
平仲明信