スタウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1パイントのスタウト

スタウト(英語: stout)は、ビールスタイルの一つで、黒くなるまでローストした大麦モルトとは限らない)を使用し、上面発酵によって醸造されるものを指す。

日本におけるビールの分類では「濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビール」のことで「ビールの表示に関する公正競争規約・第4条」によって定義されている[1][2]

概要[編集]

主にアイルランドイギリスで作られる。代表的な銘柄には、ギネス(英語: Guinness)がある。

ほとんどのスタウトの色は黒い。味は濃厚で、苦み酸味とも強い。アルコール分が一般的なラガー・ビールより高いものが多い。カロリーはラガーよりも低い。名前の「スタウト」とは、「強い」という意味である。

飲み方としては、そのまま飲む以外に、普通のビールに割って飲んだり、生卵を落として飲む方法がおこなわれている。

上面発酵でない「スタウト」[編集]

日本における規約[2]では特に上面発酵でなければならないという規定はなく、例えばキリンビールの『一番搾りスタウト(2013年2月6日にリニューアルされる前)』やサッポロビールの『ヱビス スタウト クリーミートップ』は下面発酵であるが、規約における条件を満たしているため、日本において「スタウト」の名称を使用することは、法律上は全く問題はない。

海外では、韓国ハイトビールの『ハイト・スタウト』や、バルト海沿岸・スラブ圏での「ストロング・ポーター」「スタウト」「ポーター」を冠するビール等に下面発酵で「スタウト」を名乗るものが存在するが、その是非については議論がある。

ちなみにキリンビールの『キリンスタウト2008年8月に製造終了[3])』『一番搾りスタウト(2013年2月6日のリニューアル後)』やアサヒビールの『アサヒスタウト』は上面発酵である。

日本で黒ビールと呼ばれているもののほとんどはラガーと同じ下面発酵であり、シュヴァルツビールに近いものが多い。

ドライスタウト[編集]

ドライスタウト: Dry stout)、またはアイリッシュスタウト: Irish stout)は、飲み始めに感じる軽いカラメル香と、強くローストした麦芽のドライな苦味が後味に強く残るのが特徴[4][5]。アルコール度数は4%から5%[5]

クリーミーな泡立ちと、泡持ちに優れる[5]

フォーリンスタウト[編集]

フォーリンスタウト: Foreign stout)は、ドライスタウトよりも甘味とアルコール度数を強くしたスタウト[5]

コーヒーやチョコレートを思わせる軽い焦げ風味があり、甘味と苦味は他のスタウトよりも強い[4]

スイートスタウト[編集]

スイートスタウト: Sweet stout)、あるいはミルクスタウト: Milk stout)、クリームスタウト: Cream stout)は甘いスタウト[4][5]。コーヒーやチョコレート、カラメルの風味が特徴[4][5]

ミルク由来の乳糖(ラクトース)を加えて製造することもある[4][5]

オートミールスタウト[編集]

オートミールスタウト: Oatmeal stout)は、大麦麦芽に加えてオート麦を使用して製造するスタウト[5]

軽い甘味もあり、クリーム入りコーヒーのような風味[4]

インペリアルスタウト[編集]

インペリアルスタウト: Imperial stout)は、ロシア皇帝への献上品として作られたとされるスタウト[4][6]ロシアン・スタウトラシアン・スタウトロシアンインペリアルスタウトと呼ぶこともある。

寒冷地で凍らないようアルコール度数を高めてあるのが特徴[6]

オイスタースタウト[編集]

オイスタースタウト: Oyster stout)は、カキエキスを加えて作ったスタウト[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 業界内の自主規制ルールである。詳しくは公正競争規約を参照
  2. ^ a b ビールの表示に関する公正競争規約及び施行規則 (PDF)”. 2017年2月17日閲覧。
  3. ^ KIRIN キリンビール 商品情報 製造終了品一覧”. 麒麟麦酒 (2008年). 2008年10月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 野村浩二、菅原亮平、三輪一記、小林努 『ビール事典』 学研プラス2014年、53頁。ISBN 9784059136187
  5. ^ a b c d e f g h i 日本ビール文化研究会 『日本ビール検定公式テキスト 2016年6月改訂版』 マイナビ出版2016年、71頁。ISBN 9784839958428
  6. ^ a b “世界一アルコール度数の高い缶ビール新発売!” (プレスリリース), ウィスク・イー, (2016年1月14日), https://www.value-press.com/pressrelease/155157 2017年3月6日閲覧。 

外部リンク[編集]