チャド・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャド・メンデス
Chad Mendes.jpeg
基本情報
本名 チャド・エドワード・メンデス
(Chad Edward Mendes)
通称 マネー (Money)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1985-05-01) 1985年5月1日(33歳)[1]
出身地 カリフォルニア州ハンフォード[1]
所属 チーム・アルファメール
身長 168cm
体重 66kg
リーチ 168cm
階級 フェザー級
バックボーン レスリング
テーマ曲 Paradise City(ガンズ・アンド・ローゼス
総合格闘技戦績
総試合数 21
勝ち 17
KO勝ち 7
一本勝ち 2
判定勝ち 8
敗け 4
テンプレートを表示

チャド・メンデスChad Mendes1985年5月1日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州ハンフォード出身。チーム・アルファメール所属。

来歴[編集]

5歳の頃から父親の指導でレスリングを始め、カリフォルニア州立理工大学ポモナ校時代はNCAAディビジョン1でオールアメリカンに2度選出された。ハンフォード高校時代にユライア・フェイバーと出会い、総合格闘技に興味を持つ[2]。大学卒業後に総合格闘家となるためにサクラメントに引っ越し、フェイバーの家に居候しながら総合格闘技の練習を始めた。

WEC[編集]

2010年3月6日、WEC初参戦となったWEC 47エリック・コクと対戦し、判定勝ち。

2010年4月24日、地元カリフォルニア州で開催されたWEC 48でアンソニー・モリソンと対戦し、1Rギロチンチョークで一本勝ち。

UFC[編集]

2011年2月5日、UFC初参戦となったUFC 126小見川道大と対戦し、判定勝ち。

2012年1月14日、ブラジルで開催されたUFC 142でUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドと対戦し、1R終了1秒前に膝蹴りを受けてKO負けを喫し王座獲得に失敗した。キャリア12戦目で初黒星となった。

2012年7月29日、地元ハンフォードのバーで男を殴った容疑で起訴された[3]

2012年12月15日、UFC on FX 6でヤオツィン・メザと対戦し、KO勝ち。当初はハクラン・ディアスと対戦する予定であったがディアスの負傷欠場のため相手が変更となった。

2013年2月23日のUFC 157マニー・ガンブリャンと対戦する予定であったが、ガンブリャンの負傷欠場により試合中止になる。

2013年4月20日のUFC on FOX 7ダレン・エルキンスと対戦し、開始68秒でKO勝ち。当初はクレイ・グイダと対戦する予定であったがグイダの負傷欠場のため変更となった。

2013年8月31日、UFC 164でフェザー級ランキング9位のクレイ・グイダと対戦し、3RにパウンドでTKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年12月14日、UFC on FOX 9でフェザー級ランキング8位のニック・レンツと対戦し、判定勝ち。5連勝となった。

2014年8月2日、地元カリフォルニア州で開催予定だったUFC 176でUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドと再戦予定であったが、アルドの首の怪我のため延期となった。前回アルドに挑戦したときも、怪我で一度延期となりアルドの地元ブラジルで戦う事になったため「いい加減ウンザリだよ。アルドはずっとこんな調子じゃないか」と呆れていた[4]

2014年10月25日、ブラジルで開催されたUFC 179でUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドと再戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。また、ESPNのファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2015年4月4日、UFC Fight Night: Mendes vs. Lamasでフェザー級ランキング4位のリカルド・ラマスと対戦し、パウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年7月11日、UFC 189のフェザー級暫定王座決定戦でフェザー級ランキング3位のコナー・マクレガーと対戦。テイクダウンを立て続けに奪いパウンドを浴びせるなど優位に試合を進めるも、準備期間の短さからかスタミナ切れをおこし、2RTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。王者ジョゼ・アルドの負傷欠場により2週間前にオファーを受けた。

2015年12月11日、The Ultimate Fighter 22 Finaleでフェザー級ランキング2位のフランク・エドガーと対戦し、左フックで1RKO負け。

ファイトスタイル[編集]

元々はKOを狙いに行くアグレッシブなスタイルではなく、(当時)11勝のうち7勝が判定での勝利であったが、2012年にジョゼ・アルドに敗戦を喫して以降は、4試合連続でKO勝ちを収め、アルド戦後の計6勝のうち5勝がKO勝ちという戦績を残し、ハードパンチャーとしてのスタイルを確立した。また、テイクダウンからのグラウンド&パウンドも武器としている。

人物・エピソード[編集]

  • 狩猟釣りを趣味とし、自分で育てた物や狩った物しか食べないという[5]。本人曰く「米国で販売されている肉なんて物凄く化学製品が使われていて、一体何の肉かも分からない。自分の健康は自分で守らないと」と語っている。
  • ニックネームの由来はスパーリングで誰でもテイクダウンするため「金になるテイクダウンを持つ男」という意味でついた。当初は「Money Shot」というニックネームだったが、WECに出場するようになりペプシコーラなどとスポンサー契約を交わしたため毀損語のShotを外して「マネー」になったという[6]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 7 2 8 0 0 0
4 3 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フランク・エドガー 1R 2:28 KO(左フック) The Ultimate Fighter 22 Finale 2015年12月11日
× コナー・マクレガー 2R 4:57 TKO(左ストレート→パウンド) UFC 189: Mendes vs. McGregor
【UFC世界フェザー級暫定王座決定戦】
2015年7月11日
リカルド・ラマス 1R 2:45 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Mendes vs. Lamas 2015年4月4日
× ジョゼ・アルド 5分5R終了 判定0-3 UFC 179: Aldo vs. Mendes 2
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2014年10月25日
ニック・レンツ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 9: Johnson vs. Benavidez 2 2013年12月14日
クレイ・グイダ 3R 0:30 TKO(右フック→パウンド) UFC 164: Henderson vs. Pettis 2013年8月31日
ダレン・エルキンス 1R 1:08 KO(右フック→パウンド) UFC on FOX 7: Henderson vs. Melendez 2013年4月20日
ヤオツィン・メザ 1R 1:55 KO(右フック→パウンド) UFC on FX 6: Sotiropoulos vs. Pearson 2012年12月15日
コーディ・マッケンジー 1R 0:31 KO(右ボディブロー) UFC 148: Silva vs. Sonnen 2 2012年7月7日
× ジョゼ・アルド 1R 4:59 KO(膝蹴り) UFC 142: Aldo vs. Mendes
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2012年1月14日
ハニ・ヤヒーラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 133: Evans vs. Ortiz 2011年8月6日
小見川道大 5分3R終了 判定3-0 UFC 126: Silva vs. Belfort 2011年2月5日
ハビエル・バスケス 5分3R終了 判定3-0 WEC 52: Faber vs. Mizugaki 2010年11月11日
カブ・スワンソン 5分3R終了 判定3-0 WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2 2010年8月18日
アンソニー・モリソン 1R 2:13 ギロチンチョーク WEC 48 :Aldo vs. Faber 2010年4月24日
エリック・コク 5分3R終了 判定3-0 WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
マイク・ジョイ 5分3R終了 判定3-0 Tachi Palace Fights 1 2009年10月8日
スティーブン・サイラー 1R 0:44 KO(パンチ連打) TPF: Best of Both Worlds 2009年7月16日
アート・アルシニエガ 3分3R終了 判定3-0 PFC: Best of Both Worlds 2 2009年4月23日
リーランド・グライドリー 2R 1:58 TKO(パンチ連打) PFC: Best of Both Worlds 2009年2月6日
ジョヴァンニ・エンカーナシオン 1R 2:06 チョークスリーパー PFC 10: Explosive 2008年9月26日

表彰[編集]

  • レスリング NCAAオールアメリカン(2回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • ESPN ファイト・オブ・ザ・イヤー(2014年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]