小見川道大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小見川 道大
基本情報
本名 小見川 道浩
通称 Micci
吉田道場の狼
吉田道場の荒獅子
柔の餓狼
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-12-19) 1975年12月19日(41歳)
出身地 茨城県
所属 吉田道場
→NEO JUDO ACADEMEY
身長 168cm
体重 65kg
リーチ 170cm
階級 ライト級
フェザー級
バックボーン 柔道
テーマ曲 The Perfect Drug
ナイン・インチ・ネイルズ
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
アジア大会
2002 釜山 66kg級
アジア柔道選手権
2001 ウランバートル 66kg級

小見川 道大(おみがわ みちひろ、1975年12月19日 - )は、日本男性総合格闘家、元柔道家(元柔道強化指定A選手)。茨城県出身。土浦日本大学高等学校国際武道大学卒業。NEO JUDO ACADEMEY所属。柔道三段。小見川道場師範[1]

ワイルドな風貌から「吉田道場の荒獅子」、「柔の餓狼」の異名を持つ。柔道ボクシングを合わせた、ネオ柔道という独自のファイトスタイルを有する。

総合格闘家の小見川和隆は実弟。

来歴[編集]

小学校1年から柔道を始める。土浦日大高校では、同じ柔道部所属の桜井"マッハ"速人レスリング部の宮田和幸と同級生であった。国際武道大学時代には野村忠宏中村行成に勝利したこともある[2]。同じ吉田道場所属の中村和裕は、大学の後輩にあたる。大学卒業後は、綜合警備保障で柔道を続けた。1998年2月、ハンガリー国際66kg級優勝、2002年1月、日本国際66kg級優勝、2003年、7月 トレトリ国際66kg級優勝などの実績を残した。柔道時代も寝技を得意としていて、2001年にはアマチュア総合格闘技大会JTCに出場し、ベスト8。

2005年5月1日、吉田道場所属になったことを発表。同時にリングネームを小見川 道大とした[2]

2005年5月22日、プロデビューとなったPRIDE 武士道 -其の七-アーロン・ライリーと対戦し、1Rに右ハイキックでKO負け。

2005年12月3日、Cage Rage 14ジェシアス・カバウカンチと対戦し、1Rに右フックでKO負け。

UFC・戦極[編集]

2007年9月22日、UFC初参戦となったUFC 76マット・ワイマンと対戦し、0-3の判定負け[3]

2008年1月23日、UFC Fight Night: Swick vs. Burkmanチアゴ・タバレスと対戦し、0-3の判定負け[4]。UFC2連敗となり、UFCをリリースされた。

2008年8月16日、日本復帰戦となったGLADIATORでジョン・チャンソンと対戦し、0-3の判定負けを喫した[5]

2009年1月18日、これまでの70kg級から65kg級へ階級を下げ、初参戦となった修斗石渡伸太郎と対戦し、判定ドロー。

2009年3月20日、戦極初参戦となった戦極 〜第七陣〜のフェザー級グランプリ1回戦でL.C.デイビスに判定勝ちを収めた。試合後、リング上で「俺が負けると思ったやつら、クソッタレ!」とかつてのエンセン井上を思わせる叫びをあげた[6]。この「クソッタレ」をプリントしたTシャツが発売されるなど小見川の代名詞ともなった[7][8]。5月2日、戦極 〜第八陣〜のフェザー級グランプリ2回戦でナム・ファンにパウンドによるTKO勝ちを収めた。

2009年8月2日、戦極 〜第九陣〜のフェザー級グランプリ準決勝でマルロン・サンドロに判定勝ち、決勝では金原正徳に判定負けとなり、準優勝となった。

2009年11月7日、戦極 〜第十一陣〜のフェザー級チャンピオンシップ挑戦者決定戦で幻の決勝戦の相手であった日沖発と対戦し、ベストバウト賞を受賞する熱戦を繰り広げ2-1の判定勝ち。納得のいく勝ち方ができず、試合後のリング上で「小見川道大、クソッタレ!」と叫んだ[9]

DREAM[編集]

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で高谷裕之と対戦し、右ストレートでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めた。

2010年4月25日、吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜ミカ・ミラーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年6月、自身の子供が生まれた。

2010年7月10日、DREAM初参戦となったDREAM.15ジョン・ヨンサムと対戦し、フロントチョークで自身初の一本勝ちを収めた。

2010年9月25日、DREAM.16コール・エスコベドと対戦し、アームバーによる一本勝ち。試合後のリング上で「世界のフェザー級の、世界の中心は俺だ」とマイクアピールした[10]

UFC復帰[編集]

2011年2月5日、3年ぶりのUFC参戦となったUFC 126チャド・メンデスと対戦し、0-3の判定負けを喫した[11]

2011年6月11日、UFC 131ダレン・エルキンスと対戦し、0-3の判定負け[12]。判定が物議を醸す内容であったため、負けた小見川にも勝利者ボーナスが支払われた[13]

2011年11月5日、UFC 138でジェイソン・ヤングと対戦し、3-0の判定勝ちを収め、UFC初勝利となった[14]

2012年1月14日、UFC 142ユーリ・アルカンタラと対戦し、0-3の判定負け[15]

2012年8月4日、UFC on FOX 4マニー・ガンブリャンと対戦し、判定負け。この試合を境にUFCをリリースされた。フェザー級でのUFC戦績を1勝4敗とした。

UFCリリース後[編集]

2012年12月31日、DREAM.18 & GLORY 4川尻達也と対戦し、判定負け。

2013年6月22日、韓国で開催されたROAD FC 12でクォン・ベョンと対戦し、判定負け。4連敗となった。

巌流島[編集]

2016年10月21日、巌流島 全アジア武術選手権大会 2016 in TOKYOに参戦。 1回戦、準決勝と1本勝ちで決勝に駒を進め、決勝戦では、菊野克紀と対戦し、レフリーストップで負けを喫した。

2017年5月6日、巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMAで楠ジャイロ選手と対戦し、体重差から苦戦が予想されたが、終始試合をコントロールし、最後は巴投げの大技で勝利を収めた。

小見川道場[編集]

2015年3月7日、神奈川県横浜市青葉台に小見川道場を開設[1]。年少の部、小学生の部、一般の部とクラス別に柔道を指導。また、一般の部では"NEO JUDO"と称して「総合格闘技」も指導する。現横浜市青葉区柔道協会副会長(2016年3月時点)[16]

戦績[編集]

幼少期[編集]

  • 全国少年柔道錬成大会優勝
  • 茨城県大会 学年別個人戦 5年生-3位 6年生-3位
  • 全国中学柔道大会 中学2年-55kg級ベスト8 中学3年-65kg級ベスト8

高校時代[編集]

  • インターハイ-60kg級 準優勝

大学・社会人時代[編集]

  • 全日本学生柔道体重別選手権大会 優勝
  • ハンガリー国際柔道大会 優勝
  • ユニバーシアード競技大会 優勝
  • 嘉納治五郎杯国際柔道大会 2位
  • ドイツ国際柔道大会 2位
  • 釜山アジア競技大会 3位
  • 全日本強化A指定選手
  • 全日本選抜柔道体重別選手権 2位
  • 日本国際柔道大会 優勝
  • トレトリ国際柔道大会 優勝

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 5 6 9 0 1 0
15 2 1 12 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
楠ジャイロ TKO 2R 2分31秒(巴投げ) 「巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA」
第6試合 無差別級
2017年5月6日
× 菊野克紀 一本 2R 35秒 レフェリーストップ 「巌流島 全アジア武術選手権大会」
トーナメント決勝戦 3分3R
2016年10月21日
アリ・マルバクティアリ 一本 1R 2分36秒(右フック) 「巌流島 全アジア武術選手権大会」
トーナメント準決勝 第2試合
2016年10月21日
張文勝 一本 1R 1分08秒 「巌流島 全アジア武術選手権大会」
トーナメント1回戦 第3試合
2016年10月21日
テディ・バイオレット 5分3R終了 判定2-1 WSOF GC 2: Japan 1 2016年2月7日
中村ジュニア 5分3R終了 判定3-0 GRANDSLAM 3 -Way of the Cage- 2015年9月12日
梅田恒介 1R 1:26 フロントチョーク DEEP CAGE IMPACT 2015 2015年7月20日
ピーター・シペタ 1R 1:02 アームバー DEEP 68 IMPACT 2014年8月23日
× クォン・ベョン 5分2R終了 判定0-3 ROAD FC 12 2013年6月22日
× 川尻達也 5分3R終了 判定0-3 DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜 2012年12月31日
× マニー・ガンブリャン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 4: Shogun vs. Vera 2012年8月4日
× ユーリ・アルカンタラ 5分3R終了 判定0-3 UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
ジェイソン・ヤング 5分3R終了 判定3-0 UFC 138: Leben vs. Munoz 2011年11月5日
× ダレン・エルキンス 5分3R終了 判定0-3 UFC 131: dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
× チャド・メンデス 5分3R終了 判定0-3 UFC 126: Silva vs. Belfort 2011年2月5日
コール・エスコベド 1R 2:30 アームバー DREAM.16 2010年9月25日
ジョン・ヨンサム 1R 7:31 フロントチョーク DREAM.15 2010年7月10日
ミカ・ミラー 5分3R終了 判定3-0 吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜 2010年4月25日
高谷裕之 1R 2:54 TKO(右ストレート→パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
日沖発 5分3R終了 判定2-1 戦極 〜第十一陣〜
【戦極フェザー級チャンピオンシップ挑戦者決定戦】
2009年11月7日
× 金原正徳 5分3R終了 判定1-2 戦極 〜第九陣〜
【フェザー級グランプリ2009 決勝】
2009年8月2日
マルロン・サンドロ 5分3R終了 判定2-1 戦極 〜第九陣〜
【フェザー級グランプリ2009 準決勝】
2009年8月2日
ナム・ファン 1R 4:52 TKO(パウンド) 戦極 〜第八陣〜
【フェザー級グランプリ2009 2回戦】
2009年5月2日
L.C.デイビス 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第七陣〜
【フェザー級グランプリ2009 1回戦】
2009年3月20日
石渡伸太郎 5分3R終了 判定0-0 "修斗伝承 05" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2009年1月18日
× ジョン・チャンソン 5分2R終了 判定0-3 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR 2008年8月16日
× チアゴ・タバレス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Swick vs. Burkman 2008年1月23日
× マット・ワイマン 5分3R終了 判定0-3 UFC 76: Knockout 2007年9月22日
松下直揮 2R 1:17 TKO(バックマウントパンチ) DEEP 29 IMPACT 2007年4月13日
オ・ウォンジン 1R 4:25 TKO(右フック) DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日
青木隆明 5分2R終了 判定3-0 club DEEP 東京 2006年12月9日
× 横田一則 5分3R終了 判定0-2 DEEP 26 IMPACT 2006年10月10日
× Barbaro44 5分3R終了 判定0-3 club DEEP 富山 〜野蛮人祭り4〜 2006年6月18日
ジェイソン・チェンバース 5分3R終了 判定2-1 Icon Sport: Lawler vs. Niko 2 2006年2月25日
× ジェシアス・カバウカンチ 1R 0:49 KO(右フック) Cage Rage 14: Punishment 2005年12月3日
× アーロン・ライリー 1R 6:00 KO(右ハイキック) PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日

シュートボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
4 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
3 0 3 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
MASAYA 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING2014 act.2〜BONDS 絆〜 2014年4月18日
× 鈴木博昭 3R延長2R 1:54 KO(跳び膝蹴り) S-cup2013 65kg日本トーナメント決勝戦 2013年11月16日
西浦"ウィッキー"聡生 3R延長1R終了 延長判定3-0 S-cup2013 65kg日本トーナメント準決勝 2013年11月16日
小宮由紀博 3R終了 判定3-0 S-cup2013 65kg日本トーナメント1回戦 2013年11月16日

表彰[編集]

  • 戦極 ベストバウト賞(1回)

脚注[編集]

  1. ^ a b 道場開き 小見川 道大twitter
  2. ^ a b [PRIDE] 柔道強豪の小見川道大、村田龍一が吉田道場入り BoutReview 2005年5月3日
  3. ^ 【UFC 76】小見川は残念な黒星デビュー MMAPLANET 2007年09月23日
  4. ^ 【UFN12】小見川は無念の判定負け MMAPLANET 2008年1月24日
  5. ^ 【グラジエーター】ミノワマン、フライから一本!日韓戦は1勝5敗で日本が大敗… 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年8月16日
  6. ^ 【戦極】フェザー級GP開幕戦、日沖&小見川&金原が2回戦進出!川村はモーの牙城を崩せず 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月20日
  7. ^ クソッタレ 小見川道大オフィシャルブログ 2009年9月23日
  8. ^ 小見川道大 クソッタレTシャツ J-ROCK SHOP
  9. ^ 【戦極】大晦日に駒を進めるのは誰だ!?小見川、横田、郷野が勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月7日
  10. ^ 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け!(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  11. ^ 【UFC126】小見川、オクタゴン再出陣も結果は厳しく MMAPLANET 2011年2月6日
  12. ^ 【UFC131】小見川道大謎の判定に無念 Fight! miruhon.net 2011年6月12日
  13. ^ ダナ・ホワイトtwitter Twitter 2011年6月10日
  14. ^ 【UFC138】小見川、念願のUFC初勝利をゲット!! MMAPLANET 2011年11月6日
  15. ^ 【UFC142】小見川、健闘虚しく判定負け MMAPLANET 2012年1月15日
  16. ^ 小見川道場正式オープン小見川 道大twitter

関連項目[編集]

外部リンク[編集]