UFC 179

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 179: Aldo vs. Mendes 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2014年10月25日
開催地 ブラジルの旗 ブラジル
リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
会場 マラカナンジーニョ体育館
試合数 全11試合
放送局 WOWOW
入場者数 11,415人
PPV購入数 18万件[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: MacDonald vs. Saffiedine UFC 179: Aldo vs. Mendes 2 UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping

UFC 179: Aldo vs. Mendes 2(ユーエフシー・ワンセブンティナイン:アルド・バーサス・メンデス・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2014年10月25日ブラジルリオデジャネイロ州リオデジャネイロマラカナンジーニョ体育館で開催された。

大会概要[編集]

本大会ではジョゼ・アルドチャド・メンデスによるUFC世界フェザー級タイトルマッチが組まれた[2]

スコット・ヨルゲンセン(128ポンドで3ポンドオーバー)、ファブリシオ・カモエス(158ポンドで3ポンドオーバー)、トニー・マーティン(157ポンドで2ポンドオーバー)の3選手が計量失敗となり、第1試合と第4試合はキャッチウェイトで行われることになった[3]

RFATPFライト級統一王者クリストス・ギアゴスがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • ジョシュ・ショックレイ → トニー・マーティン(第1試合)
  • アラン・パトリック → カルロス・ディエゴ・フェレイラ(第7試合)

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 71.7kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・マーティン vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・カモエス ×
1R 4:16 キムラロック
※両者の体重超過によりライト級から変更。
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ギルバート・バーンズ vs. アメリカ合衆国の旗 クリストス・ギアゴス ×
1R 4:57 腕ひしぎ十字固め

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンドレ・フィリ vs. ブラジルの旗 フェリペ・アランテス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第4試合 58kg契約ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ウィルソン・ヘイス vs. アメリカ合衆国の旗 スコット・ヨルゲンセン ×
1R 3:28 肩固め
※ヨルゲンセンの体重超過によりフライ級から変更。
第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ヤン・カブラル vs. 日本の旗 小谷直之 ×
2R 3:06 リアネイキドチョーク
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニール・マグニー vs. ブラジルの旗 ウィリアム・マカリオ ×
3R 2:40 TKO(マウントパンチ)

メインカード[編集]

第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
イランの旗 ベニール・ダリウシュ vs. ブラジルの旗 カルロス・ディエゴ・フェレイラ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダレン・エルキンス vs. ブラジルの旗 ルーカス・マルチンス ×
3R終了 判定2-1(27-30、30-27、30-27)
第9試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ファビオ・マルドナド vs. オランダの旗 ハンス・ストリンガー ×
2R 4:06 TKO(パウンド)
第10試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・デイヴィス vs. ブラジルの旗 グローバー・テイシェイラ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 UFC世界フェザー級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド vs. アメリカ合衆国の旗 チャド・メンデス ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、49-46)
※アルドが7度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトジョゼ・アルド vs. チャド・メンデス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトファビオ・マルドナド、ギルバート・バーンズ
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]