UFC 55

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 55: Fury
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2005年10月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州アンキャスビル
会場 モヒガン・サン・アリーナ
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 8,000人
PPV購入数 125,000件[1]
イベント時系列
Ultimate Fight Night 2 UFC 55: Fury The Ultimate Fighter 2 Finale

UFC 55: Fury(ユーエフシー・フィフティファイブ:フューリー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2005年10月7日コネチカット州アンキャスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催された。

大会メインイベントでは、アンドレイ・アルロフスキーポール・ブエンテロによるUFC世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ヘビー級タイトルマッチでは、王者アンドレイ・アルロフスキーが挑戦者ポール・ブエンテロを試合開始15秒でKOし、ヘビー級王座の初防衛に成功した。

なお、負傷により欠場したイアン・フリーマンの代わりにエルヴィス・シノシックがそれぞれ出場した[2]。また、プレリミナリィカードは第2試合を除いて全てPPVで放送された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライトヘビー級 5分3R
イタリアの旗 アレッシオ・サカラ vs. アメリカ合衆国の旗 ロン・フェアクロス -
2R 0:10 無効試合(ローブロー)
第2試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズ vs. 日本の旗 国原継悟 ×
2R 1:02 フロントチョーク
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・リベラ vs. アメリカ合衆国の旗 デニス・ホールマン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・リッグス vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ライトル ×
2R 2:00 TKO(ドクターストップ:カット)
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 レナート・ババル vs. アメリカ合衆国の旗 チェール・ソネン ×
2R 1:20 三角絞め
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フォレスト・グリフィン vs. オーストラリアの旗 エルヴィス・シノシック ×
1R 3:22 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第7試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブランドン・リー・ヒンクル vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・ギャノン ×
1R 4:14 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. アメリカ合衆国の旗 ポール・ブエンテロ ×
1R 0:15 KO(右フック)
※アルロフスキーが王座の初防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout
  2. ^ UFC 55: Fury - Fight Card Update UFC公式サイト 2005年9月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]