UFC 36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 36: Worlds Collide
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2002年3月22日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 10,000人
入場収益 898,850USドル
PPV購入数 55,000件[1]
イベント時系列
UFC 35: Throwdown UFC 36: Worlds Collide UFC 37: High Impact

UFC 36: Worlds Collide(ユーエフシー・サーティシックス:ワールズ・コライド)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年3月22日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ヘビー級タイトルマッチでは、挑戦者ジョシュ・バーネットが王者ランディ・クートゥアにTKO勝ちし、全階級を通じて史上最年少となる24歳でのUFC王座戴冠を果たしたが、試合後の薬物検査で陽性反応となり、王座は剥奪された。

第6試合の世界ウェルター級タイトルマッチでは、王者マット・ヒューズが前修斗ミドル級(-76kg)王者桜井"マッハ"速人からTKO勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

試合結果[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ショーン・シャーク vs. 日本の旗 中尾受太郎 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・セラ vs. アメリカ合衆国の旗 ケリー・デュランティ ×
1R 2:58 三角絞め
第3試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・ウィリアムス ×
1R 0:46 新型キムラアームバー
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・タナー vs. オーストラリアの旗 エルヴィス・シノシック ×
1R 2:06 TKO(ドクターストップ:カット)
第5試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド vs. アメリカ合衆国の旗 パット・ミレティッチ ×
1R 3:09 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第6試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. 日本の旗 桜井"マッハ"速人 ×
4R 3:01 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
※ヒューズが王座の初防衛に成功。
第7試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ペドロ・ヒーゾ vs. ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー ×
3R 1:45 KO(スタンドパンチ連打)
第8試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア ×
2R 4:35 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※バーネットが王座獲得に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]

外部リンク[編集]