ペドロ・ヒーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ペドロ・ヒーゾ
基本情報
本名 ペドロ・アウグスト・ヒーゾ
(Pedro Augusto Rizzo)
通称 ザ・ロック (The Rock)
金網のビッグ・ベアー
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-05-03) 1974年5月3日(44歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
所属 ファス・バーリ・トゥード
身長 185cm
体重 109kg
リーチ 196cm
階級 ヘビー級
バックボーン ムエタイルタ・リーブリ
テンプレートを表示

ペドロ・ヒーゾPedro Rizzo1974年5月3日 - )は、ブラジル男性総合格闘家リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身。ファス・バーリ・トゥード所属。ブラジリアン柔術黒帯。

マルコ・ファスの一番弟子。スタンドでの打撃を得意とする。

来歴[編集]

アメリカのWorld Vale Tudo Championshipで活躍後、UFCに参戦。タンク・アボットマーク・コールマン高阪剛ダン・スバーンジョシュ・バーネットアンドレイ・アルロフスキーなどの強豪を撃破して名を馳せた。ただし、3度行われた世界ヘビー級タイトルマッチではケビン・ランデルマンに1度、ランディ・クートゥアに2度敗れ、タイトルには手が届かなかった。

2005年6月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、サッカーボールキックからのパウンドでKO負け。

2006年2月26日、PRIDE.31ローマン・ゼンツォフと対戦し、左フックでKO負け。

2007年3月9日、Art of War 1のIFAヘビー級王座決定戦でジャスティン・エイラーズと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2007年9月1日、Art of War 3のIFAヘビー級タイトルマッチでジェフ・モンソンと対戦し、パンチ連打でTKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2008年7月19日、Affliction: Bannedで約7年半振りにジョシュ・バーネットと再戦し、2ラウンドに左フックでKO負け。

2009年6月27日、Ultimate Chaosでギルバート・アイブルと対戦し、パウンドでKO負けを喫した[2]

2012年6月21日、ロシアで開催されたM-1 Globalエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パウンドでKO負けを喫した[3]

2015年9月12日、ブラジルで開催されたFace to Faceでアンドリュー・フローレス・スミスと対戦し、ローキックでTKO勝ち。試合後に引退を表明した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 12 4 4 0 0 0
11 7 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アンドリュー・フローレス・スミス 1R終了時 TKO(ローキック) Face to Face 12: Rizzo vs. Flores 2015年9月12日
× 石井慧 5分3R終了 判定0-3 IGF GENOME26 2013年5月26日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 1:24 KO(左フック→パウンド) M-1 Global: Fedor vs. Rizzo 2012年6月21日
ケン・シャムロック 1R 3:33 TKO(ローキック→パウンド) Impact FC 2: The Uprising Sydney 2010年7月18日
ゲーリー・グッドリッジ 2R終了時 TKO(棄権) Washington Combat: Battle of the Legends 2010年5月15日
ジェフ・モンソン 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat 4 2009年9月12日
× ギルバート・アイブル 1R 2:10 KO(パウンド) FFI: Ultimate Chaos 2009年6月27日
× ジョシュ・バーネット 2R 1:44 KO(左フック) Affliction: Banned 2008年7月19日
ジェフ・モンソン 3R 2:40 TKO(パンチ連打) Art of War 3
【IFAヘビー級タイトルマッチ】
2007年9月1日
ジャスティン・エイラーズ 5分3R終了 判定3-0 Art of War 1
【IFAヘビー級王座決定戦】
2007年3月9日
× ローマン・ゼンツォフ 1R 0:25 KO(左フック) PRIDE.31 Dreamers 2006年2月26日
× セルゲイ・ハリトーノフ 1R 2:02 KO(パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND 2005年6月26日
リコ・ロドリゲス 5分3R終了 判定3-0 UFC 45: Revolution 2003年11月21日
トレイ・テリグマン 2R 4:25 TKO(ドクターストップ) UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
× ウラジミール・マティシェンコ 5分3R終了 判定0-3 UFC 41: Onslaught 2003年2月28日
× ガン・マッギー 1R終了時 TKO(タオル投入) UFC 39: The Warriors Return 2002年9月27日
アンドレイ・アルロフスキー 3R 1:45 KO(スタンドパンチ連打) UFC 36: Worlds Collide 2002年3月22日
× ランディ・クートゥア 3R 1:38 TKO(パウンド) UFC 34: High Voltage
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2001年11月2日
× ランディ・クートゥア 5分5R終了 判定0-3 UFC 31: Locked and Loaded
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2001年5月4日
ジョシュ・バーネット 2R 4:21 KO(右フック) UFC 30: Battle on the Boardwalk 2001年2月23日
ダン・スバーン 1R 1:33 ギブアップ(ローキック) UFC 27: Ultimate Bad Boyz 2000年9月22日
× ケビン・ランデルマン 5分5R終了 判定0-3 UFC 26: Ultimate Field Of Dreams
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2000年6月9日
高阪剛 3R 1:12 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 23: Ultimate Japan 2 1999年11月14日
トレイ・テリグマン 1R 4:29 KO(右ストレート) UFC 20: Battle for the Gold 1999年5月7日
マーク・コールマン 15分1R終了 判定2-1 UFC 18: The Road to the Heavyweight Title 1999年1月8日
タンク・アボット 1R 8:07 KO(右ストレート) UFC Brazil: Ultimate Brazil 1998年10月16日
リチャード・ハード 1R 13:12 ギブアップ(パンチ連打) World Vale Tudo Championship 3
【WVCスーパーファイト王座決定戦】
1997年1月19日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 1R 6:30 KO(キック) World Vale Tudo Championship 2
【決勝】
1996年11月10日
ミハエル・ティエロイ 1R 0:18 V1アームロック World Vale Tudo Championship 2
【準決勝】
1996年11月10日
ニコラウス・ニコラウス 1R 1:49 ギブアップ(パウンド) World Vale Tudo Championship 2
【1回戦】
1996年11月10日
エリック・ラバイユ 1R 2:57 TKO(パンチ連打) IMA: Battle of Styles 1996年10月26日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マイケル・トンプソン 3R 1:19 TKO(左瞼負傷) K-1 HERCULES 1995年12月9日

獲得タイトル[編集]

  • World Vale Tudo Championship 2 優勝(1996年)
  • 第2代WVCスーパーファイト王座(1997年)
  • IFAヘビー級王座(2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]