アンドレイ・アルロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・アルロフスキー
Arlovski.png
基本情報
本名 アンドレイ・アルロフスキー
(Андрэй Арлоўскі)
通称 ザ・ピットブル (The Pit Bull)
国籍 ベラルーシの旗 ベラルーシ
生年月日 1979年2月4日(36歳)
出身地 ミンスク
所属 フリーランス
→アルロフスキー・ピットブル・チーム
ジャクソンズMMA
身長 193cm
体重 110kg
リーチ 196cm
階級 ヘビー級
スタイル サンボキックボクシング
テンプレートを表示

アンドレイ・アルロフスキーAndrei Arlovski、男性、1979年2月4日 - )は、ベラルーシ総合格闘家ミンスク出身。アメリカ合衆国イリノイ州在住。ジャクソンズMMA所属。元UFC世界ヘビー級王者。

ハイレベルなボクシングテクニックと組み技を武器としている。またサンボ出身であるため、関節技も得意とする。ヒゲを生やし、牙がデザインされたマウスピースを着用して試合に臨むことが多い。

来歴[編集]

14歳までサッカーをしておりポジションはゴールキーパーであった。18歳で警察学校に入学し、護身術として教えられていたサンボと出会い、1年後にはサンボ世界選手権で3位に入った。翌年には優勝を果たし、翌々年には連覇を達成した。また他の格闘術に興味を持ち、キックボクシングを習い始めた。

総合格闘家になることを決意し、1999年4月9日にロシアで開催された総合格闘技大会M-1 MFCのワンマッチでデビュー。ヴィアチェスラフ・ダトシクと対戦し、1ラウンドでKO負け。1年後の2000年4月9日にはM-1のヨーロッパ選手権トーナメントに出場し、決勝でローマン・ゼンツォフをTKOで下し優勝を果たした。

UFC[編集]

2000年11月11日、UFC初参戦となったUFC 28でアーロン・ブリンクと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2001年6月29日、UFC 32リコ・ロドリゲスと対戦し、マウントパンチでTKO負けを喫した。続くペドロ・ヒーゾとの試合では散発的な打撃に終始してしまい、3ラウンドに勝負をかけてきたヒーゾにKO負けを喫し、UFC2連敗となった。

2002年、UFC 40イアン・フリーマンと対戦し、1ラウンドTKO勝ち。UFC 44ウラジミール・マティシェンコと対戦し、右アッパーで1ラウンドTKO勝ちを収めた。UFC 47ではウェズリー・コレイラに2ラウンドTKO勝ち。

正規王者フランク・ミアの交通事故による怪我によって制定された暫定王座を懸けてUFC 51ティム・シルビアと対戦。開始早々に右のパンチでダウンを奪うと、アキレス腱固めで一本勝ちを収め王座獲得。暫定王座初防衛戦となったUFC 53では、ジャスティン・エイラーズと対戦し、試合中に右膝の負傷でダウンしたエイラーズにパウンドを浴びせTKO勝ち。

2005年10月7日、UFC 55ポール・ブエンテロと暫定王座防衛戦で対戦。開始15秒、ブエンテロの左に合わせたカウンターの右フックによるKO勝ちで、UFC6連勝を果たした。一瞬の出来事だったため観客が理解出来ずブーイングが起こってしまい、実況も分からずに「何が起こった!」と言ってしまう程だったが、KOの瞬間がスクリーンに映し出されると大歓声で称えられた。また、ミアが防衛戦を行えなかったために、遡って8月12日付けでUFC世界ヘビー級正王者と認定された。

2006年4月15日、UFC 59で王座防衛戦としてティム・シルビアと再戦。1ラウンドに右のパンチでシルビアからダウンを奪うも、背を向け立ち上がろうとするシルビアに対しスタンドを許してしまう。再びパンチで前に出たがシルビアがカウンター気味に放ったアッパーでダウンしてしまい、そのままパウンドを貰い逆転のTKOで敗れ、王座から陥落した。同年7月8日のUFC 61でシルビアとの3度目の対戦が組まれ、王座奪還に挑んだが、判定で敗れ王座奪還に失敗した。

2006年12月30日、UFC 66アブダビコンバット王者の柔術家マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズと対戦。グラウンドでの反則をめぐり揉める場面もあったが、パウンドでKO勝ちを収めた。

2007年4月21日、イギリスで行われたUFC 70ファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年3月1日、UFC 82ジェイク・オブライエンと対戦し、マウントパンチでTKO勝ち。

同年、契約延長の交渉がまとまらずUFCを離れることとなった。

UFC離脱後[編集]

2008年7月19日、Affliction旗揚げ戦Affliction: Bannedベン・ロズウェルと対戦し、右アッパーでKO勝ち[1]。10月4日にはEliteXC: Heatに出場し、IFLヘビー級王者ロイ・ネルソンと対戦。パスガードを許す場面もあったが、2Rに打撃を利かせKO勝ちを収めた[2]

2009年1月24日、Affliction: Day of Reckoningにてエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。相手をコーナーに追いつめ、跳び膝蹴りを浴びせようとするも、カウンターの右フックで失神KO負け[3]

2009年6月6日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Lawler vs. Shieldsブレット・ロジャースと対戦するも試合開始早々パンチの連打を受け22秒でTKO負けを喫した[4]

2010年5月15日、Strikeforce: Heavy Artilleryアントニオ・シウバと対戦し、0-3の判定負け[5]

2010年10月2日に開催されたK-1トーナメント(K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16)でラウル・カティナスと対戦予定だったが[6]鼻骨骨折のため出場できなかった[7]

2011年2月12日、Strikeforce: Fedor vs. Silvaのワールドグランプリ1回戦でセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、失神KO負けを喫した[8]

2012年8月31日、ONE FC初参戦となったONE FC 5ティム・シルビアと対戦。アルロフスキーの放った反則のサッカーボールキックでシルビアが戦闘不能となったためノーコンテストとなった。

UFC復帰[編集]

2014年6月14日、6年3か月ぶりのUFC参戦となったUFC 174でヘビー級ランキング14位のブレンダン・シャウブと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2014年9月13日、UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovskiでヘビー級ランキング4位のアントニオ・シウバと4年ぶりに再戦し、右ストレートでダウンを奪った後のパウンドでKO勝ち。リベンジを果たし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
34 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 16 3 4 0 0 1
10 7 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アントニオ・シウバ 1R 2:59 KO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Bigfoot vs. Arlovski 2014年9月13日
ブレンダン・シャウブ 5分3R終了 判定2-1 UFC 174: Johnson vs. Bagautinov 2014年6月14日
アンドレアス・クラニオタキス 2R 3:14 TKO(パンチ連打) Fight Nights: Battle on Nyamiha 2013年11月29日
マイク・カイル 5分3R終了 判定3-0 WSOF 5: Arlovski vs. Kyle 2013年9月14日
× アンソニー・ジョンソン 5分3R終了 判定0-3 WSOF 2: Arlovski vs. Johnson 2013年3月23日
マイク・ヘイズ 5分3R終了 判定3-0 Fight Nights: Battle of Moscow 9 2012年12月16日
デヴィン・コール 1R 2:37 TKO(右フック→パウンド) WSOF 1: Arlovski vs. Cole 2012年11月3日
ティム・シルビア 2R 4:46 ノーコンテスト(反則) ONE FC 5: Pride of a Nation 2012年8月31日
トラビス・フルトン 3R 4:59 KO(左ハイキック) ProElite 2: Big Guns 2011年11月5日
レイ・ロペス 3R 2:43 TKO(マウントパンチ) ProElite: Arlovski vs. Lopez 2011年8月27日
× セルゲイ・ハリトーノフ 1R 2:49 KO(右フック→パウンド) Strikeforce: Fedor vs. Silva
【ワールドグランプリ ヘビー級トーナメント 1回戦】
2011年2月12日
× アントニオ・シウバ 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
× ブレット・ロジャース 1R 0:22 TKO(スタンドパンチ連打) Strikeforce: Lawler vs. Shields 2009年6月6日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 3:14 KO(右フック) Affliction: Day of Reckoning
【WAMMA世界ヘビー級タイトルマッチ】
2009年1月24日
ロイ・ネルソン 2R 3:14 KO(右ストレート) EliteXC: Heat 2008年10月4日
ベン・ロズウェル 3R 1:13 KO(スタンドパンチ連打) Affliction: Banned 2008年7月19日
ジェイク・オブライエン 2R 4:17 TKO(マウントパンチ) UFC 82: Pride of a Champion 2008年3月1日
ファブリシオ・ヴェウドゥム 5分3R終了 判定3-0 UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズ 1R 3:15 KO(パウンド) UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
× ティム・シルビア 5分5R終了 判定0-3 UFC 61: Bitter Rivals
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2006年7月8日
× ティム・シルビア 1R 2:43 TKO(右アッパー→パウンド) UFC 59: Reality Check
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2006年4月15日
ポール・ブエンテロ 1R 0:15 KO(右フック) UFC 55: Fury
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2005年10月7日
ジャスティン・エイラーズ 1R 4:10 TKO(パウンド) UFC 53: Heavy Hitters
【UFC世界ヘビー級暫定タイトルマッチ】
2005年6月4日
ティム・シルビア 1R 0:47 アキレス腱固め UFC 51: Super Saturday
【UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦】
2005年2月5日
ウェズリー・コレイラ 2R 1:15 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 47: It's On! 2004年4月2日
ウラジミール・マティシェンコ 1R 1:59 KO(右アッパー) UFC 44: Undisputed 2003年9月26日
イアン・フリーマン 1R 1:25 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 40: Vendetta 2002年11月22日
× ペドロ・ヒーゾ 3R 1:45 KO(スタンドパンチ連打) UFC 36: Worlds Collide 2002年3月22日
× リコ・ロドリゲス 3R 1:23 TKO(マウントパンチ) UFC 32: Showdown in the Meadowlands 2001年6月29日
アーロン・ブリンク 1R 0:55 腕ひしぎ十字固め UFC 28: High Stakes 2000年11月17日
ジョン・ディクソン 1R KO(パンチ連打) Super Fight at International Tournament 2000年5月13日
ローマン・ゼンツォフ 1R 1:18 TKO(パンチ連打) M-1 MFC: European Championship 2000
【決勝】
2000年4月9日
ミハエル・ティエロイ 1R 1:25 フロントチョーク M-1 MFC: European Championship 2000
【1回戦】
2000年4月9日
× ヴィアチェスラフ・ダトシク 1R 6:05 KO(右ストレート) M-1 MFC: World Championship 1999 1999年4月9日

獲得タイトル[編集]

出演映画[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
UFC世界ヘビー級暫定王者

2005年2月5日 - 2005年8月12日

次王者
王座廃止
前王者
フランク・ミア
第11代UFC世界ヘビー級王者

2005年8月12日 - 2006年4月15日

次王者
ティム・シルビア