タンク・アボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンク・アボット
Tank2015.jpg
基本情報
本名 デイヴィッド・リー・アボット
(David Lee Abbott)
通称 タンク (Tank)
伝説のストリート・ファイター
喧嘩屋
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1965-04-26) 1965年4月26日(51歳)
出身地 カリフォルニア州ハンティントンビーチ
所属 フリーランス
→ピットファイティング
身長 183cm
体重 113kg
階級 ヘビー級
バックボーン フリーファイト
テンプレートを表示

タンク・アボットTank Abbott1965年4月26日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家プロレスラーカリフォルニア州ハンティントンビーチ出身。ピットファイティング所属。

来歴[編集]

アメリカンフットボールコーチであった父親の影響で5歳の頃からアメリカンフットボールを始め、9歳になるとレスリングを始めた。中学時にレスリングでオールアメリカンに選抜されたこともあるが、交通事故で左膝に大怪我を負いその道を断念した。高校入学後、金を賭けるストリートファイト「ピットファイティング」を行うようになり、本人曰く、負けることはほとんどなかったという[1]

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒業後、働きながらもストリートファイトに明け暮れる生活を送っていたが、逮捕され刑務所に入れられた。刑務所でストリートファイト時代に名を馳せていたキモUFC 3ホイス・グレイシーを追い込んだことに刺激を受け、UFC参戦を決意した[1]

1995年7月14日、UFC 6トーナメントに「喧嘩150戦無敗」のキャッチフレーズでUFC初参戦。身長188cm、体重181kgのジョン・マツアを開始20秒で失神KOした。決勝ではオレッグ・タクタロフサンボテクニックの前に敗れ、優勝を逃すも勝ったタクタロフに一人では起き上がれないほどの深いダメージを与え、一夜にして人気者となった。

1995年12月16日、Ultimate Ultimate 1995トーナメント1回戦ではUFC 3優勝者で現役警察官のスティーブ・ジェナムと対戦。相手の頭を頭で金網に押し付けただけでタップアウト勝ち。[2]準決勝でUFC 5優勝者のダン・スバーンに敗れたが、後頭部を200発以上殴られても決してタップせず、判定負けがコールされる前に平然とオクタゴンを立ち去った(この姿には勝者のスバーンも驚愕していた)。

1996年12月7日、Ultimate Ultimate 1996ではダン・スバーンの弟子でUFC 8優勝のドン・フライと戦い、開始早々にジャブでダウンさせるものの、寝技に持ち込まれチョークスリーパーで一本負け。

1997年5月30日、UFC 13ビクトー・ベウフォートと対戦し、自身初のTKO負けを喫した。

1997年10月11日、PRIDE.1キモ戦が組まれたが、試合の直前に傷害事件を起こし、来日不可能となった。代打として偶然プロレスで来日していたダン・スバーンがキモと対戦した。

1997年10月17日、UFC 15のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでダン・スバーンの代役として王者モーリス・スミスに挑戦し、ローキック連打でギブアップ負けを喫し王座獲得に失敗した。

1997年12月21日、日本で開催されたUFC Japanのヘビー級トーナメント1回戦で安生洋二と対戦し、パウンドで攻め、3-0の判定勝ち。しかし、この試合で拳を骨折し決勝戦を棄権した。

1998年5月15日、UFC 17でウゴ・デュアルチと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

1998年10月16日、UFC Brazilペドロ・ヒーゾと対戦し、右ストレートでKOを負けを喫した。

1999年からメジャープロレス団体WCWに入団。同団体が解散した2001年まで在籍した。

2005年8月28日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦吉田秀彦と対戦し、片羽絞めで一本負けを喫した。

2007年4月21日、Cage Rage 21で欠場したボブ・サップの代役として急遽出場。ゲーリー・ターナーと対戦し、1RTKOを喫した。

2008年2月16日、EliteXCキンボ・スライスと対戦し、開始43秒でKO負けを喫した。

人物・エピソード[編集]

頑健な肉体と人間離れしたパワーの持ち主であり、ベンチプレスでは270kgを挙げる。また「試合のために格闘技の練習をしてるんじゃない!」とインタビューで語っている。宿泊ホテル内でパトリック・スミスと口論になり、エレベーター内で彼を一方的に暴行したことがある。子供のころから機関銃を携帯しており、スラム街や酒場で毎日のように喧嘩をしていた。UFCで初めて当時は義務化されていなかったオープンフィンガーグローブ(OFG)を着用して戦った格闘家でもある。なお、舎弟であり、桜庭和志との対戦経験もあるポール・ヘレラがレスリングを教えていたティト・オーティズチャック・リデル(共に元UFCライトヘビー級王者)、両名はタンク・アボット軍団の元構成員。両者共、アボットを介してUFCデビューをしている。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
10 6 3 1 0 0 0
15 7 6 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ルーベン・ビシャレアル 2R 2:06 TKO(パンチ連打) KOTC: Fighting Legends
【KOTCヘビー級スーパーファイト王座決定戦】
2013年4月13日
マイク・ボーク 1R 0:29 KO(パンチ連打) WarGods / Ken Shamrock Productions: The Valentine's Eve Massacre 2009年2月13日
× キンボ・スライス 1R 0:43 KO(スタンドパンチ連打) EliteXC: Street Certified 2008年2月16日
× ゲーリー・ターナー 1R 2:31 TKO(パウンド) Cage Rage 21: Judgement Day 2007年4月21日
× ポール・ブエンテロ 1R 0:43 KO(右ストレート) Strikeforce: Tank vs. Buentello 2006年10月7日
× 吉田秀彦 1R 7:40 片羽絞め PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦 2005年8月28日
ウェズリー・コレイラ 1R 1:23 KO(パンチ) Rumble on the Rock 7 2005年5月7日
× ウェズリー・コレイラ 1R 2:14 TKO(カット) UFC 45: Revolution 2003年11月21日
× キモ 1R 1:59 肩固め UFC 43: Meltdown 2003年6月6日
× フランク・ミア 1R 0:46 アンクルホールド UFC 41: Onslaught 2003年2月28日
× ペドロ・ヒーゾ 1R 8:07 KO(右ストレート) UFC Brazil: Ultimate Brazil 1998年10月16日
ウゴ・デュアルチ 1R 0:43 TKO(パウンド) UFC 17: Redemption 1998年5月15日
安生洋二 15分1R終了 判定3-0 UFC Japan: Ultimate Japan
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
1997年12月21日
× モーリス・スミス 1R 8:08 ギブアップ(ローキック連打) UFC 15: Collision Course
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
1997年10月17日
× ビクトー・ベウフォート 1R 0:52 TKO(パウンド) UFC 13: The Ultimate Force 1997年5月30日
× ドン・フライ 1R 1:22 チョークスリーパー Ultimate Ultimate 1996
【決勝】
1996年12月7日
スティーブ・ネルマーク 1R 1:03 KO(右フック) Ultimate Ultimate 1996
【準決勝】
1996年12月7日
カル・ウォーシャム 1R 2:51 ギブアップ(パウンド) Ultimate Ultimate 1996
【1回戦】
1996年12月7日
× スコット・フェローゾ 15分1R終了 判定0-3 UFC 11: The Proving Ground
【準決勝】
1996年9月20日
サム・アドキンス 1R 2:06 ネックロック UFC 11: The Proving Ground
【1回戦】
1996年9月20日
× ダン・スバーン 18分1R終了 判定3-0 Ultimate Ultimate 1995
【準決勝】
1995年12月16日
スティーブ・ジェナム 1R 1:14 ネックロック Ultimate Ultimate 1995
【1回戦】
1995年12月16日
× オレッグ・タクタロフ 1R 17:45 チョークスリーパー UFC 6: Clash of the Titans
【決勝】
1995年7月14日
ポール・ヴァレランス 1R 1:53 TKO(パウンド) UFC 6: Clash of the Titans
【準決勝】
1995年7月14日
ジョン・マツア 1R 0:20 KO(右フック) UFC 6: Clash of the Titans
【1回戦】
1995年7月14日

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹内規和 『ザ・バーリトゥーダー 極強への挑戦』 フットワーク出版、1998年。
  2. ^ なお、この試合では流派を「ボクシング」と紹介されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]