UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2016年7月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 AbemaTV
ニコニコ生放送
入場者数 7,760人
入場収益 69万526ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: MacDonald vs. Thompson UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez The Ultimate Fighter 23 Finale

UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez(ユーエフシー・ファイトナイト:ドス・アンジョス・バーサス・アルバレス、別名UFC Fight Night 90)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年7月7日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

「UFCインターナショナル・ファイトウィーク」の初日として開催された本大会ではハファエル・ドス・アンジョスエディ・アルバレスによるUFC世界ライト級タイトルマッチが組まれた[2]

キャリア9戦全勝のTitan FCウェルター級王者ベラル・モハメッドがUFCデビュー。

日本ではAbemaTVで初放送された。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ヴィセンチ・ルケ vs. メキシコの旗 アルヴァロ・エレーラ ×
2R 3:52 ダースチョーク
第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
メキシコの旗 マルコ・ベルトラン vs. ブラジルの旗 ヘジナウド・ヴィエイラ ×
2R 3:04 リアネイキドチョーク
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ジウベルト・バーンズ vs. ポーランドの旗 ウカシュ・サイェフスキ ×
1R 4:57 腕ひしぎ十字固め
第4試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 フェリペ・アランテス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェロッド・サンダース ×
2R 1:39 腕ひしぎ十字固め
第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ペドロ・ムニョス vs. アメリカ合衆国の旗 ラッセル・ドーン ×
1R 2:08 ギロチンチョーク
第6試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・バーチャック vs. ブラジルの旗 ジレノ・ロペス ×
3R終了 判定2-1(27-30、29-28、29-28)
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 ジョン・マクデッシー vs. フランスの旗 メディ・バグダッド ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 アルベルト・ミナ vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル ×
2R 1:17 KO(左跳び膝蹴り)

メインカード[編集]

第9試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アイルランドの旗 ジョセフ・ダフィー vs. カナダの旗 ミッチ・クラーク ×
1R 0:25 リアネイキドチョーク
第10試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アラン・ジョウバン vs. アメリカ合衆国の旗 ベラル・モハメッド ×
3R終了 判定3-0(28-27、29-28、29-27)
第11試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デリック・ルイス vs. アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第12試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス vs. ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス ×
1R 3:49 TKO(スタンドパンチ連打)
※アルバレスが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトアラン・ジョウバン vs. ベラル・モハメッド
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトエディ・アルバレスペドロ・ムニョス
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]