UFC 61

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 61: Bitter Rivals
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2006年7月8日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT
試合数 全9試合
入場者数 11,167人
入場収益 3,350,775.15USドル
PPV購入数 775,000件[1]
報酬総額 676,000USドル[2]
イベント時系列
Ultimate Fight Night 5 UFC 61: Bitter Rivals UFC Fight Night 6

UFC 61: Bitter Rivals(ユーエフシー・シックスティワン:ビター・ライバルズ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2006年7月8日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

本大会ではティト・オーティズケン・シャムロックの再戦が行われ、メインイベントでは3度目の対戦となるティム・シルビアアンドレイ・アルロフスキーのUFC世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

本大会ではカート・ペレグリーノシーク・コンゴアンソニー・ペロシュ、ジョー・ジョーダンがUFCに初参戦。

2度目の対戦となるケン・シャムロックティト・オーティズの試合は、ティトがシャムロックをTKOで破り、対戦成績はティトの2勝0敗となるが、レフェリーのハーブ・ディーンが試合を止めた後、すぐにシャムロックが立ち上がったため大きなブーイングが起こった。メインイベントのティム・シルビアアンドレイ・アルロフスキーの対決は、シルビアがアルロフスキーを判定で下し、王座の初防衛に成功した。

第4試合ではロジャー・ウエルタの負傷欠場により、ジョー・ジョーダンが代替出場した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドリュー・フィケット vs. アメリカ合衆国の旗 カート・ペレグリーノ ×
3R 1:20 チョークスリーパー
第2試合 ヘビー級 5分3R
フランスの旗 シーク・コンゴ vs. ブラジルの旗 ギルバート・アルダナ ×
1R 4:13 TKO(ドクターストップ:カット)
第3試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・モンソン vs. オーストラリアの旗 アンソニー・ペロシュ ×
1R 2:22 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 キャッチウェイトバウト(165ポンド) 5分3R
ブラジルの旗 エルメス・フランカ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・ジョーダン ×
3R 0:47 三角絞め

メインカード[編集]

第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・スティーブンソン vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ:カット)
第6試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・クリスティソン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. アメリカ合衆国の旗 ケン・シャムロック ×
1R 1:18 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの肘打ち)
第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バークマン vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ニアー ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第9試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ティム・シルビア vs. ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー ×
3R終了 判定3-0(48-47、49-46、48-47)
※シルビアが王座の初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ジョー・スティーブンソン vs. イーブス・エドワーズ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ジェフ・モンソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: エルメス・フランカ

脚注[編集]

  1. ^ - UFC 61 SURPASSES $30 MILLION IN PPV SALES MMAWEEKLY 2006年9月6日
  2. ^ UFC FIGHTER SALARIES FOR 2006 MMAWEEKLY 2006年7月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]