UFC 230

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 230: Cormier vs. Lewis
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2018年11月3日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区
会場 マディソン・スクエア・ガーデン
試合数 全12試合
放送局 PPV
Fox Sports 1
日本の放送局 WOWOW
FOXスポーツ&エンターテイメント
入場者数 17,011人[1]
入場収益 284万1718ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Volkan vs. Smith UFC 230: Cormier vs. Lewis UFC Fight Night: Korean Zombie vs. Rodríguez

UFC 230: Cormier vs. Lewis(ユーエフシー・ツーサーティー:コーミエ・バーサス・ルイス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2018年11月3日ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区マディソン・スクエア・ガーデンで開催された。

大会概要[編集]

本大会では王者ダニエル・コーミエと挑戦者デリック・ルイスによるUFC世界ヘビー級タイトルマッチが組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 マルコス・ホジェリオ・デ・リマ vs. ポーランドの旗 アダム・ウィチョレク ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シェーン・ブルゴス vs. アメリカ合衆国の旗 カート・ホロボー ×
1R 2:11 腕ひしぎ十字固め
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・フレボラ vs. アメリカ合衆国の旗 ランド・バンナータ
3R終了 判定1-0(29-28、28-28、28-28)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライマン・グッド vs. アメリカ合衆国の旗 ベン・ソーンダース ×
1R 1:32 KO(右クリンチアッパー→パウンド)
第5試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 シェイモン・モラエス vs. アメリカ合衆国の旗 フリオ・アルセ ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、30-26)
第6試合 57.7kg契約 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シジャラ・ユーバンクス vs. アメリカ合衆国の旗 ロクサン・モダフェリ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※ユーバンクスの体重超過によりフライ級から変更。
第7試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・リナルディ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ナイト ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-25、30-26)

メインカード[編集]

第8試合 ミドル級 5分3R
ナイジェリアの旗 イスラエル・アデサンヤ vs. アメリカ合衆国の旗 デレク・ブランソン ×
1R 4:51 TKO(右ストレート→左フック)
第9試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カール・ロバーソン vs. ウェールズの旗 ジャック・マーシュマン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)
第10試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・キャノニア vs. アメリカ合衆国の旗 デヴィッド・ブランチ ×
2R 0:39 TKO(右ストレート→パウンド)
第11試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ホナウド・ジャカレイ vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ワイドマン ×
3R 2:46 KO(右フック→パウンド)
第12試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ vs. アメリカ合衆国の旗 デリック・ルイス ×
2R 2:14 リアネイキドチョーク
※コーミエが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトホナウド・ジャカレイ vs. クリス・ワイドマン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトジャレッド・キャノニアイスラエル・アデサンヤ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]