イスラエル・アデサンヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イスラエル・アデサンヤ
Israel Adesanya at UFC 230.jpg
UFC 234のインタビューで (2018年)
本名 イスラエル・モボラージ・アデサンヤ
(Israel Mobolaji Temitayo Odunayo Oluwafemi Owolabi Adesanya)
生年月日 (1989-07-22) 1989年7月22日(31歳)
出身地 ナイジェリアの旗 ナイジェリアラゴス
通称 イジー (Izzy)
ザ・ラスト・スタイルベンダー
(The Last Stylebender)
居住  ニュージーランドオークランド
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
 ニュージーランド
身長 193 cm (6 ft 4 in)
体重 84 kg (185 lb)
階級 ミドル級 (総合格闘技)
クルーザー級 (ボクシング)
リーチ 203 cm (80 in)
スタイル ムエタイ
キックボクシング
ボクシング
スタンス オーソドックス
チーム シティ・キックボクシング
トレーナー ユージン・ベアマン: ヘッド・コーチ
現役期間 2009年 –
総合格闘技記録
試合数 20
勝利 20
ノックアウト 15
判定 5
敗戦 0
キックボクシング記録
試合数 80
勝利 75
ノックアウト 29
敗戦 5
ノックアウト 1
プロボクシング記録
試合数 6
勝利 5
ノックアウト 1
敗戦 1
その他
ウェブサイト https://www.stylebender.com/
総合格闘技記録 - SHERDOG
ボクシング記録 - BoxRec

イスラエル・アデサンヤIsrael Adesanya1989年7月22日 - )は、ニュージーランドの男性総合格闘家キックボクサーボクサーから転身。ナイジェリアラゴス出身。ニュージーランド在住。第11代UFC世界ミドル級王者。イスラエル・アデサニヤとも表記される。

来歴[編集]

ナイジェリアラゴスで、様々な事業を営む実業家会計士の父親と看護師の母親の裕福な家庭に、5人兄妹の長男として生まれた[1][2]。幼少期から手のつけられない子供で、8歳の時にテコンドーを習うも家の中で暴れ回るため母親に止めさせられた[1][3][2]

子供達に良い教育を受けさせたいという両親の方針から[2]ガーナに10ヶ月間滞在した後、12歳の時にニュージーランドロトルアに移住した。高校時代は、肌の色が黒いという理由からいじめを受け[4]、その出来事が格闘家になる大きなきっかけになったと語っている[1][5][5][6]

映画『マッハ!!!!!!!!』、ジャッキー・チェンアンデウソン・シウバに影響を受け[2]、18歳からムエタイを始め、21歳からオークランドに移り、シティ・キックボクシングでトレーニングを積んだ[1][7]

キックボクシング[編集]

2008年、アマチュアキックボクシンでデビュー[2]。32戦全勝の戦績でプロへ転向。

2011年、プロキックボクシングデビュー。中国のキックボクシングシーンで頭角を現すと、GLORYにも参戦し、通算81戦75勝という戦績を残した[5]

ボクシング[編集]

2014年11月、プロボクシングデビュー。2015年3月にワンデートーナメント大会のスーパー8英語版で優勝し2万5000ニュージランドドルを獲得。11月にも同大会で2度目の優勝を果たし、プロボクシングでは通算6戦5勝の戦績を残した。

総合格闘技[編集]

2012年3月、プロ総合格闘家デビュー。メルヴィン・ギラード等に勝利し、11戦全勝の戦績でUFCと契約した。

UFC[編集]

2018年2月11日、UFC初参戦となったUFC 221でロブ・ウィルキンソンと対戦し、パンチ連打で2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、UFCデビュー戦を白星で飾った。

2018年4月14日、UFC on FOX 29マーヴィン・ヴェットーリと対戦し、2-1(29-28、28-29、29-28)の判定勝ち。キャリア初の判定決着となった。

2018年7月6日、The Ultimate Fighter 27 Finaleでミドル級ランキング8位のブラッド・タヴァレスと対戦し、3-0の5R判定勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年11月3日、UFC 230でミドル級ランキング6位のデレク・ブランソンと対戦。ブランソンのテイクダウンを悉く防ぎ、タックルに合わせた膝蹴りでブランソンをぐらつかせると、打撃で数度ダウンを奪い、最後は左ストレートで1RTKO勝ち。2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年2月10日、UFC 234で元UFC世界ミドル級王者、ミドル級ランキング15位のアンデウソン・シウバと対戦。3-0の判定勝ちを収めると、格闘技を始める前からの憧れの存在であったシウバに勝利したことに感極まって涙をみせた。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同大会のメインイベントはロバート・ウィテカーケルヴィン・ガステラムのUFC世界ミドル級タイトルマッチが予定されていたが、ウィテカーが腸の腹部ヘルニアで大会当日に欠場したため、アデサンヤとシウバの試合がメインイベントにスライドされる形となった。

UFC世界王座獲得[編集]

2019年4月13日、UFC 236のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング4位のケルヴィン・ガステラムと対戦。両者一歩も譲らぬ激しい打撃の応酬を見せ激闘を繰り広げると、4Rに左ハイキックを受けてふらつく場面もみせたが、5Rに壮絶な打ち合いからダメージの蓄積したガステラムを3度ダウンさせKO寸前まで追い詰め、3-0(48-46、48-46、48-46)の5R判定勝ちを収め暫定王座獲得に成功。2試合連続のファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年10月6日、UFC 243のUFC世界ミドル級王座統一戦で正規王者のロバート・ウィテカーと対戦し、1R終了直前に右フックでダウンを奪うと、2Rにスウェーで体をのけぞらせた体勢から、右フックと左フックのカウンターを2発連続でヒットさせダウンを奪い、追撃のパウンドでKO勝ち。ミドル級王座統一に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同大会には57,127人の観衆が集まり、2015年11月14日に同じマーベル・スタジアム(当時の名称はドックランズ・スタジアム)で開催されたUFC 193の56,214人を抑えて、UFCの最多観客動員記録を更新した。

2020年3月7日、UFC 248のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング3位の挑戦者ヨエル・ロメロと対戦。5Rを通して双方の手数が少ない凡戦となったものの、的確にローキックをヒットさせ続けたアデサンヤが、3-0(48-47、48-47、49-46)の5R判定勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。試合後には消極的な試合だったことを、アデサンヤは「俺はジムで人形をスパーリグパートナーにして戦っていたのだろう」と、ロメロは「彼は走ってばかりだった。あれはチャンピオンではない」と互いに非難し合った[8][9]

2020年9月27日、UFC 253のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング2位の挑戦者パウロ・コスタと対戦。1Rから右ローキックと左ミドルキックを効かせ、2Rにテンプルへの左フックでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。2度目の王座防衛に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。尚、無敗の選手同士がタイトルマッチで対戦したのは、男子の試合では2009年のUFC 98で行われたラシャド・エヴァンスリョート・マチダ以来、UFC史上2度目となった[10]

ファイトスタイル[編集]

卓越した身体能力に加え、ミドル級にしてリーチが203 cmで身長も194 cmという恵まれた体型を持つ。ボクシングの攻防に優れ、並外れた動体視力と反応速度を駆使したスウェーからのカウンター攻撃を得意とする。また、ボクシングの攻防のみならず、蹴り技も得意としており、遠距離と中間距離では長い脚を活かした変則的なハイキックやミドルキック、近距離では膝蹴りを繰り出す。さらに、元キックボクサーながら、総合格闘技において優れた適応能力をみせ、テイクダウンディフェンス率は87%を誇る。

人物・エピソード[編集]

  • 2020年9月17日に大手スポーツブランドのプーマと複数年契約を結んだ。プーマと契約を結んだ総合格闘家はアデサンヤが初である[11]
  • 子供の頃の夢はアニメーターで選手引退後にはアニメ制作会社を立ち上げたいと語るアニメ好きであるが[12]、特に『NARUTO -ナルト-』が好きで、腹部に八卦封印タトゥーを入れており、選手コールの際に口寄せの術のポーズをとることもある。UFC 234ではロック・リーのポーズで対戦相手のアンデウソン・シウバを挑発した[13][14]UFC 253のメディア会見ではの模様をあしらったシャツを着て出席した[15]
  • UFC世界ミドル級王座を獲得したUFC 243の選手コール時には、『DEATH NOTE』をモチーフジェスチャーでノートに対戦相手のロバート・ウィテカーの名前を書き記すパフォーマンスを行った。試合後の記者会見では「俺にはシニガミが憑いている。ただデスノートに彼(ロバート・ウィテカー)の名前を書いただけだ。ノートのルールを知っている人なら分かると思うけど、ちゃんと時間通りだったよ」とコメントした[16]
  • 自身のニックネームである「ザ・ラスト・スタイルベンダー(The Last Stylebender)」もアニメ『アバター 伝説の少年アン(Avatar: The Last Airbender)』から名付けられたものである[13]
  • 子供の頃からストリートダンスが趣味で、UFC 243の入場時に行ったダンスパフォーマンスのバックダンサーは10代の頃からのダンス仲間である[17]
  • 上記の「NARUTO -ナルト-」の八卦封印の他に、デッドプールカルビンとホッブスのタトゥー、背中全体には龍のタトゥーを入れている。また、胸上部に「BROKEN NATIVE」とタトゥーを入れており、これは自身が生まれ育ったナイジェリアとニュージーランド両国への忠誠心を示している[18]
  • UFC 248の記者会見で対戦相手のヨエル・ロメロに対して「俺が奴に触れ続けたら、いずれ奴はツインタワーアメリカ同時多発テロ事件の標的となったワールドトレードセンター)のように崩れ落ちるだろう」と発言したことが物議を醸し[19]、アデサンヤはSNSで「より言葉に気をつけていきたい」と謝罪した[20]
  • 2020年2月13日に開催された、1949年から続くニュージーランドで最も権威あるスポーツ賞「ハルバーグ・アワード(Halberg Awards)」の第57回授賞式で、最も顕著な活躍をしたニュージーランドのアスリートに贈られる「2019年スポーツマン・オブ・ザ・イヤー(2019 Sportsman of the Year)」を受賞した。ボクサーやキックボクサーを含めた格闘家で同賞を受賞したのはアデサンヤが史上初となった[21]
  • ロバート・ウィテカー戦後に、50万ドル相当の愛車マクラーレン・720Sを購入した[22]
  • パウロ・コスタデレク・ブランソンに「Skinny(痩せっぽちの意)」と挑発されてきたことについて、アデサンヤは「これはボディビルでもミスター・オリンピア(国際的なボディビル大会)でもない。俺のことをどう見ようが、それはどうでもいいことだ」と語っている[23]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 15 0 5 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
パウロ・コスタ 2R 3:59 TKO(左フック→パウンド) UFC 253: Adesanya vs. Costa
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2020年9月27日
ヨエル・ロメロ 5分5R終了 判定3-0 UFC 248: Adesanya vs. Romero
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2020年3月7日
ロバート・ウィテカー 2R 3:33 KO(左フック→パウンド) UFC 243: Whittaker vs. Adesanya
【UFC世界ミドル級王座統一戦】
2019年10月6日
ケルヴィン・ガステラム 5分5R終了 判定3-0 UFC 236: Holloway vs. Poirier 2
【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】
2019年4月13日
アンデウソン・シウバ 5分3R終了 判定3-0 UFC 234: Adesanya vs. Silva 2019年2月10日
デレク・ブランソン 1R 4:51 TKO(左ストレート) UFC 230: Cormier vs. Lewis 2018年11月3日
ブラッド・タヴァレス 5分5R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter 27 Finale 2018年7月6日
マーヴィン・ヴェットーリ 5分3R終了 判定2-1 UFC on FOX 29: Poirier vs. Gaethje 2018年4月15日
ロブ・ウィルキンソン 2R 3:37 TKO(パンチ連打) UFC 221: Romero vs. Rockhold 2018年2月11日
スチュワート・デア 1R 4:53 KO(ハイキック) Hex Fighting Series 12
【Hex Fighting Seriesミドル級王座決定戦】
2017年11月24日
メルヴィン・ギラード 1R 4:49 TKO(パウンド) Australia Fighting Championship 20
【AFCミドル級王座決定戦】
2017年7月28日
ムラド・クラマゴメドフ 2R 1:05 TKO(パウンド) Wu Lin Feng: E.P.I.C 4 2016年5月28日
アンドリュー・フローレス・スミス 1R終了時 TKO(コーナーストップ) Glory of Heroes 2 2016年5月7日
ディビール・ザギロフ 2R 2:23 TKO(パウンド) Wu Lin Feng: E.P.I.C 2 2016年3月13日
ウラジミール・カティヒン 2R終了時 TKO(ドクターストップ) Wu Lin Feng: E.P.I.C 1 2016年1月13日
ギール・クイン 2R 3:37 TKO(肘打ち連打) Wu Lin Feng 2015: New Zealand vs. China 2015年9月5日
マウイ・ツイガマラ 2R 1:25 TKO(左ミドルキック) Fair Pay Fighting 1 2015年9月5日
ケナン・ソン 1R 1:59 TKO(パンチ) The Legend of Emei 3 2015年8月8日
ジョン・ヴェイク 2R 3:10 TKO(パウンド) Shuriken MMA: Best of the Best 2013年6月15日
ジェームス・グリフィス 1R 2:09 TKO(パウンド) Supremacy Fighting Championship 9 2012年3月24日

キックボクシング[編集]

  • プロキックボクシング:81戦75勝5敗1分

ボクシング[編集]

プロボクシング 戦績
6 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 4 0 0 0
1 0 1 0
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年11月22日 敗北 4R 判定0-3 ダニエル・アマン オーストラリアの旗 オーストラリア Super 8 II 【1回戦】
2 2015年3月28日 勝利 2R KO アッシャー・ダービシャー  ニュージーランド Super 8 III 【1回戦】
3 2015年3月28日 勝利 3R 判定2-0 ランス・ブライアント  ニュージーランド Super 8 III 【準決勝】
4 2015年3月28日 勝利 4R 判定2-1 ブライアン・ミント アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Super 8 III 【決勝】
5 2015年11月3日 勝利 3R 判定3-0 ゼーン・ホップマン  ニュージーランド Super 8 IV 【準決勝】
6 2015年11月3日 勝利 4R 判定3-0 ランス・ブライアント  ニュージーランド Super 8 IV 【決勝】
テンプレート

獲得タイトル[編集]

キックボクシング[編集]

  • King in the Ring 86 kg II 優勝(2014年)
  • King in the Ring 86 kg III 優勝(2014年)
  • King in the Ring 100 kg III 優勝(2015年)
  • GLORYミドル級コンテンダートーナメント 優勝(2016年)

ボクシング[編集]

  • Super 8 III 優勝(2015年)
  • Super 8 IV 優勝(2015年)

総合格闘技[編集]

  • 第4代AFCミドル級王座(2017年)
  • Hex Fighting Seriesミドル級王座(2017年)
  • UFC世界ミドル級暫定王座(2019年)
  • 第11代UFC世界ミドル級王座(2019年)

表彰[編集]

  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(5回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • ニュージーランド・スポーツマン・オブ・ザ・イヤー(2019年/ハルバーグ・アワード)

ペイ・パー・ビュー販売件数[編集]

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2020年09/27_9月27日 UFC 253: イスラエル・アデサンヤ vs. パウロ・コスタ 70_70万件 ESPN+

脚注[編集]

  1. ^ a b c d UFC 230 | Israel Adesanya, 'The Last Stylebender's' story AthletesVoice 2018年8月11日
  2. ^ a b c d e A Peacock in Ninja Shorts: KO Artist Israel Adesanya Is a UFC Star in the MakingBleacher Report 2018年11月2日
  3. ^ Israel Adesanya was booted from martial arts: ‘I was kicking everything in the house’ FanSided 2019年2月8日
  4. ^ From bullied in high school to UFC champion: The untold journey of Kiwi MMA superstar Israel Adesanya1 NEWS NOW 2019年5月13日
  5. ^ a b c From Nigeria to New Zealand, Israel Adesanya is on a quest to earn a ‘masters degree in ass whooping’ MMA Fighting 2018年12月24日
  6. ^ MMA: Israel Adesanya was bullied as a child - now he's a New Zealand fight sensation NZ Herald 2018年2月21日
  7. ^ Israel 'The Last Style Bender' Adesanya GLORY
  8. ^ UFC 248 Results: Israel Adesanya Lost Respect For Yoel Romero Forbes 2020年3月8日
  9. ^ Yoel Romero blames Israel Adesanya: He was ‘running’ like ‘Usain Bolt’ at UFC 248 SBNATION 2020年3月8日
  10. ^ No hugs or fake feuds: Adesanya-Costa at UFC 253 is as real as it getsESPN 2020年7月19日
  11. ^ UFC champ Israel Adesanya signs Puma sponsorship deal MMA Junkie 2020年9月17日
  12. ^ How Israel Adesanya embraces Japanese anime in the UFCESPN 2019年4月11日
  13. ^ a b UFC Fighter Uses Summoning Jutsu in MatchKotaku Australia 2018年11月6日
  14. ^ UFC'S ISRAEL ADESANYA MY TATTOOS ARE ANIME-ZING Here's the Story ...TMZ 2018年11月3日
  15. ^ All the Anime References From Middleweight Champion Israel Adesanya Ahead of UFC 253SPORTS MANOR 2020年9月25日
  16. ^ Japanese anime inspired Israel Adesanya’s colourful entrance – 'I had a Shinigami' 1 NEWS NOW 2019年10月7日
  17. ^ BrokenNative公式インスタグラム 2019年10月8日
  18. ^ Muay Thai fighter Israel Adesanya, the Broken Native, feeds off of underdog status TheAdvertiser 2014年5月23日
  19. ^ Israel Adesanya: Yoel Romero eventually will 'crumble like the Twin Towers' at UFC 248 MMA Junkie 2020年2月22日
  20. ^ Israel Adesanya apologizes for 'crumble like Twin Towers' remark ahead of UFC 248 yahoo!sports 2020年2月24日
  21. ^ Video: Israel Adesanya wins New Zealand Sportsman of the Year, delivers epic (and foul-mouthed) speech SBNATION 2020年2月13日
  22. ^ UFC: Israel Adesanya compared new McLaren to spaceship Newshub 2019年10月17日
  23. ^ ESPN MMA 公式ツイッター 2020年9月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
UFC世界ミドル級暫定王者

2019年4月13日 - 2019年10月6日

次王者
王座廃止
前王者
ロバート・ウィテカー
第11代UFC世界ミドル級王者

2019年10月6日 -

次王者
N/A