ベントレー・コンチネンタルGT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンチネンタルGTContinental GT )、コンチネンタルGTCContinental GTC )およびコンチネンタル・スーパースポーツContinental Supersports )は、イギリスの自動車メーカーベントレーが販売する高級車である。

GTコンチネンタルRの後継となる2+2の4シータークーペであり、GTCGTをベースとした4シーターのオープンカーである。スーパースポーツGTおよびGTCをベースにチューンアップし軽量化した2-4シーターのクーペおよび4シーターのオープンカーである。他の派生車種として4ドアセダンコンチネンタル・フライング・スパーが存在する。

初代 (2003年-2010年)[編集]

ベントレー・コンチネンタルGT
GT
SC06 2006 Bentley Continental GT.jpg
GTC
Bentley Continental GTC 1.jpg
GTスピード
Bentley Continental GT Speed.JPG
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
2ドア オープン
エンジン 6.0L W12 ツインターボ 560仏馬力/66.3kgm
変速機 6速AT
駆動方式 4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 4,815mm
全幅 1,920mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,745mm
車両重量 2420kg
同車台 フォルクスワーゲン・フェートン
ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー
先代 ベントレー・コンチネンタルR
-自動車のスペック表-

2002年のモンディアル・ド・ロトモビルGTのプロトタイプを発表。2003年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで量産型を発表した。

エンジンはフォルクスワーゲン製の6.0L W型12気筒エンジンをツインターボで過給したもので、最高出力は560仏馬力/6,100rpm、最大トルクは66.3kgm/1,600rpmである。

トランスミッションはZF製マニュアルモード付き6速AT、駆動方式はAWDである。

内装は天然木や本革を用いたイギリス車ならではの豪華なものとなっている。

2003年11月、日本で販売を開始。価格は1990万円。

フライング・スパー[編集]

2005年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトGTの4ドアバージョンであるフライング・スパーを発表。

GTC[編集]

2006年のニューヨーク国際オートショーで電動式ソフトトップを備えるGTCを発表、同年10月に日本でも発売された。価格は2395万円。

ソフトトップはドイツカルマンが制作し、エンジンとトランスミッション、駆動方式はGTと同一である。

GTスピード[編集]

2007年8月、GTをチューンアップした最速モデルGTスピードを発表。エンジンは最高出力610仏馬力、最大トルク76.5kgmを発生し、最高時速は326km/h(202mph)に達する。また、グリルの塗装やマフラーなどエクステリアにも若干の変更を受けている。

GTCスピード[編集]

2009年、GTスピードと同じエンジンを搭載したGTCスピードを発表。価格は2860万円。

GTZザガート[編集]

2008年、コーチビルダーのザガートによるGTZザガートを発表。サロン・アンテルナショナル・ド・ロトでお披露目された。

スーパースポーツ[編集]

2009年2月、GTをチューンアップし軽量化したスーパースポーツを発表。エンジンは最高出力630仏馬力、最大トルク81.6kgmを発生し、車両重量はGTスピード比で110kg軽量化された。価格は3150万円。

2010年4月、スーパースポーツのコンバーチブル版を発表。価格は3300万円。

2010年10月のモンディアル・ド・ロトモビルにおいて、モデルチェンジが発表された。デザインはキープコンセプト。また、新たにV8エンジンの搭載がアナウンスされた。

2代目 (2011年-)[編集]

ベントレー・コンチネンタルGT
GT
Bentley Continental GT (II) – Frontansicht (1), 30. August 2011, Düsseldorf.jpg
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 6.0L W12 ツインターボ
4.0 L V8 ツインターボ
変速機 6速AT(W12)
8速AT(V8)
駆動方式 4WD
全長 4,806mm
全幅 1,944mm
全高 1,404mm
ホイールベース 2,646mm
車両重量 2,320kg(W12)
2,295kg(V8)
-自動車のスペック表-

コンチネンタルGT[編集]

新型コンチネンタルGTは2011年モデルとして発表された。2010年11月にクーペのみ発表された。初代から引き継がれるW12エンジンに加え、アウディとの共同開発となる気筒休止機構付4.0L V8エンジンが搭載された[1]

2011年2月、日本市場において発表された。価格は2415万円で、同年6月から納車開始された[2]

コンチネンタルGTC[編集]

2011年9月、新型コンチネンタルGTCをフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた[3]

2011年12月、日本市場において発表された。価格は2640万円で、2012年4月以降から納車予定である[4]

氷上の最速記録[編集]

2007年初頭、WRCで4度のワールドチャンピオンに輝いたユハ・カンクネンがロールケージとスパイクタイヤを装着して、燃料系を寒冷地仕様としたGTで氷上の世界最速記録に挑戦した。フィンランドオウルで、それまでブガッティ・EB110が持っていた296km/hを大幅に上回る平均321.6km/h、最速331km/hを記録し、世界最速記録を塗り替えた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]