ぬきてるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ぬき てるみ
基本情報
本名 貫 輝美
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-09-25) 1988年9月25日(29歳)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 9
KO勝ち 6
敗け 1
テンプレートを表示

ぬき てるみ1988年9月25日 - )は、日本プロボクサー。本名及び旧リングネームは貫 輝美(読み同じ)。井岡弘樹ボクシングジム所属。第6代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者。

来歴[編集]

2013年4月7日、大阪府立体育会館にて廣岡魅速輝戦でデビューし、判定勝利。

8月10日、アゼリア大正にて北脇絵美に判定勝利。

12月21日、福岡市九電記念体育館にて池田綾乃に2回KO勝利。

2014年7月20日、福田香奈に1回TKO勝利。

11月9日、カイ・ジョンソンを迎え撃ち、判定勝利。

12月31日、ペットルークソー・ソープライトーン(タイ王国の旗 タイ)に1回KO勝利。

2015年4月3日、初のタイトル挑戦として小澤瑶生との東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦に挑むが、1-2の判定で初黒星を喫した[1]。この試合よりリングネームを本名の「貫輝美」から平仮名表記の「ぬきてるみ」に変えた。

11月22日、タンピップ・シットサイトーン(タイ王国の旗 タイ)と対戦し6回TKOで再起成功。

2016年10月9日、インティダー・コーアディソン(タイ王国の旗 タイ)と対戦し2回TKO勝利。

2017年4月22日、大阪府立体育会館にて小澤瑶生が世界挑戦のため返上し空位となった東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦として、かつて高野人母美と東洋太平洋スーパーバンタム級王座を争ったノーンブア・ルークプライアリー(タイ王国の旗 タイ)に3回TKOで勝利し初のタイトル獲得[2]

戦績[編集]

  • プロボクシング:10戦 9勝 6KO 1敗

タイトル[編集]

  • 第6代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王座(防衛0)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “女子の小澤瑶生がOPBFタイトル獲得”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2015年4月4日). http://boxingnews.jp/news/24486/ 2017年5月9日閲覧。 
  2. ^ “大石豊がOPBF王座陥落、9点差リード守れず”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年4月23日). http://boxingnews.jp/news/46900/ 2017年5月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
小澤瑶生
第6代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者

2017年4月22日 - 現在

次王者
N/A