井岡ボクシングジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井岡ボクシングジム(いおかボクシングジム)は、大阪府大阪市浪速区に所在するプロボクシングジムである。

沿革[編集]

2002年8月25日、大阪市浪速区に開設された。初代会長は日本最年少で世界王座を獲得し、WBC世界ミニマム級WBA世界ライトフライ級の2階級を制覇した井岡弘樹、プロモーターは弘樹の実兄である井岡一法がトレーナー兼任で務める。

オープン当日、貴闘力忠茂らを招いて披露パーティーが開かれ、井岡の恩師であるエディ・タウンゼントの写真をリングサイドに掲げて大東旭(大鵬)が3Rのエキシビションスパーリングを行った[1]。また、このパーティーにおいて井岡の元同門である元WBA世界ライトフライ級王者山口圭司が眼疾を理由として現役引退を表明し、以後はチーフトレーナーを務めることが発表された[2]

2009年には一法の長男・井岡一翔が所属選手としてプロデビューを果たして関心を集める中、一翔の高校の同級生である宮崎亮がジム初のタイトルとなる日本王座を獲得した。

2011年2月11日、一翔がWBC世界ミニマム級王座を獲得(当時日本最短新記録となる7戦目での世界王座奪取)。ジム初の世界王者が誕生した。

2012年、一法がタウンゼントの名を冠したトレーナーへの栄誉であるエディ・タウンゼント賞を受賞[3]。大晦日にはダブル世界戦が開かれ、宮崎が初の世界タイトルとなるWBA世界ミニマム級王座を獲得、一翔も同ライトフライ級王座を獲得し2階級制覇を達成した。

井岡弘樹ジム

2013年6月1日付けで一法が井岡ジム(井岡ボクシングジム・プロフェッショナル)新会長に就任し、一方で弘樹は「井岡弘樹ジム(井岡ボクシングトレーニングジム)」を新設して、ともに西日本ボクシング協会に加盟する。それまでは同じ「井岡ジム」の下、弘樹は主にアマチュアと女子、一法はプロの指導を担当しており、それぞれの別の建物で指導していた[4]。所属のうち世界王者2名を含む男子プロの大半は井岡ジム、女子プロ選手全員と一般会員は井岡弘樹ジム所属となった。なお、プロモートについては両ジムとも引き続き一法が担当。

井岡ボクシングジム in 島根江津

2004年5月15日、こちらは井岡が運営に協力する形で島根県江津市に開設された。代表は大源富夫。山口が会長・専属トレーナーとなり、山口からWBA世界ライトフライ級王座を奪ったピチット・チョーシリワット(タイ)と彼を世界王座に導いたルイス・アルベルト・バルガス・デ・レオン(パナマ)がチーフトレーナーを務める。5月31日に行われたオープニングセレモニーには元世界王者の薬師寺保栄、タレントの間寛平らが姿を見せた。目的別にコース分けされているが、こちらも西日本ボクシング協会に加盟しており、井岡も指導に訪れる。

所属選手[編集]

井岡弘樹ジム所属

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]