中谷正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中谷 正義
基本情報
本名 中谷 正義
階級 ライト級
身長 182cm[1]
リーチ 180cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-03-08) 1989年3月8日(33歳)
出身地 大阪府大阪市
スタイル 右ボクサーファイター[1]
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 20
KO勝ち 14
敗け 3
テンプレートを表示

中谷 正義(なかたに まさよし、男性、1989年3月8日 - )は、日本プロボクサー大阪府大阪市出身。帝拳ボクシングジム所属。かつては井岡ボクシングジム・プロフェッショナルに所属していた。元OPBF東洋太平洋ライト級王者、元WBOインターコンチネンタルライト級王者。

来歴[編集]

大阪市立新東三国小学校、大阪市立東三国中学校出身。中学のときにアポロ嘉男のジムでボクシングを始める。中学3年から高校1年までは日本拳法もやっていた[2]興國高等学校では同期の井岡一翔宮崎亮、上谷雄太、岡山翎洙とともに全国大会に出場し「興國5人衆」と呼ばれ[3]、3年次のインターハイではベスト8で団体優勝に貢献[1]

高校卒業後は近畿大学に進学、アマチュア60戦を経験[1]。しかし、近大ボクシング部は在学中に部員の不祥事のため廃部の憂き目に遭う。そのため、それ以降はアマチュアのボクシングジムであるウイングジムで練習していたという[2]

2011年6月12日、松下IMPホールで塩川勝久と対戦し、4回1分35秒TKO勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

2012年8月12日、神戸市立中央体育館OPBF東洋太平洋ライト級13位のロネル・エスパラスとノンタイトル8回戦を行い、初回2分45秒KO勝ちを収めた[1]

2013年7月25日、後楽園ホールで日本ライト級6位の土屋修平と対戦し、3回に中谷の左フックが決まり土屋はダウンせずに堪えたが、中谷がボディーブローを決めると土屋は堪えきれずにダウン、なんとか立ち上がった土屋に再び中谷がボディーブローを決めると土屋は立ち上がることが出来ずレフェリーがテンカウントを数え、3回1分58秒KO勝ちを収めた[1][4][5]

2014年1月11日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋ライト級王者加藤善孝と対戦し、12回2-0(2者が116-112、114-114)の判定勝ちを収めプロ7戦目にしてOPBF王座を獲得した [6][7]。2月5日、東日本ボクシング協会のの月間MVPに選出された[8]

2014年5月7日、大阪府立体育会館でOPBF東洋太平洋ライト級7位の原田門戸と対戦し、3-0(116-112、117-111、118-110)の判定勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した[9]

2014年10月28日、神戸市立中央体育館でOPBF東洋太平洋ライト級12位の宇佐美太志と対戦し、3-0(119-111、118-110、118-111)の判定勝ちを収めOPBF王座の2度目の防衛に成功した[10]

2015年4月5日、大阪府立体育会館でOPBF東洋太平洋ライト級8位のアクセル住吉と対戦し、12回3-0(2者が119-109、118-110)の判定勝ちを収めOPBF王座の3度目の防衛に成功した[11][12]

2015年8月28日、神戸市立中央体育館で行われた「リアルスピリッツ×ザ・ヒート」でOPBF東洋太平洋ライト級4位の村田和也と対戦し、5回終了時に医師が村田に眼底骨折の疑いがあると診断し、主審が試合終了を宣告した為、OPBF王座の4度目の防衛に成功した[13][14]

2016年4月17日、大阪府立体育会館第2競技場でOPBF東洋太平洋ライト級15位の闘将青木誠と対戦し、初回1分19秒TKO勝ちを収めOPBF王座の5度目の防衛に成功した[15][16]

2016年11月11日、神戸市立中央体育館でOPBF東洋太平洋ライト級15位のアラン・タナダと対戦し、7回1分35秒TKO勝ちを収めOPBF王座の6度目の防衛に成功した[17]

2017年4月9日、大阪府立体育会館でOPBF東洋太平洋ライト級14位のゲーオファー・トー・ブワマースと対戦し、12回3-0(115-113、116-113、118-110)の判定勝ちを収めOPBF王座の7度目の防衛に成功した[18]

2017年9月3日、島津アリーナ京都でOPBF東洋太平洋ライト級1位のライアン・セルモナと対戦し、4回1分24秒TKO勝ちを収めOPBF王座の8度目の防衛に成功した[19]

2018年2月24日、大阪府立体育会館第2競技場でOPBF東洋太平洋ライト級3位のパランペッチ・トー・ブワマースと対戦し、6回1分45秒KO勝ちを収めOPBF王座の9度目の防衛に成功した[20]

2018年7月29日、大阪府立体育会館第2競技場で日本ユースライト級王者の富岡樹と対戦し、11回2分40秒TKO勝ちを収めOPBF王座10度目の防衛に成功した[21]

2018年12月9日、大阪府立体育会館第2競技場でOPBF東洋太平洋ライト級3位のハリケーン風太と対戦し、4回1分43秒TKO勝ちを収めOPBF王座11度目の防衛に成功した[22]

2019年7月19日、米メリーランド州オクソンヒルMGMナショナルハーバーでIBFライト級挑戦者決定戦としてIBF同級4位のテオフィモ・ロペスと対戦し、12回0-3(110-118×2、109-119)で判定負けを喫し、リチャード・カミーへの挑戦権獲得に失敗した[23]

2019年9月2日付けで、OPBF王座を返上した[24]

2019年9月27日、自身のTwitterで「理由としてはデビューしてから一回でも負けたら辞めようと思ってたからです」と現役引退を表明した[25]

2020年12月3日、現役復帰し、帝拳ボクシングジムに移籍することを発表した[26][27]

2020年12月12日、米ネバダ州ラスベガスMGMグランド内ザ・バブルで元WBOラテンアメリカライト級王者のフェリックス・ベルデホとWBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦を行い、1回と4回に計2度のダウンを奪われるも、9回1分45秒で逆転TKO勝ちを収め王座を獲得した[28]。この試合はシャクール・スティーブンソンvsトカ・カーン・クレイリーの前座としてESPNで放送され平均視聴者数155万人を記録した[29]

2021年6月26日、米ネバダ州ラスベガスのヴァージンホテルズ・ラスベガス・シアターに2,072人の観衆を動員して元ライト級3団体統一王者でリング誌パウンド・フォー・パウンドランキング9位のワシル・ロマチェンコとノンタイトル12回戦で対戦[30][31]。5回終了間際に、ロマチェンコが中谷のクリンチをほどきながら左、右フックを打ち込むと、のけぞった中谷がキャンバスに落下。中谷はグローブを振って「違う」と主審にスリップをアピールしたが、これはダウンの裁定となった。迎えた9回、ロマチェンコが左ストレート、右フックを打ち込んでいくと、中谷の足元がゆれて防戦一方に。左が決まった瞬間に、中谷がヒザをついたところで主審が止め、9回1分48秒TKO負けを喫した[32]

2022年11月1日、さいたまスーパーアリーナで行われた寺地拳四朗 対 京口紘人戦興行において、WBOアジアパシフィックライト級王者吉野修一郎と対戦し、6回1分14秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[33]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:65戦45勝20敗
  • プロボクシング:23戦20勝(14KO)3敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2011年6月12日 4R 1:35 TKO 塩川勝久(トヤマ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2011年10月2日 6R 判定3-0 外村セビヨ鉄人(角海老宝石) 日本の旗 日本
3 2012年3月20日 5R 1:32 TKO ロエル・ラグナ フィリピンの旗 フィリピン
4 2012年8月12日 1R 2:45 KO ロネル・エスパラス フィリピンの旗 フィリピン
5 2013年4月26日 2R 2:16 KO ナムポル・ソー・チャンタシー タイ王国の旗 タイ
6 2013年7月25日 3R 1:58 KO 土屋修平(角海老宝石) 日本の旗 日本
7 2014年1月11日 12R 判定2-0 加藤善孝(角海老宝石) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
8 2014年5月7日 12R 判定3-0 原田門戸(横浜さくら) 日本の旗 日本 OPBF防衛1
9 2014年10月28日 12R 判定3-0 宇佐美太志(岐阜ヨコゼキ) 日本の旗 日本 OPBF防衛2
10 2015年4月5日 12R 判定3-0 アクセル住吉(関門JAPAN) 日本の旗 日本 OPBF防衛3
11 2015年8月28日 5R 終了 TKO 村田和也(千里馬神戸) 日本の旗 日本 OPBF防衛4
12 2016年4月17日 1R 1:19 TKO 闘将青木誠(グリーンツダ) 日本の旗 日本 OPBF防衛5
13 2016年11月11日 7R 1:35 TKO アラン・タナダ フィリピンの旗 フィリピン OPBF防衛6
14 2017年4月9日 12R 判定3-0 ゲーオファー・トー・ブワマース タイ王国の旗 タイ OPBF防衛7
15 2017年9月3日 4R 1:24 TKO ライアン・セルモナ フィリピンの旗 フィリピン OPBF防衛8
16 2018年2月24日 6R 1:45 KO パランペッチ・トー・ブワマース タイ王国の旗 タイ OPBF防衛9
17 2018年7月29日 11R 2:40 TKO 富岡樹(REBOOT) 日本の旗 日本 OPBF防衛10
18 2018年12月9日 4R 1:43 TKO ハリケーン風太(カシミ) 日本の旗 日本 OPBF防衛11
19 2019年7月19日 12R 判定0-3 テオフィモ・ロペス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 IBF世界ライト級挑戦者決定戦
20 2020年12月12日 9R 1:45 TKO フェリックス・ベルデホ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦
21 2021年6月26日 9R 1:48 TKO ワシル・ロマチェンコ  ウクライナ
22 2022年6月13日 1R 1:12 KO ハルモニート・デラ・トーレ フィリピンの旗 フィリピン
23 2022年11月1日 6R 1:14 TKO 吉野修一郎三迫 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィックライト級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第46代OPBF東洋太平洋ライト級王座(防衛11=返上)
  • WBOインターコンチネンタルライト級王座

受賞歴[編集]

  • 東日本ボクシング協会 2014年1月度 月間MVP[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “1・11後楽園、加藤善孝vs中谷正義が決定!” (プレスリリース), 角海老宝石ボクシングジム, (2013年11月25日), https://web.archive.org/web/20171014035157/http://www.kadoebi.com/boxing/sp/news_sub.php?news_id=104 2020年12月5日閲覧。 
  2. ^ a b https://twitter.com/boxingnakatani/status/1346012207352479744中谷正義Twitterより
  3. ^ 飛翔【第3部】 ダッシュ!日本一 <20> ボクシング 興国”. 大阪日日新聞. 2014年1月12日閲覧。
  4. ^ “「KAMIKAZE2」土屋修平、再起戦を飾れず・・・” (プレスリリース), 角海老宝石ボクシングジム, (2013年7月26日), http://www.kadoebi.com/boxing/news/index.cgi?n=752 2014年1月12日閲覧。 
  5. ^ 中谷が土屋に快勝 3回KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月25日
  6. ^ 中谷が加藤を下して新王者に、OPBFライト級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月11日
  7. ^ “中谷正義が判定で新王者/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2014年1月12日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20140112-1242942.html 
  8. ^ a b MVP中谷、技能賞は大平、1月の月間賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月5日
  9. ^ 中谷が初防衛成功、OPBFライト級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月7日
  10. ^ 中谷正義が東洋V2 宇佐美に大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月28日
  11. ^ 中谷が判定勝ちで3度目防衛も「みっともない試合」 日刊スポーツ 2015年4月5日
  12. ^ 中谷正義がOPBFライト級3度目の防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月6日
  13. ^ 中谷正義アッパーで5回TKO 4度目の防衛に成功 日刊スポーツ 2015年8月29日
  14. ^ 中谷正義がTKOで4度目の防衛 OPBFライト級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月29日
  15. ^ 王者中谷、圧巻TKO「世界に行ける準備してます」 日刊スポーツ 2016年4月17日
  16. ^ 中谷正義は79秒でV5、OPBFライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月17日
  17. ^ 久保隼が4回TKO勝ち、中谷正義は圧勝でV6達成 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月11日
  18. ^ 中谷正義が7度目の防衛成功 OPBFライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月9日
  19. ^ 中谷正義会心の東洋V8 セルモナを4回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月3日
  20. ^ 中谷正義OPBFライト級V9、石田匠は再起戦勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月25日
  21. ^ 中谷正義が東洋太平洋V10 会長は世界挑戦ハッパ 日刊スポーツ 2018年7月29日
  22. ^ 中谷正義が風太を4回TKO OPBFライト級V11 大森将平は快勝で完全復活アピール Boxing News(ボクシングニュース)2018年12月10日
  23. ^ 中谷正義は判定負け IBFライト級挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月20日
  24. ^ 世界ランク7位の中谷正義がOPBF王座返上 Boxing News(ボクシングニュース)2019年9月4日
  25. ^ 世界挑戦まであと一歩 中谷正義が引退表明 Boxing News(ボクシングニュース)2019年9時27日
  26. ^ 12.12ラスベガス登場の中谷正義 帝拳ジム移籍完了 現4冠王者 ロペス戦以来のチャンスに弾み Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月3日
  27. ^ 前東洋太平洋王者・中谷正義が帝拳ジム移籍 13日にラスベガスで移籍初戦”. スポーツ報知 (2020年12月3日). 2021年1月28日閲覧。
  28. ^ 中谷正義が劇的 9回逆転TKO勝ち! 2度ダウン挽回 ベルデホを終盤仕留める” (日本語). Boxing News(ボクシングニュース) (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。
  29. ^ ESPN's Shakur Stevenson-Toka Kahn Clary Tripleheader Averaged 1,550,000 Viewers”. Boxing Scene.com (2021年月日). 2021年1月29日閲覧。
  30. ^ 中谷正義、元3団体王者ロマチェンコに9回TKO負け ビッグネーム相手の大番狂わせならず”. THE ANSWER (2021年6月27日). 2021年7月6日閲覧。
  31. ^ VASILIY LOMACHENKO, WITH EYE ON TEOFIMO REMATCH, IN TOP FORM WHILE DOWNING MASAYOSHI NAKATANI”. ザ・リング (2021年6月26日). 2021年7月6日閲覧。
  32. ^ 中谷正義は無念の9回TKO負け 復活ロマチェンコの牙城崩せず Boxing News(ボクシングニュース)2021年6月27日
  33. ^ 吉野修一郎が国内ライト級最強を証明 実力者世界ランカー中谷正義に6回KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2022年11月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
加藤善孝
第46代OPBF東洋太平洋ライト級王者

2014年1月11日 - 2019年9月2日(返上)

空位
次タイトル獲得者
吉野修一郎