旌善郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:郡庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月
江原道 (南) 旌善郡
Korail Hambaek Line Hambaek Station Rearside.jpg
ホーム側から望む復元された咸白駅駅舎。後ろの高架鉄道は当駅所在の咸白線と並行する太白線
位置
Map Jeongseon-gun.PNG
各種表記
ハングル: 정선군
漢字: 旌善郡
片仮名転写: チョンソン=グン
ローマ字転写 (RR): Jeongseon-gun
統計
面積: 1,220.56 km²
総人口: 42,048人(2007年12月) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 江原道 (南)
下位行政区画: 4邑5面
行政区域分類コード:
旌善郡の木: チョウセンゴヨウ
旌善郡の花: クロフネツツジ
旌善郡の鳥: ハト
自治体公式サイト: 旌善郡

旌善郡(チョンソンぐん)は大韓民国江原道の高原地帯にある郡。アリランの一種である旌善アリランが伝わることで知られる。

地理[編集]

江原道の南部に位置し、太白山脈の高原地帯にある。

歴史[編集]

  • 757年 - 旌善県が置かれる。
  • 1012年 - 旌善郡となる。
  • 1895年 - 忠州府旌善郡となる(二十三府制)。
  • 1896年 - 江原道旌善郡となる(十三道制)。
  • 1906年10月1日 - 江陵郡の一部(臨渓面・道岩面)、平昌郡の新東面(東面から改称)が旌善郡に編入(8面)。
  • 1914年4月1日 – 郡面併合により、旌善郡の面を統廃合。下記の8面を設置。
    • 旌善面・西面・北面・東面・南面・臨渓面・道岩面・新東面
  • 1924年7月1日 - 西面が旌善面に編入(7面)。
  • 1931年4月1日 - 道岩面が平昌郡に編入(6面)。
  • 1935年12月25日 - 旌善面の一部(道巌洞・白一洞の各一部)が平昌郡珍富面間坪里に編入(6面)。
  • 1973年7月1日(2邑5面)
    • 旌善面が旌善邑に昇格。
    • 東面の舎北出張所管轄区域が舎北邑に昇格・分離。
    • 三陟郡下長面の一部(柯木里・道田里)が臨渓面に編入。
    • 溟州郡旺山面の一部(南谷里・九切里)が北面に編入。
    • 新東面の一部(泉浦里の一部)を新設の寧越郡上東邑に編入。
  • 1980年12月1日 - 新東面が新東邑に昇格(3邑4面)。
  • 1985年10月1日 - 舎北邑を分割し、舎北邑・古汗邑を設置(4邑4面)。
  • 1986年4月1日 - 北面の北坪出張所管轄区域を北坪面として分離(4邑5面)。
  • 1989年1月18日 - 臨渓面の一部(鳳停里)が北面に編入(4邑5面)。
  • 2009年5月1日(4邑5面)
    • 東面が画岩面に改称。
    • 北面が餘糧面に改称。

行政[編集]

警察[編集]

消防[編集]

下位行政区画[編集]

45から構成される。

邑・面 法定里
旌善邑 北実里、愛山里、新月里、徳松里、徳雨里、餘呑里、龍灘里、鳳陽里、桧洞里、広河里、橘岩里、佳水里
舎北邑 舎北里、稷田里
古汗邑 古汗里
新東邑 礼美里、泉浦里、佳士里、古城里、徳川里、雲峙里、鳥洞里、芳堤里
餘糧面 餘糧里、柳川里、鳳停里、九切里、南谷里、高養里
北坪面 北坪里、南坪里、長悦里、文谷里、羅田里、宿岩里
画岩面 画岩里、石谷里、北洞里、没雲里、乾川里、虎村里、栢田里
南面 文谷里、広徳里、柳坪里、武陵里、楽同里
臨渓面 柯木里、道田里、稷院里、臨渓里、松渓里、蓬山里、楽川里、龍山里、文来里、徳岩里、高陽里、盤川里

産業[編集]

金・銀・鉄・石炭などの地下資源に恵まれている。かつては炭坑の町であり、その名残りとして石炭運搬に使われた鉄道路線が残っている。現在はカジノのある観光都市となっている。

文化・観光[編集]

  • 浄岩寺(643年創建の古刹)
  • 旌善五日市(毎月2と7のつく日に開かれる定期市
  • 江原ランド(韓国内で唯一、韓国人が入場可能なカジノがある)

交通[編集]

鉄道[編集]

姉妹都市[編集]

韓国国内

出身者[編集]

外部リンク[編集]