アナスタシア・トクタロヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナスタシア・トクタロヴァ
基本情報
本名 アナスタシア・トクタロヴァ
階級 フライ級
身長 160cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1977-03-06) 1977年3月6日(41歳)
出身地 マリ・エル共和国ヨシュカル・オラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 26
勝ち 14
KO勝ち 2
敗け 12
テンプレートを表示

アナスタシア・トクタロヴァロシア語: Анастасия Токтаулова英語: Anastasia Toktaulova1977年3月6日 - )は、ロシアの女子プロボクサー、元キックボクサーマリ・エル共和国ヨシュカル・オラ出身。

来歴[編集]

空手キックボクシングのトレーニングを積み、1998年にフルコンタクトCIS王座獲得。

1998年9月3日、メリリャでプロボクサーデビュー。エスター・パエスと対戦し、4回判定負けを喫しデビュー戦を白星で飾れなかった。

1998年11月6日、コペンハーゲンK.B.ハーレンで行われたプロ2戦目も0-3の判定負けを喫した。

1999年3月6日、モスクワナタリヤ・ジニーと対戦し、プロ初勝利となる3-0の判定勝ちを収めた。

1999年3月27日、ケルンEBU女子バンタム級王座決定戦をWIBF欧州バンタム級王者デイジー・ラングとを懸け対戦したが、0-3の判定負けを喫しWIBF欧州王座獲得、EBU王座獲得に失敗した。

2000年7月25日、モスクワのクリリヤ・ソヴェトフでオクサナ・ワシリエワとロシアスーパーフライ級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2001年3月6日、モスクワのチェスカでEBU女子スーパーフライ級王座決定戦をWIBF欧州スーパーフライ級王者ビクトリア・パタキーと対戦し、2-1の判定勝ちを収めWIBF欧州王座獲得、EBU王座獲得に成功した。

201年5月12日、モスクワのオリンピック・スタジアムISKAオリエンタル女子世界スーパーフライ級王者エリン・リンリーと対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座を獲得した[1]

2001年10月16日、モスクワでオクサナ・ワシリエワと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2002年、ボクシングに専念する為にアメリカ合衆国に拠点を移した[1]

2003年5月22日、カリフォルニア州サンノゼHPパビリオンウェンディ・ロドリゲスと対戦し、1-2の判定負けを喫した。

2003年8月28日、カリフォルニア州アーバインのアーバイン・マリオットでウェンディ・ロドリゲスとIFBA世界ミニマム級王座決定戦を行い、0-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2005年10月29日、センテシュビクトリア・ミロとWIBF世界ライトフライ級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年1月27日、デュッセルドルフブルク・ヴェヒター・カステロ暫定王者ジュリア・サヒンと王座統一戦を行い、0-3の判定負けを喫し王座統一に失敗、1年3ヵ月保持していた王座から陥落すると共に正規王座は暫定王座に吸収される形で消滅した。

2007年4月30日、サンクトペテルブルクエフゲニヤ・ザブロツカヤと対戦し、初回TKO勝ちを収め再起に成功した。

2007年11月15日、サンクトペテルブルクでエフゲニヤ・ザブロツカヤと再戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年8月29日、ブルク・ヴェヒター・カステロでレベッカ・ハーマンGBU女子世界フライ級王座決定戦を行い、2-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年12月5日、ハレ・アン・デア・ザーレWBA・WIBF世界フライ級王者スージー・ケンティキアンと対戦したが、0-3の判定負けを喫しWBA王座獲得、WIBF王座獲得に失敗した。

2010年12月17日、マイアミアメリカン・エアラインズ・アリーナで[女子国際ボクシング協会|WIBA]]世界フライ級王者アイリーン・オルシェウスキーと対戦し、0-3の判定負けを喫しGBU王座陥落、WIBA王座獲得に失敗した。

2011年7月29日、ポートオブスペインWBC女子インターナショナルライトフライ級王座決定戦をWIBA女子世界ライトフライ級王者リア・ラムナリンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWIBA王座獲得、WBCインターナショナル王座獲得に成功した。

2012年2月25日、メキシコシティアレナ・メヒコでWBC女子世界フライ級王者マリアナ・フアレスと対戦したが、4回2分0秒、トクタロヴァの棄権により王座獲得に失敗した。

2013年7月19日、アルゼンチンブエノスアイレス州アベジャネーダWBAWBO女子世界フライ級王者ジェシカ・ボップと対戦したが、0-3の判定負けを喫しWBA王座獲得、WBO王座獲得に失敗した。

戦績[編集]

  • 26戦 14勝(2KO)12敗

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Anastasia Toktaulova Biography”. WOMEN BOXING ARCHIVE NETWORK. 2013年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]

前王者
リア・ラムナリン
第5代WIBA世界ライトフライ級王者

2011年7月29日 - 2012年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
弘蘇云