1942年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

できごと

  • 春場所から仕切りの制限時間を幕内7分、十両5分、幕下以下3分に短縮した。
  • 戦争のために、出征力士の番付記載を中止した。

幕内最高優勝

  • 春(1月11日初日、両国国技館):東横綱 双葉山定次(14勝1敗)
  • 夏(5月10日初日、両国国技館):東横綱 双葉山定次(13勝2敗)

優勝旗手

十両優勝

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

1942年はマスターズと全米プロゴルフ選手権のみが行われたが、1943年はすべてのゴルフ・メジャー大会が中止された。

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

野球[編集]

日本[編集]

プロ野球[編集]

タイトル 選手名 球団 記録
最優秀選手 水原茂 東京巨人軍
首位打者 呉波 東京巨人軍 .286
本塁打王 古川清蔵 名古屋軍 8本
打点王 中島治康 東京巨人軍 60点
最多安打 中島治康 東京巨人軍 111本
盗塁王 坪内道則 朝日軍 44個
最優秀防御率 林安夫 朝日軍 1.01
最多勝利 野口二郎 大洋軍 40勝
最多奪三振 野口二郎 大洋軍 264個
最高勝率 広瀬習一 東京巨人軍 .778

中等野球[編集]

文部省主催の全国中等学校野球大会が8月に甲子園球場で行われ、徳島商業が、平安中学を決勝で破り、優勝した。この大会は現在の全国高等学校野球選手権大会および前身の全国中等学校優勝野球大会とは別の大会として扱われている。

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]