2002年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2002年

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

国・地域
1 ノルウェー 13 5 7 25
2 ドイツ 12 16 8 36
3 アメリカ 10 13 11 34
4 カナダ 7 3 7 17
5 ロシア 5 4 4 13
6 フランス 4 5 2 11
7 イタリア 4 4 5 13
8 フィンランド 4 2 1 7
9 オランダ 3 5 0 8
10 オーストリア 3 4 10 17
詳細はメダル受賞数一覧を参照

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

NFL[編集]

日本の大会[編集]

大相撲[編集]

競馬[編集]

競輪[編集]

競艇[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

世界4大大会(女子)[編集]

1999年のデュモーリエ・クラシック優勝者ウェブが全英女子オープンも制覇し、“スーパー・グランドスラム”を達成した。

日本[編集]

サッカー[編集]

日本と韓国の共同開催大会。日本代表はグループHを2勝1分により1位となり初めてノックアウトステージ(ベスト16)に進出したが、1回戦でトルコに敗れた。対する共催国の韓国は3位決定戦で同じくトルコに敗れたが、国を挙げての盛り上がりが話題になった。イングランド代表デビッド・ベッカム選手が一躍人気者になった大会でもある。

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

黒人姉妹の妹セリーナ・ウィリアムズが全仏オープンからグランドスラム3連勝を達成した。

バスケットボール[編集]

バレーボール[編集]

プロレス[編集]

ボクシング[編集]

プロボクシング[編集]

日本のジム所属選手の世界戦[編集]

年間表彰選手[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

陸上競技[編集]

スポーツの賞[編集]

スポーツマン賞:ミハエル・シューマッハドイツF1
スポーツウーマン賞:ジェニファー・カプリアティアメリカテニス
新人賞:ファン・パブロ・モントーヤコロンビアF1
ワールドチーム賞:クリケットオーストラリア代表
カムバック賞:ゴラン・イワニセビッチクロアチア、テニス)

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし2005年にドーピングが発覚したため、抹消された。
  2. ^ 【12月19日】2002年(平14) 破格の25億円!松井秀喜、念願のヤンキース入り決定! - スポニチアネックス(2016年2月29日閲覧)