1941年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

幕内最高優勝

  • 春(1月10日初日、両国国技館):西横綱 双葉山定次(14勝1敗)
  • 夏(5月9日初日、両国国技館):西大関 羽黒山政司(14勝1敗)

優勝旗手

十両優勝

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

第2次世界大戦の影響により、全米オープンが1941年度の大会で中断される。全英オープンは1940年から開催中止となっていた。

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

戦時中の1945年まで他の4大大会は中断され、1940年まで開かれていた全豪選手権もついに開催中止となる。全米選手権だけは戦時中も途切れることなく開かれた。

野球[編集]

日本[編集]

プロ野球[編集]

東京大学野球[編集]

  • 9月11日 - 文部省の意向により土曜開催禁止、日曜・祭日のみの開催となる。
    • 春 - 法大が7勝2敗1分で優勝。
    • 秋 - 早大が4勝1敗で優勝。

中等野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]