1925年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

4月、皇太子(のちの昭和天皇)の台覧相撲が東宮御所でおこなわれ、そのときの下賜金で摂政宮杯がつくられ、翌年から個人優勝者に持ち回りで授与されるようになった。

7月、東京・大阪の両相撲協会の合併が調印された。

11月14日より、東西合同にともなう力量審査のため、京都市内で合併相撲が行われた。

12月28日、9月30日に申請した財団法人の認可がおりた。当時の名称は「大日本相撲協会」であった。

優勝掲額者

優勝旗手

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

全米プロゴルフ優勝者:ウォルター・ヘーゲンアメリカ)]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

総合優勝:アルフレッド・ビンダイタリア
総合優勝: オッタビオ・ボテッキアイタリア

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

全仏選手権がこの年から「国際大会」になり、フランス人以外の選手にも出場資格が与えられるようになった。この大会に関しては、「公認優勝記録」は1925年以後のものとなる。全米選手権の男子シングルスで、“ビッグ・ビル”ことチルデンが大会6連覇を達成。

野球[編集]

日本[編集]

中学野球[編集]

東京六大学野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]