1986年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

NFL[編集]

日本の大会[編集]

大相撲[編集]

競馬[編集]

日本のGI競走[編集]

中央競馬

優駿賞[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

ニクラウスのマスターズ6勝目は、彼のメジャー大会18勝目となる。これが“帝王”最後のメジャー大会優勝となった。この時“Jack is Back”(ジャック・イズ・バック = ジャックが戻ってきた)の声がオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを包んだ。全英オープンで、それまで数々の辛酸をなめてきたノーマンがついにメジャー大会初優勝。

世界4大大会(女子)[編集]

ブラッドリーが年間3冠を獲得し、女子ゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム」を達成。とりわけデュモーリエ・クラシックでは決勝ラウンドで猛烈な追い上げを見せ、日本の岡本綾子とのプレーオフを制した。

日本[編集]

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

トラックレース[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

全豪オープンの新スタジアム建設の関係で、開催時期が1985年12月 → 1987年1月に変更されたため、本年度のテニス4大大会は3つのみ。

クリス・エバートが全仏オープン7勝目、4大大会通算18勝目を挙げる。全仏7勝は大会歴代1位記録。これが彼女の4大大会最後の優勝になった(当時はまだ夫の姓と併用していた)。ベッカーが18歳でウィンブルドン選手権2連覇を達成。

バレーボール[編集]

プロレス[編集]

モータースポーツ[編集]

世界[編集]

日本[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

誕生[編集]

死去[編集]