ジェームズ・アンダーソン (テニス選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェームズ・アンダーソン
James Anderson
Tennis pictogram.svg
James Anderson at the 1922 Davis Cup.jpg
ジェームズ・アンダーソン
基本情報
フルネーム James Outram Anderson
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・シドニー市エンフィールド
生年月日 (1894-09-17) 1894年9月17日
没年月日 (1973-12-23) 1973年12月23日(79歳没)
死没地 同・シドニー市ゴスフォード
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 2013年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1922・24・25)
全英 ベスト4(1922・25)
全米 ベスト4(1921)
優勝回数 3(豪3)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1924)
全英 優勝(1922)
優勝回数 2(豪1・英1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1919)

ジェームズ・アンダーソンJames Anderson, 1894年9月17日 - 1973年12月23日)は、オーストラリアシドニー市エンフィールド出身の男子テニス選手。1920年代のオーストラリア・テニス界をリードした選手の1人で、全豪選手権男子シングルスで1922年1924年1925年の3度優勝した。彼はウィンブルドン選手権でも1922年に男子ダブルス優勝を達成し、オーストラリア人選手として史上3人目のウィンブルドン優勝者になっている。フルネームは James Outram Anderson (ジェームズ・アウトラム・アンダーソン)といい、普段は名前のイニシャルだけで「J・O・アンダーソン」と呼ばれた。

アンダーソンは「グレイハウンド」(Greyhound: 猟犬の一種、非常に足が速いことで知られる)というニックネームで呼ばれ、肩の高さから打つ強力なフォアハンド・ドライブ(ボールに順回転をかけたフォアハンド・ストローク)を最も得意にした。彼のバックハンド・ストロークは、フォアハンドと同じラケット面で打つ「逆さのバックハンド」(upside-down backhand)を駆使した。背が高く、やせた体格の持ち主であり、試合の時にはテニスコートに大きなカンガルーのぬいぐるみを持ってきたという。アンダーソンは選手経歴を通じて、オーストラリア国内外のイベントでジェラルド・パターソンと対戦する機会が多く、互いに強いライバル意識を持っていた。

来歴[編集]

アンダーソンは家族の8番目の子供として生まれ、学生時代の1914年ニューサウスウェールズ州のテニス・チャンピオンになった。第1次世界大戦の戦時中、彼は1915年から全米選手権に出場を始めた。戦時中でも、全米選手権だけは途切れることなく開かれていた。1918年11月の世界大戦終結により、他のテニス競技大会の開催が再開され、男子テニス国別対抗戦・デビスカップテニス4大大会全豪選手権ウィンブルドン選手権も再開される。1919年度の全豪選手権とデビスカップ決勝は、同じ開催地と時期に行われ、1920年1月後半にシドニーで開かれた。アンダーソンはデビスカップ決勝の第1試合と、全豪選手権のシングルス準決勝でアルガーノン・キングスコートイギリス)に連敗するが、オーストラリアはデビスカップ決勝でイギリスに「4勝1敗」の勝利を収めた。

1922年全豪選手権男子シングルス決勝で、ジェームズ・アンダーソンはジェラルド・パターソンに 6-0, 3-6, 3-6, 6-3, 6-2 のスコアで勝ち、初優勝を決めた。同年のウィンブルドン選手権男子ダブルスで、アンダーソンはランドルフ・ライセットとペアを組み、パターソンとパット・オハラウッドの組に 3-6, 7-9, 6-4, 6-3, 11-9 の逆転勝利を収めた。こうして、J・O・アンダーソンはノーマン・ブルックスとパターソンに続いて、オーストラリア人選手として3人目のウィンブルドン優勝者になった。同大会のシングルスでは、準決勝でパターソンに 1-6, 6-3, 9-7, 1-6, 3-6 で敗れ、決勝進出を逃している。第1次世界大戦中から参加してきた全米選手権では、1921年のベスト4が自己最高成績だった。

その後、アンダーソンは全豪選手権で1924年に男子シングルス・男子ダブルスの2冠を獲得し、1925年に男子シングルスで2年連続3度目の優勝を果たした。1925年は、ウィンブルドン選手権で3年ぶり2度目のベスト4進出もある。この頃からフランスの「四銃士」が台頭し始め、アンダーソンはフランス四銃士の1人であるルネ・ラコステに 4-6, 5-7, 1-6 で完敗した。1925年9月4日-7日にアメリカニューヨーク市内のフォレストヒルズにある「ウエストサイド・テニスクラブ」で開かれたデビスカップ「インターゾーン」決勝で、オーストラリアはフランスに「1勝3敗」で敗退し、デビスカップにおいてもオーストラリアとフランスの力関係が逆転した。アンダーソンもシングルス第2試合でジャン・ボロトラに敗れ、これが彼の最後のデビスカップ戦出場になる。1926年全豪選手権の準決勝でジョン・ホークスに敗れ、大会3連覇を逃した試合を最後に、アンダーソンは「プロテニス選手」に転向した。

ジェームズ・アンダーソンはデビスカップを通じて、日本チーム代表選手との対戦も多かった。日本がデビスカップに初出場を果たした1921年、オーストラリアは日本と準決勝で当たり、この時は日本が「4勝1敗」でオーストラリアに勝った。アンダーソンは日本代表との初対戦では、シングルス戦2試合で清水善造熊谷一弥の2人に敗れている。2年後の1923年デビスカップでは、オーストラリアは「アメリカン・ゾーン」決勝で日本に5戦全勝で勝ち、アンダーソンも清水と福田雅之助とのシングルス戦、清水と柏尾誠一郎組とのダブルス戦に完勝した。最後は1925年デビスカップ「アメリカン・ゾーン」決勝のシングルス第2試合で原田武一を退けた。グランドスラム大会の男子シングルスでは、アンダーソンと日本人選手の対戦はなかった。

全豪選手権でホークスに敗れた後、ジェームズ・アンダーソンは1926年12月から「プロテニス選手」に転向した。世界最初のプロテニス選手は、1926年夏にプロテニス選手契約書に署名したスザンヌ・ランランフランス)を含む6名であり、アンダーソンは彼らに続く早い時期にプロ選手になる。4年後の1930年、アンダーソンはアマチュア選手資格を取り戻そうと試みたが、失敗に終わった。(当時のテニス4大大会は出場資格がアマチュア選手に限られ、プロ選手になると参加資格を失った。)その後は故郷のシドニー市で過ごし、1960年代までテニスコーチとして活動した。全盛時代から半世紀後、ジェームズ・アウトラム・アンダーソンは1973年12月22日にシドニー市内のゴスフォードで78年の生涯を閉じた。

ジェームズ・アンダーソンは2013年に国際テニス殿堂入りを果たした。

4大大会優勝[編集]

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 本書には珍しく、没年月日に「1960年7月19日」の大きな誤記がある。
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3
  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3
  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0

外部リンク[編集]