ディニー・ペイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディニー・ペイルズ
Dinny Pails
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Dennis Robert Pails
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 イングランド・ノッティンガム
生年月日 (1921-03-04) 1921年3月4日
没年月日 (1986-11-22) 1986年11月22日(65歳没)
死没地 オーストラリア・シドニー
利き手
バックハンド 片手打ち
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1947)
全英 ベスト4(1947)
全米 4回戦(1947)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1946)
全英 準優勝(1946)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全英 ベスト8(1946)

ディニー・ペイルズDinny Pails, 1921年3月4日 - 1986年11月22日)は、オーストラリアの男子テニス選手。イングランドノッティンガム生まれ。1947年全豪選手権男子シングルス優勝者で、1946年ウィンブルドン選手権男子ダブルス準優勝もある。フルネームは Dennis Robert Pails (デニス・ロバート・ペイルズ)というが、愛称の「ディニー」で呼ばれた。右利きの選手。

来歴[編集]

ペイルズの家族は、ディニーが1歳だった時の1922年にイングランドからオーストラリアのシドニーに引っ越した。ディニーは13歳からテニスを始め、1937年から全豪選手権にデビューする。3年後の1940年に初の準々決勝へ進出したが、この時はジョン・ブロムウィッチに 5-7, 0-6, 0-6 で惨敗した。1939年9月に勃発した第2次世界大戦により、テニス競技大会は全米選手権以外はすべて開催中止となり、全豪選手権は1940年大会の終了後、5年間の中断期間があった。

1945年に第2次世界大戦が終結し、1946年全豪選手権が終戦後最初の4大大会イベントになる。ペイルズはこの大会で男子シングルス決勝に進み、ブロムウィッチに 7-5, 3-6, 5-7, 6-3, 2-6 で敗れた。半年後のウィンブルドン選手権で、ペイルズは男子シングルスの第1シードに選ばれたが、準々決勝で第5シードのイボン・ペトラフランス)に 5-7, 5-7, 8-6, 4-6 で敗退した。ペトラとの準々決勝でセンター・コートに向かう途中、ペイルズはロンドンの地下鉄に20分乗り遅れ、緊張した状態で会場に着いたという逸話が残っている。この大会では、同じオーストラリアのジェフ・ブラウンと組んだ男子ダブルスで決勝に進出したが、アメリカペアのジャック・クレーマートム・ブラウン組に 4-6, 4-6, 2-6 で敗れて準優勝になった。(同時代に活躍したこともあり、オーストラリアのジェフ・ブラウンとアメリカのトム・ブラウンは間違えやすい。)

1947年全豪選手権男子シングルス決勝は、2年連続でディニー・ペイルズとジョン・ブロムウィッチの顔合わせになった。ペイルズはブロムウィッチを 4-6, 6-4, 3-6, 7-5, 8-6 のフルセットで破り、終戦後の全豪選手権で初優勝を飾った。この後、ウィンブルドン選手権ではジャック・クレーマーとの準決勝まで勝ち進んだが、自身唯一の出場となった全米選手権は4回戦敗退に終わる。1947年の終わり頃、ペイルズはクレーマーと一緒に「プロテニス選手」に転向した。クレーマーの著書『ゲーム-テニスにおけるわが40年』(The Game: My 40 Years in Tennis)には、プロテニスツアーの同僚だったペイルズに関する詳しい描写が残されている。プロツアー引退後はテニスコーチになり、1986年11月22日にオーストラリア・シドニーにて65歳で死去した。

ペイルズは1946年1947年の2年間、男子テニス国別対抗戦・デビスカップオーストラリア代表選手を務めた。彼が起用された試合はすべてシングルス戦であったが、終戦直後のオーストラリアはアメリカに勝てず、ペイルズはジャック・クレーマー、ガードナー・ムロイテッド・シュローダーのアメリカ勢に全敗した。1947年「インターゾーン」決勝の対チェコスロバキア戦でヤロスラフ・ドロブニーに敗れた黒星もあり、ペイルズのデビスカップ成績は「3勝5敗」となった。

主な成績[編集]

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3
  • Joseph Johnson, “Grand Slam Australia: The Story of the Australian Open Tennis Championships” Country Books, Newport, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-9590084-0-3 全豪オープン男女シングルス歴代優勝者の評伝。153-156ページに「ディニー・ペイルズ」の章がある。
  • Jack Kramer, “The Game: My 40 Years in Tennis” (ゲーム-テニスにおけるわが40年) G. P. Putnam's Sons, New York (1979) ISBN 0-399-12336-9

外部リンク[編集]