1946年オーストラリア選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1946年 オーストラリア選手権(1946 Australian Championships)に関する記事。オーストラリアアデレード市内にある「メモリアル・ドライブ・テニスクラブ」にて開催。

大会の流れ[編集]

  • 1945年8月に第2次世界大戦が終結し、各種のスポーツ競技大会も開催が再開された。テニス4大大会の場合、全米選手権だけは戦時中も続行されていたが、終戦後の4大大会としては1946年全豪選手権が最初のイベントになる。
  • 1946年の本大会から、全豪選手権の男女シングルスでシード選手が定められるようになった。前回開催大会の1940年までは、全豪選手権の抽選表にシード選手の順位は残っていない。
  • 男子シングルスは「32名」の選手による5回戦制で行われ、8名のシード選手が定められた。
  • 女子シングルスは「23名」の選手による5回戦制で行われ、8名のシード選手が定められた。14名の選手が1回戦を戦い、9名の選手には「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手でも、第1・第3・第7・第8シードは1回戦から、第2・第4・第5・第6シードは2回戦から出場した。2回戦から出場したシード選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 注:日本語版記事では、1946年記事から(本年度のように、外国人出場者がいない場合でも)全選手の国籍を表示する。(1940年までは、地元オーストラリア人選手の国旗表示を省略した。)

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ジョン・ブロムウィッチ (優勝、7年ぶり2度目)
  2. オーストラリアの旗 エイドリアン・クイスト (ベスト4)
  3. オーストラリアの旗 ディニー・ペイルズ (準優勝)
  4. オーストラリアの旗 ハリー・ホップマン (ベスト8)
  5. オーストラリアの旗 ジャック・クロフォード (2回戦)
  6. オーストラリアの旗 ジェフ・ブラウン (ベスト4)
  7. オーストラリアの旗 ライオネル・ブロディー (ベスト8)
  8. オーストラリアの旗 ジャック・ハーパー (ベスト8)

女子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ナンシー・ウィン・ボルトン (優勝、5年ぶり=2大会連続3度目)
  2. オーストラリアの旗 ネル・ホール・ホップマン (ベスト8)
  3. オーストラリアの旗 テルマ・コイン・ロング (ベスト8)
  4. オーストラリアの旗 ジョーン・ハーティガン (ベスト8)
  5. オーストラリアの旗 コンスタンス・ウィルソン (ベスト4)
  6. オーストラリアの旗 アリソン・ハタズリー (2回戦=初戦)
  7. オーストラリアの旗 ダルシー・ウィテカー (ベスト8)
  8. オーストラリアの旗 ジョイス・フィッチ (準優勝)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献[編集]

  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3
先代:
1945年全米選手権 (テニス)
テニス4大大会
1945年 - 1946年
次代:
1946年全仏選手権 (テニス)
先代:
1940年オーストラリア選手権 (テニス)
全豪オープン
1946年
次代:
1947年オーストラリア選手権 (テニス)