ビビアン・マグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビビアン・マグラス
Vivian McGrath
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Vivian Erzerum Bede McGrath
愛称 Viv (ビブ)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・ニューサウスウェールズ州マジー
生年月日 (1916-02-17) 1916年2月17日
没年月日 (1978-04-09) 1978年4月9日(62歳没)
利き手
バックハンド 両手打ち
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1937)
全仏 ベスト8(1935)
全英 ベスト8(1935・37)
全米 4回戦(1933)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1935)
全仏 準優勝(1933-35)
優勝回数 1(豪1)

ビビアン・マグラスVivian McGrath, 1916年2月17日 - 1978年4月9日)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州マジー出身の男子テニス選手。1930年代にオーストラリアを代表する選手の1人として活躍し、1937年全豪選手権男子シングルス優勝者になった。彼は地元の全豪選手権だけでなく、全仏選手権でも男子ダブルス3年連続準優勝の成績がある。マグラスは「両手打ちバックハンド・ストローク」を世界に紹介した選手としても知られる。フルネームは Vivian Erzerum Bede McGrath (ビビアン・アーゼルム・ビード・マグラス)という。愛称の「ビブ・マグラス」(Viv McGrath)でテニス文献や優勝記録表などに記載されることも多い。右利きの選手。

若い頃から「テニスの天才少年」と呼ばれたマグラスは、1932年に16歳で全豪選手権のジュニア男子シングルスに優勝し、本戦でもベスト8に進出した。この準々決勝で敗れた相手が日本佐藤次郎であったことから、マグラスは早くから日本人選手たちと深いつながりを持っていた。1933年、マグラスはチーム史上最年少の17歳でデビスカップオーストラリア代表選手に初選出された。初めての海外遠征で、マグラスは全仏選手権でもジュニア男子シングルスに優勝し、この大会から3年連続で全仏選手権の男子ダブルス決勝に進出した。ここではエイドリアン・クイストとペアを組み、イギリスペアのフレッド・ペリージョージ・ヒューズ組に敗れて準優勝になる。全仏選手権の終了後、デ杯「ヨーロッパ・ゾーン」準決勝でオーストラリアは日本と対戦し、マグラスはシングルス第2試合で佐藤に勝ったが、第4試合で布井良助に敗れている。[1] 年末の全豪選手権では、マグラスは準々決勝でアメリカの強豪選手エルスワース・バインズを破り、準決勝まで進出した。

1934年デビスカップでもオーストラリアと日本との対戦が決まったが、エースの佐藤次郎が遠征中にマラッカ海峡で投身自殺したため、日本チームは弱体化した。この対戦では、マグラスはシングルス第1試合で山岸二郎を破っている。[2] この後、マグラスはデ杯で日本チームとの対戦はなかった。1934年全仏選手権男子ダブルス決勝では、マグラスはジャック・クロフォードとペアを組み、地元フランスジャン・ボロトラジャック・ブルニョン組に敗れた。1935年、マグラスは全仏選手権ウィンブルドンでシングルスのベスト8に入り、2大会連続でドイツゴットフリート・フォン・クラムに連敗した。最後の全仏選手権男子ダブルス決勝では、パートナーはドン・ターンブルであったが、同じオーストラリアエイドリアン・クイストジャック・クロフォード組に敗れ、ここでは3年連続の準優勝に終わった。

マグラスは地元の全豪選手権で、1935年の男子ダブルスと1937年の男子シングルスに優勝する。1935年の男子ダブルスではジャック・クロフォードとペアを組み、イギリスフレッド・ペリージョージ・ヒューズ組を 6-4, 8-6, 6-2 で破って優勝した。そしてついに、1937年の全豪選手権でマグラスは男子シングルス初優勝を達成する。1933年から1936年まで、シングルスでは4年連続のベスト4で止まっていたが、初進出の決勝でジョン・ブロムウィッチを 6-3, 1-6, 6-0, 2-6, 6-1 のフルセットで破り、21歳の若さでシングルス初栄冠を獲得した。対戦相手のブロムウィッチも、当時のテニス選手としては変則的なスタイルで、フォアハンド・ストロークとバックハンド・ストロークをともに両手打ちしていた。マグラスは1937年まで、5年間デビスカップ代表選手を務め、全豪選手権には1940年まで出場した。最後の全豪出場では、マグラスは男子ダブルスでクロフォードとペアを組み、決勝でエイドリアン・クイストジョン・ブロムウィッチ組に敗れて準優勝になる。クイストとブロムウィッチは、1938年からペアとして全豪男子ダブルス連覇記録を始めていた。

しかし第2次世界大戦が勃発すると、マグラスも軍役に就き、1941年11月から「オーストラリア帝国軍」にて輸送の仕事に携わった。世界大戦の終結後、マグラスは1946年5月に退役を認められたが、もう2度とテニスの早熟選手だった頃のフォームを取り戻せなかった。終戦後の彼は、手首や足などに関節炎を患い、喘息の発作にも悩まされた。(彼のライバル選手たちでも、エイドリアン・クイストジョン・ブロムウィッチは終戦後テニス界に復帰した。)その後は後進の育成に携わり、オーストラリアの首都キャンベラ日本大使館でコーチを務めたこともある。

ビビアン・マグラスは1978年4月9日、冠状動脈閉塞症のため62歳で死去した。彼の葬儀には、現役時代のライバルだったジャック・クロフォードエイドリアン・クイストも出席し、棺の付き添い人を務めた。

主な成績[編集]

  • 全豪選手権 男子シングルス:1勝(1937年)/男子ダブルス:1勝(1935年) [男子ダブルス準優勝2度:1936年・1940年]
  • 全仏選手権 男子ダブルス準優勝:1933年-1935年(3年連続)/男子シングルス・ベスト8:1935年
  • ウィンブルドン選手権 男子シングルス・ベスト8:1935年・1937年

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • 深田祐介著『さらば麗しきウィンブルドン』(文藝春秋、ISBN 4163400400、1985年) 佐藤次郎の伝記。本書の78・79ページに、1933年デビスカップ戦の様子が描かれている。

外部リンク[編集]