1987年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

NFL[編集]

日本の大会[編集]

大相撲[編集]

競馬[編集]

日本のGI競走[編集]

中央競馬

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀4歳牡馬 サクラスターオー
  • 最優秀3歳牡馬 サッカーボーイ
  • 最優秀3歳牝馬 シノクロス
  • 最優秀4歳牝馬 マックスビューティ
  • 最優秀5歳以上牡馬・最優秀短距離馬 ニッポーテイオー
  • 最優秀5歳以上牝馬 ダイナアクトレス
  • 最優秀父内国産 ミホシンザン
  • 最優秀ダートホース 該当馬無し
  • 最優秀障害馬 該当馬無し
  • 最優秀アラブ アキヒロホマレ
  • 騎手大賞・最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手 岡部幸雄

競輪[編集]

滝澤は高松宮杯競輪史上2人目の3連覇を達成。
滝澤は史上3人目となる、特別競輪3連覇を達成。
全日本競輪王決定戦:優勝 中野浩一福岡
全日本新人王決定戦:優勝 鈴木誠(千葉)

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

マスターズ優勝者のマイズは、大会開催地オーガスタの出身である。

世界4大大会(女子)[編集]

日本の岡本綾子が、全米女子オープンで3人の選手によるプレーオフに敗れ、またもやメジャー優勝を逃す。

日本[編集]

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

トラックレース[編集]

ロードレース[編集]

ロッシュが、エディ・メルクスに続いて2人目のトリプルクラウンを達成。

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

全豪オープンの開催時期が、この年から現在の1月開催に変更される。(1985年12月 → 1987年1月)レンドルは当時まだチェコスロバキア国籍。ナブラチロワのウィンブルドン選手権「6連覇」はこの年まで。全仏オープンで当時17歳11ヶ月のグラフが初優勝を飾り、8月16日に世界ランキング1位へ躍進する。

バレーボール[編集]

プロレス[編集]

 翌年からタイトル化され初代王者にアントニオ猪木が認定された。

モータースポーツ[編集]

世界[編集]

日本[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

誕生[編集]

死去[編集]