早川漣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早川 漣 Archery pictogram.svg
個人情報
生誕名 嚴 惠漣
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1987-08-24) 1987年8月24日(30歳)
大韓民国の旗 韓国全羅北道全州市
居住地 長崎県
身長 179 cm (5 ft 10 in)
体重 67 kg (148 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技 アーチェリー
クラブ V・ファーレン長崎チョープロ

早川 漣(はやかわ れん、大韓民国名:嚴 惠漣〈オム・ヘリョン〉[1]1987年8月24日 - )は、大韓民国全州出身の日本アーチェリー選手。日本体育大学[2]チョープロV・ファーレン長崎所属。ロンドンオリンピックアーチェリー競技女子団体銅メダリスト。

人物[編集]

姉は北京オリンピックアーチェリー日本代表の早川浪大韓民国名:嚴惠浪〈オム・ヘラン〉)。幼少の頃、両親が離婚したため、韓国の父方の元で育つ。アーチェリーは小学3年のときに始める。全北体育高校から実業団に進んだが[3]2007年に母親の日本人との再婚を契機として、先に来日していた姉を追って来日し[4]、日本体育大学に入学。

2009年末に日本国籍を取得し[5]、その後、大学4年生のときに日本代表に選出された。2010年全日本ターゲットアーチェリー選手権大会で初優勝。

大学卒業後の2011年4月より長崎県のスポーツ専門員として長崎県立佐世保商業高等学校に在職し、同校でアーチェリー部の副顧問を務めている[6]。同年7月、イタリアトリノで行われたアーチェリー世界選手権でベスト16に入り、ロンドンオリンピック個人出場枠を獲得。10月、イランテヘランで行われたアジア選手権では個人戦で3位、女子団体で優勝、混合で準優勝。ロンドンオリンピックテストマッチ個人戦4位。

2012年6月、アメリカのユタ州オグデンで行われたロンドンオリンピック最終予選3位決定戦でグルジアを破り、最後の団体戦出場枠を獲得。

7月29日川中香緒里蟹江美貴とともに出場したロンドンオリンピックアーチェリー競技の女子団体3位決定戦でロシアを破り、団体戦では男女通じて日本初の銅メダルを獲得した[7]。個人戦は3回戦敗退。

2014年秋の長崎国体で女子団体優勝。これを最後にしばらく競技から離れる。

2015年3月、右肩痛の悪化の為引退する意向を示す。その後長崎国際大学にて指導に回る。

2016年4月、現役復帰を望む周囲の声に翻意し、チョープロの社員兼V・ファーレン長崎に所属するアーチェリー選手として活動を再開して現役復帰を宣言した。「長崎に必要とされていると思いだして、『私にできるのはアーチェリーしかない、アーチェリーで恩返しするしかない』と思った。」と心境の変化を語った。東京オリンピックでアーチェリー日本代表を目指すことを明らかにした[8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]