レナウンローバーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レナウンローバーズレナウンスポンサーとした、かつて存在した社会人のアメリカンフットボールチーム。Xリーグが結成される前の1983年度から1988年度までライスボウルに6年連続出場し1985年度には優勝した強豪チーム。2002年ゴールデンゴーズを吸収合併、クラブチーム化。2003年に突如解散が発表されリーグ戦は辞退した[1]。本拠地だった習志野レナウングランド(レナウン習志野オフィスに付属)はオービックシーガルズが利用している。

主な成績[編集]

ライスボウル[編集]

年度 優勝 スコア 準優勝
1983年 37 京都大学ギャングスターズ 29 - 28 レナウンローバーズ
1984年 38 日本大学フェニックス 53 - 21 レナウンローバーズ
1985年 39 レナウンローバーズ 45 - 42 関西学院大学ファイターズ
1986年 40 京都大学ギャングスターズ 35 - 34 レナウンローバーズ
1987年 41 京都大学ギャングスターズ 42 - 8 レナウンローバーズ
1988年 42 日本大学フェニックス 47 - 7 レナウンローバーズ

東京スーパーボウル[編集]

年度 優勝 スコア 準優勝
1987年 1 レナウンローバーズ 31 - 28 アサヒビールシルバースター
1988年 2 レナウンローバーズ 28 - 20 松下電工インパルス

主な所属選手[編集]

  • 総監督:中瀬久雄(慶応大学OB)監督:谷口(慶応大学OB)ヘッドコーチ:小澤清明(中央大学OB)
  • 松岡秀樹
  • 鈴木隆之

斉藤悟、黒田裕介、植田隆雄、磯辺公人、田中裕介、平山裕二、柿沼真一、木和田、毛利、徳丸、尾寺忠、武内慎吾、原田敏、木村、渡辺たけし、山澤真樹、加藤裕、平野三美、平野雅義、松田真司、小浦、澁谷治男、及川、本田学、相澤健一、猿木雅文、星名、池田貴之、柏木広志、金子但、鈴木堅世、櫻田勝巳、石井、柴田、田中篤史、徳坂慎、羽鳥仁一、戸川幸信、勝山、高岡、松井政則、田中慎、金子大助、田河、安保、有賀修一、小畑昌也、高野、南部、

脚注[編集]

[ヘルプ]