アンディ・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・マレー Tennis pictogram.svg
Andy Murray Tokyo 2011.jpg
2011年楽天ジャパンオープンにて
基本情報
ラテン文字名 Andy Murray
フルネーム Andrew Murray
愛称 アンディ
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 スコットランドの旗 スコットランド・ダンブレーン
生年月日 1987年5月15日(28歳)
身長 190cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 37勝
シングルス 35勝
ダブルス 2勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(2010・11・13・15)
全仏 ベスト4(2011・14)
全英 優勝(2013)
全米 優勝(2012)
優勝回数 2(米1・英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2006)
全仏 2回戦(2006)
全英 1回戦(2005)
全米 2回戦(2008)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(2009年8月17日)
ダブルス 51位(2011年10月17日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2012 ロンドン シングルス
2012 ロンドン 混合ダブルス
2015年5月11日現在

アンディ・マレーAndy Murray, 1987年5月15日 - )は、スコットランドダンブレーン英語版出身の男子プロテニス選手。フルネームは Andrew Murray (アンドリュー・マレー)というが、愛称の「アンディ」で呼ばれることが多い。現地読みに近い「アンディ・マリー」とする表記もある[1]。身長190cm、体重84kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

4大大会では、2012年全米2013年ウィンブルドンの2度優勝(イギリス人選手77年ぶりの優勝者)、6度の準優勝経験がある。また、ロンドン五輪男子シングルス部門でイギリス勢104年ぶりの金メダリスト。マスターズ1000優勝10回。シングルス自己最高ランキングは2位。生涯獲得賞金ランキング歴代5位。

ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチと共にBIG4と称される。

1歳年上の兄ジェイミー・マレーもプロテニス選手で、ダブルスのスペシャリスト。

来歴[編集]

ジュニア時代[編集]

アンディ・マレーはスコットランドのナショナル・コーチを務めていた母親の手ほどきにより、3歳からテニスを始めた。少年時代はサッカーでも才能があり、スコットランドの名門サッカークラブ「グラスゴー・レンジャーズ」からスカウトを受けたこともあるが、職業としてテニスに専念する。

2003年からATPチャレンジャーツアー、フューチャーズサーキットに出場し始める。彼の初大会であるマンチェスターチャレンジャーでベスト8入り。グラスゴーフューチャーズで初タイトルを獲得した。エディンバラフューチャーズでもベスト4入り[2]。2004年7月にノッティンガムのチャレンジャー大会に出場するも2回戦でジョー=ウィルフリード・ツォンガに敗れる。ハティバとローマの大会には優勝した。

2004年9月、全米オープンの男子ジュニアシングルス部門で優勝。オーストリア戦のデビスカップ代表に選ばれるも出場はなかった。この年BBC Young Sports Personality of the Yearを受賞。2003年には世界ジュニアランキングでシングルス6位、ダブルス8位。2004年には2位にランクインした[3]

2005年-2007年 世界15位入り[編集]

2005年全仏オープンまではジュニア選手の大会にも出場したが、この年からプロテニス選手として本格的な活動を始め、地元のウィンブルドン選手権大会で4大大会の本戦にデビューした。初出場のウィンブルドンでダビド・ナルバンディアンアルゼンチン)との3回戦に勝ち進み、マレーはイギリスの新しい才能として期待を集めた。続く全米オープンでは2回戦でアルノー・クレマンフランス)に敗れたが、9月末にタイバンコク大会で初のツアー大会決勝進出を果たす。2005年末には世界ランキングを一気に64位まで上げ、10代の男子テニス選手としてはノバク・ジョコビッチセルビア)に続く高いポジションにつけた。

2006年2月13日、アンディ・マレーはアメリカカリフォルニア州サンホセ大会の決勝でレイトン・ヒューイットを 2-6, 6-1, 7-6 で破り、18歳9ヶ月でツアー初優勝を果たす。4大大会でも、2度目のウィンブルドンでは3回戦でアンディ・ロディックとの“アンディ対決”を 7-6, 6-4, 6-4 で制してさらに評価を高めたが、4回戦でキプロスマルコス・バグダティスに 3-6, 4-6, 6-7 のストレートで敗れた。8月のシンシナティ・マスターズでは、2回戦で当時ランク1位のロジャー・フェデラーに勝利する大金星を挙げ、2006年シーズンにナダル以外で、フェデラーから勝利をあげた唯一の選手となった。全米オープンで第17シードを得たマレーは、ニコライ・ダビデンコロシア)との4回戦まで勝ち進み、一気に世界ランキング16位まで上昇した。

2007年全豪オープンで第15シードを得たマレーは、4回戦で第2シードのラファエル・ナダルスペイン)に 7-6, 4-6, 6-4, 3-6, 1-6 のフルセットで惜敗した。2月にサンホセ大会で2連覇を達成し、10月第3週のロシアサンクトペテルブルク大会でツアー3勝目を挙げた。他にもマスターズでは2度ベスト4に残った。

2008年 マスターズ優勝 グランドスラム決勝進出[編集]

2008年のシーズンに入り、マレーは5つのシングルス優勝を加えた。ウィンブルドンでは初めて準々決勝に駒を進めたが、ナダルに 3-6, 2-6, 4-6 のストレートで完敗した。ウィンブルドン終了後、7月末の「シンシナティ・マスターズ」では第8シードで出場。サム・クエリードミトリー・トゥルスノフカルロス・モヤイボ・カロビッチを破り決勝進出。決勝で第3シードで同い年のノバク・ジョコビッチを破り、ATPマスターズシリーズ初優勝を達成。

全米オープンでは第6シードとしてセルヒオ・ロイトマンミカエル・ロドラユルゲン・メルツァースタニスラス・ワウリンカに勝利。準決勝で世界ランキング1位のラファエル・ナダルを 6-2, 7-6, 4-6, 6-4 で破って決勝進出を決めた。初進出の決勝戦では、第2シードのロジャー・フェデラーに 2-6, 5-7, 2-6 で敗れて準優勝になった。10月のマドリード・マスターズでは第4シードで出場。シモーネ・ボレッリマリン・チリッチガエル・モンフィス、第2シードのロジャー・フェデラーを破り決勝進出。決勝ではジル・シモンを6-4, 7-6で勝利し優勝。マスターズ2勝目を挙げる。年間最終戦であるテニス・マスターズ・カップに初出場。ロジャー・フェデラーアンディ・ロディックジル・シモンに勝利し3勝0敗でラウンドロビン通過するも準決勝でニコライ・ダビデンコに敗北。最終的には世界ランキング4位で終える。

2009年 世界ランキング2位 BIG4に[編集]

5月のインディアンウェルズ・マスターズでは第4シードで出場。トミー・ロブレドイワン・リュビチッチ、第2シードのロジャー・フェデラーを破り決勝でラファエル・ナダルに敗れ準優勝。第4シードで出場したマイアミ・マスターズではフェルナンド・ベルダスコ、フアン・マルティン・デル・ポトロ、ノバク・ジョコビッチを倒し優勝。マスターズ3勝目を挙げる。ウィンブルドン選手権では、地元の期待を背負いながら初の準決勝に進出したが、第6シードのアンディ・ロディックに 4-6, 6-4, 6-7(7-9), 6-7(5-7) で敗れて決勝進出を逃した。

ロジャーズ・カップでは第3シードで出場。フアン・カルロス・フェレーロニコライ・ダビデンコジョー=ウィルフリード・ツォンガフアン・マルティン・デル・ポトロを倒し優勝。マスターズ4勝目を挙げた。同年8月17日付の男子ツアーシングルス世界ランキングで、マレーは初めて「2位」にランクされ、両膝の故障で戦線を離脱していたラファエル・ナダルを抜いた。しかし、前年度に準優勝の成績を出した全米オープンでは4回戦でマリン・チリッチクロアチア)に敗れ、ここでいったん世界ランキングが後退した。年末ランキングでは2年連続4位となる。

2010年 2度のマスターズ優勝 全豪決勝進出[編集]

ホップマンカップではローラ・ロブソンとペアを組み出場。カザフスタンドイツロシアを倒し決勝進出するも決勝でスペインに敗れる。2010年全豪オープンでは、ジョン・イスナー、第2シードのラファエル・ナダルマリン・チリッチを倒し、イギリス人男子選手として1977年12月ジョン・ロイド以来33年ぶりの決勝進出を決めた。(1977年度の全豪オープンは、年頭の1月開催と年末の12月開催の2度行われ、ロイドの決勝進出は年末開催のイベントだった。)この決勝戦でも再びフェデラーに 3-6, 4-6, 6-7(11-13) のストレートで敗れ、初優勝はならなかった。

全仏オープンでは4回戦でトマーシュ・ベルディハに敗れる。ウィンブルドンではジル・シモンサム・クエリージョー=ウィルフリード・ツォンガに勝利しラファエル・ナダルに敗れるも2年連続ベスト4入り。ロジャース・カップではガエル・モンフィスダビド・ナルバンディアン、第1シードのラファエル・ナダルらを破り決勝進出。決勝ではロジャー・フェデラーを7-5, 7-5で勝利し2連覇達成。全米オープンはマリン・チリッチに敗れ4回戦敗退。上海マスターズではジェレミー・シャルディージョー=ウィルフリード・ツォンガフアン・モナコらを破り決勝進出。決勝でロジャー・フェデラーに6-3, 6-2で勝利しマスターズ6勝目を挙げる。2010年ツアーで5360ポイントを稼ぎ第5位の成績でATPワールドツアー・ファイナルに出場。ラウンドロビンはフェデラーに敗れるもロビン・セーデリングダビド・フェレールに勝利し準決勝進出。準決勝でラファエル・ナダルに6-7, 6-3, 6-7で敗れる。

2011年 2度のマスターズ優勝 連続ベスト4入り[編集]

2011年全豪オープンで2年連続となる決勝に進出したが、ノバク・ジョコビッチに 4–6, 2–6, 3–6 のストレートで敗れ4大大会3度目の準優勝となった。年末世界ランキング3年連続4位となる。

マレーは2011年全仏オープンで初めてのベスト4に進出したが、ラファエル・ナダルに 4-6, 5-7, 4-6 で敗れた。 2011年ウィンブルドン選手権で3年連続の準決勝に進出したが、またもナダルに 7-5, 2-6, 2-6, 4-6 で敗れた。2011年全米オープンでも準決勝に進出し、2011年の4大大会全てでベスト4以上に進出したが、準決勝でナダルに 4-6, 2-6, 6-3, 2-6 で敗れた。年間での4大大会すべてベスト4入りは男子史上7人目。マスターズ1000では第4シードで出場したシンシナティ・マスターズではジル・シモンマーディ・フィッシュらを倒し決勝進出。決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチに勝利し3年ぶりの優勝。

秋のアジアシリーズではバンコク・東京で2大会連続優勝を果たし、第2位シードで出場した上海マスターズはスタン・ワウリンカ、マシュー・エブデン、錦織圭らを倒し決勝進出。決勝ではダビド・フェレールに7-5, 6-4で勝利し優勝。しかし最終戦のATPワールドツアー・ファイナルではダビド・フェレールとの1試合目を落とした後、太もも付け根の負傷のため大会を棄権した。最終世界ランキング4年連続4位となる。

2012年 悲願のグランドスラム優勝 オリンピック金メダル[編集]

2012年度より、コーチとして往年の名選手でもあるイワン・レンドルを招聘した。全豪オープンでは準々決勝で錦織圭に 6-3, 6-3, 6-1 で快勝したが、準決勝でノバク・ジョコビッチに 3-6, 6-3, 7-6(4), 1-6, 5-7 で競り負けた。ウィンブルドンでは、イギリス人選手としては74年ぶりの決勝進出を果たすも、ロジャー・フェデラーに 6-4, 5-7, 3-6, 4-6で敗れ、1936年大会のフレッド・ペリー以来の優勝を逃した。それでも、続くロンドンオリンピックではスタニスラス・ワウリンカヤルコ・ニエミネンマルコス・バグダティスニコラス・アルマグロノバク・ジョコビッチを倒し決勝進出。決勝でフェデラーを6-2, 6-1, 6-4で破り、地元開催のオリンピックで金メダルを獲得した。イギリス人選手の金メダリストはジョシア・リッチー以来104年ぶりとなる。また、ローラ・ロブソンとのペアで出場した混合ダブルスでは銀メダルを獲得した。

全米オープンではアレックス・ボゴモロフ・ジュニア、イワン・ドディグフェリシアーノ・ロペスミロシュ・ラオニッチマリン・チリッチトマーシュ・ベルディハを倒し決勝進出。決勝でノバク・ジョコビッチを7-6, 7-5, 2-6, 3-6, 6-2全米決勝史上最長タイの4時間54分に及ぶ激闘を制し、4大大会5度目・初の決勝進出から4年越しでの悲願のグランドスラムタイトルを手に入れた。その後の上海マスターズでは決勝でジョコッビッチに7-5, 6-7, 3-6とマッチポイントを握るも敗退し3連覇とはならなかった。ATPワールドツアー・ファイナルではトマーシュ・ベルディハジョー=ウィルフリード・ツォンガに勝利しラウンドロビンを突破するも準決勝でフェデラーに敗退した。最終世界ランキングで初めてラファエル・ナダルを上回り3位となる。

2013年 77年ぶりのウィンブルドン優勝[編集]

2013年年初に行われたブリスベン国際では、決勝で若手のグリゴール・ディミトロフを下し2連覇。全豪オープンでは、準決勝でフェデラーにフルセットで勝利したが、決勝ではノバク・ジョコビッチにセットカウント1-3で敗退し準優勝に終わる。3月のソニー・エリクソン・オープンでは第2シードで出場。バーナード・トミックグリゴール・ディミトロフアンドレアス・セッピマリン・チリッチリシャール・ガスケを破り決勝進出。決勝でダビド・フェレールを2-6, 6-4, 7-6で下し2009年以来4年ぶりの優勝。またマスターズ1000の優勝は2011年上海マスターズ以来となる。

クレーコートシーズンのマスターズ3大会は、2回戦敗退や3回戦敗退など早期敗退が目立った。全仏オープンは腰の痛みにより欠場し、4大大会連続決勝進出も3大会でストップ。9大会連続ベスト8入りもストップした。復帰後のエイゴン選手権決勝でマリン・チリッチを下しシーズン3勝目を挙げた。 ウィンブルドンでは、ベンヤミン・ベッカー盧彦勳トミー・ロブレドミハイル・ユージニーフェルナンド・ベルダスコイェジ・ヤノヴィッツを倒し決勝進出。決勝戦でノバク・ジョコビッチをセットカウント3-0(6-4、7-5、6-4)で破り、1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元グランドスラム優勝を果たす快挙を達成した。最終世界ランキングは自身5回目となる4位につける。

2014年 怪我による不調[編集]

1月22日、第4シードで臨んだ全豪オープンでは準々決勝で第6シードのロジャー・フェデラーに敗れベスト8。6月7日、全仏オープンでは大会第1シードのラファエル・ナダルに6-3、6-2、6-1で敗退しベスト4。7月3日、前回王者として望んだ2014年ウィンブルドン選手権では準々決勝で第11シードのグリゴール・ディミトロフに敗れベスト8に終わる。ウィンブルドンでベスト4に上がれなかったのは2008年以来6年ぶり。9月4日、全米オープンに大会準々決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチに敗れベスト8。9月28日、深センオープントミー・ロブレドを5-7, 7-6, 6-1で下し、昨年のウィンブルドン選手権以来、1年以上ぶりに優勝した。10月19日バレンシア・オープン500ダビド・フェレールとの接戦を制し、5-7, 6-2, 7-5で勝利しての優勝。ATPポイントで11位から8位に浮上。10月26日、バレンシアでシングルス決勝でトミー・ロブレドに3-6, 7-6, 7-6で競り勝ち、シングルス通算31回目のタイトルを手にした。ATPポイントで5位に浮上。その他ATPワールドツアー・マスターズ1000では5つのベスト8を飾り世界6位の成績で自身7度目の選出となるATPワールドツアー・ファイナル出場を決めた。

2015年 全豪での再躍進、クレーコートでの初優勝[編集]

2015年 全豪オープングリゴール・ディミトロフニック・キリオストマーシュ・ベルディハらを破り2年ぶり4度目の決勝進出。決勝でノバク・ジョコビッチに敗れ、グランドスラムでは6回目の準優勝となった。全豪での準優勝4回はオープン化以降最多記録[4]。2月23日、世界ランキングでラファエル・ナダルを上回り、2013年10月以来の世界3位となった。3月19日、BNPパリバ・オープンシングルス準々決勝が行われ第12シードのフェリシアーノ・ロペスを6-3, 6-4のストレートで下し、6年ぶり2度目のベスト4進出。この勝利により通算497勝目をあげ、ティム・ヘンマンを抜きオープン化以降イギリス人選手最多勝利を記録した[5]。3月31日、マイアミ・オープン4回戦で第15シードのケビン・アンダーソンを6-4, 3-6, 6-3のフルセットで下し、ベスト8進出したと共に、オープン化以降46人目となるキャリア500勝を達成した。同大会2009, 2013年優勝のマレーは4年連続6度目のベスト8進出となる[6]。決勝まで進むもノバク・ジョコビッチに敗れた。その後、5月でのBMWオープンで決勝において地元ドイツ出身のフィリップ・コールシュライバーを7-6, 5-7, 7-6のフルセットで下し、自身初のクレーコート大会での優勝を飾った。

5月、マドリード・オープンでは準決勝で昨年準優勝の錦織圭に勝利。決勝では大会2連覇中のラファエル・ナダルを6-3, 6-2で勝利し大会2008年ぶり2度目・マスターズ1000では2年ぶり10回目の優勝。マスターズ1000のクレーコートでの優勝は初。またナダルにはクレーコートでの初勝利を挙げた[7]BNLイタリア国際では連戦による疲労のため3回戦の前に棄権した。全仏オープンでは準々決勝でダビド・フェレールにクレーコートで初勝利し、2年連続のベスト4進出、準決勝ではノバク・ジョコビッチに3-6, 3-6, 7-5, 7-5, 1-6のフルセットで敗れた。

6月のエイゴン選手権では決勝でケビン・アンダーソンを破り優勝、ウィンブルドン選手権ではイボ・カルロビッチバセク・ポシュピシルらを破りベスト4に進出するも準決勝でロジャー・フェデラーに5-7, 5-7, 4-6のストレートで敗れた。8月のシティ・オープンでは第1シードで出場するも初戦でティムラズ・ガバシュビリに4-6, 6-4, 6-7(4-7)で敗れ、2年ぶりの初戦敗退を喫した。翌週のロジャーズ・カップでは、準々決勝で前回王者のジョー=ウィルフリード・ツォンガに6-4, 6-4で、準決勝で錦織圭に6-3, 6-0で勝利、決勝でノバク・ジョコビッチに6-4, 4-6, 6-3で勝利し同大会5年ぶりの優勝を果たし、世界ランキングは2013年8月以来約2年ぶりの2位となった。翌週のシンシナティ・マスターズでは3回戦でグリゴール・ディミトロフに4-6, 7-6(7-3), 5-2と追い込まれるもそこから5ゲーム連取し勝利、準々決勝のリシャール・ガスケ戦でも4-6, 6-1, 6-4と苦しい立ち上がりながら準決勝に進出、しかし準決勝でロジャー・フェデラーに4-6, 6-7(6-8)で敗れた。

ナショナル・アイデンティティ[編集]

イギリスには難しい民族の問題が数多くある。その1つに、スコットランド人イングランド人の間の敵対感情があり、迫害された歴史からスコットランド人のなかには自らをイギリス人と思わない人々も存在する。1936年以来76年ぶりのイギリス人としての優勝が期待された2012年ウィンブルドン選手権の決勝では、会場にユニオン・ジャックに負けない数のセント・アンドリュー・クロス 旗が翻った。

しかし、マレーは自身を「スコットランド人であるけれども、イギリス人でもある(Scottish, but also British.)」と認識している。BBCのインタビューでは、「もともと僕の家はニューカッスルから移ってきた一家で、自分は4分の1イングランドの血が入っている。それにコーチはスコットランド人だけれど、ガールフレンドはイングランド人なんだよ」と答えている[8]

2014年9月18日に行われるスコットランド独立住民投票について「スコットランドにとって大いなる日。結果にわくわくしている。決行しよう」と賛成票を当日ツイッターで呼びかけた(マレー自身は投票時点ではロンドン近郊に在住しており、投票権を持たない)。

プレースタイル[編集]

ミスの少ないグランドストローク、予測・反応に長けた守備と攻撃に切り替えるスピードが武器のカウンターパンチャー。その速く的確な守備により守備位置からウィニングショットを打つことができる[9] [10]。彼のプレイはミロスラフ・メチージュに通じると言われている。

ダイナミックなストローク、両手バックハンドは最高レベルの1人。ティム・ヘンマンはマレーはレイトン・ヒューイットに次ぐ最高のロブを持っていると述べている[11]。リターナーとしても優秀で予測能力とリーチの長さでサービスエースを阻止できる[12]。またマレーはもっともインテリジェントな戦術家の1人として知られている[13]

肉体維持のため、試合後1時間以内にプレーで失われた炭水化物タンパク質の補給に寿司を食べている[14]

記録[編集]

※オープン化以降

オリンピック金メダルと全米オープン優勝の2冠
2012年に記録。史上唯一。
全豪オープン最多準優勝「5回」
2010–2015 最多記録。
グランドスラム準決勝連続進出記録「5」
2011年全豪–12全豪 歴代5位タイ記録
グランドスラム ベスト8連続進出記録「9」
2011年全豪-2013年全豪。歴代7位記録。
また、2013年全仏を挟んで2013ウィンブルドンからも記録を更新しておりこちらは現在歴代8位タイ記録。
年間で4大大会全ての準決勝に進出
2011年に記録。史上6人目
上海マスターズ優勝「2回」
ノバク・ジョコビッチとタイ記録。
上海マスターズ決勝進出「3回」
上海マスターズ「2連覇」
ノバク・ジョコビッチとタイ記録。
上海マスターズ決勝進出「3連続」
6–0, 6–0, 6–0で勝利
2011年。ステファン・エドベリら5人も記録。
オリンピック1大会でメダル獲得「2個」
マイク・ブライアンら6人とタイ記録。

主要大会決勝[編集]

グランドスラム決勝[編集]

シングルス: 8 (2タイトル, 6準優勝)[編集]

結果 No. 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年 全米オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 2–6, 5–7, 2–6
準優勝 2. 2010年 全豪オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 4–6, 6–7(11)
準優勝 3. 2011年 全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 4–6, 2–6, 3–6
準優勝 4. 2012年 ウィンブルドン スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–4, 5–7, 3–6, 4–6
優勝 1. 2012年 全米オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(10), 7–5, 2–6, 3–6, 6–2
準優勝 5. 2013年 全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(2), 6–7(3), 3–6, 2–6
優勝 2. 2013年 ウィンブルドン セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 7–5, 6–4
準優勝 6. 2015年 全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6-7(5), 7-6(4), 3-6, 0-6

マスターズ1000決勝[編集]

シングルス: 15 (11タイトル, 4準優勝)[編集]

結果 No. 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2008年 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(4), 7–6(5)
優勝 2. 2008年 スペインの旗 マドリード ハード (室内) フランスの旗 ジル・シモン 6–4, 7–6(6)
準優勝 1. 2009年 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 1–6, 2–6
優勝 3. 2009年 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–2, 7–5
優勝 4. 2009年 カナダの旗 モントリオール ハード アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 6–7(4), 7–6(3), 6–1
優勝 5. 2010年 カナダの旗 トロント ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 7–5, 7–5
優勝 6. 2010年 中華人民共和国の旗 上海 ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–3, 6–2
優勝 7. 2011年 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 3–0 途中棄権
優勝 8. 2011年 中華人民共和国の旗 上海 ハード スペインの旗 ダビド・フェレール 7–5, 6–4
準優勝 2. 2012年 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 1–6, 6–7(4)
準優勝 3. 2012年 中華人民共和国の旗 上海 ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–5, 6–7(11), 3–6
優勝 9. 2013年 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード スペインの旗 ダビド・フェレール 2–6, 6–4, 7–6(1)
準優勝 4. 2015年 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6-7(3), 6-4, 0-6
優勝 10. 2015年 スペインの旗 マドリード クレー スペインの旗 ラファエル・ナダル 6-3, 6-2
優勝 11. 2015年 カナダの旗 モントリオール ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 4–6, 6-3

ダブルス: 1 (1準優勝)[編集]

結果 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 2013年 カナダの旗 モントリオール ハード イギリスの旗 コリン・フレミング オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
4–6, 6–7(4)

オリンピック決勝[編集]

シングルス: 1 (1 金メダル)[編集]

結果 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 2012年 イギリスの旗 ロンドン五輪 スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–2, 6–1, 6–4

混合ダブルス: 1 (1 銀メダル)[編集]

結果 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 2012年 ロンドン五輪 イギリスの旗 ローラ・ロブソン ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
6–2, 3–6, [8–10]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 51回 (35勝16敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (2-6)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
オリンピック (1-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (11-4)
ATPワールドツアー・500シリーズ (5-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (16-5)
サーフェス別タイトル
ハード (26-15)
クレー (2-0)
芝 (6-1)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2005年10月1日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 5–7
優勝 1. 2006年2月19日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 2–6, 6–1, 7–6(3)
準優勝 2. 2006年8月6日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード フランスの旗 アルノー・クレマン 6–7(4), 2–6
準優勝 3. 2007年1月6日 カタールの旗 ドーハ ハード クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 4–6, 4–6
優勝 2. 2007年2月18日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) クロアチアの旗 イボ・カロビッチ 6–7(3), 6–4, 7–6(2)
準優勝 4. 2007年10月7日 フランスの旗 メス ハード (室内) スペインの旗 トミー・ロブレド 6–0, 2–6, 3–6
優勝 3. 2007年10月28日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ 6–2, 6–3
優勝 4. 2008年1月5日 カタールの旗 ドーハ ハード スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ 6–4, 4–6, 6–2
優勝 5. 2008年2月17日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) クロアチアの旗 マリオ・アンチッチ 6–3, 6–4
優勝 6. 2008年8月3日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(4), 7–6(5)
準優勝 5. 2008年9月8日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 2–6, 5–7, 2–6
優勝 7. 2008年10月19日 スペインの旗 マドリード ハード (室内) フランスの旗 ジル・シモン 6–4, 7–6(6)
優勝 8. 2008年10月26日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード (室内) カザフスタンの旗 アンドレイ・ゴルベウ 6–1, 6–1
優勝 9. 2009年1月10日 カタールの旗 ドーハ ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 6–4, 6–2
優勝 10. 2009年2月15日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スペインの旗 ラファエル・ナダル 6–3, 4–6, 6–0
準優勝 6. 2009年3月22日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 1–6, 2–6
優勝 11. 2009年4月5日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–2, 7–5
優勝 12. 2009年6月14日 イギリスの旗 ロンドン アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ブレーク 7–5, 6–4
優勝 13. 2009年8月16日 カナダの旗 モントリオール ハード アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 6–7(4), 7–6(3), 6–1
優勝 14. 2009年11月8日 スペインの旗 バレンシア ハード (室内) ロシアの旗 ミハイル・ユージニー 6–3, 6–2
準優勝 7. 2010年1月31日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 4–6, 6–7(11)
準優勝 8. 2010年8月1日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 7–5, 6–7(2), 3–6
優勝 15. 2010年8月15日 カナダの旗 トロント ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 7–5, 7–5
優勝 16. 2010年10月17日 中華人民共和国の旗 上海 ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–3, 6–2
準優勝 9. 2011年1月30日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 4–6, 2–6, 3–6
優勝 17. 2011年6月13日 イギリスの旗 ロンドン フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 3–6, 7–6(2), 6–4
優勝 18. 2011年8月21日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 3–0 途中棄権
優勝 19. 2011年10月2日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ヤング 6–2, 6–0
優勝 20. 2011年10月9日 日本の旗 東京 ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 3–6, 6–2, 6–0
優勝 21. 2011年10月16日 中華人民共和国の旗 上海 ハード スペインの旗 ダビド・フェレール 7–5, 6–4
優勝 22. 2012年1月8日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ウクライナの旗 アレクサンドル・ドルゴポロフ 6–1, 6–3
準優勝 10. 2012年3月3日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 5–7, 4–6
準優勝 11. 2012年4月1日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 1–6, 6–7(4)
準優勝 12. 2012年7月8日 イギリスの旗 ウィンブルドン スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–4, 5–7, 3–6, 4–6
優勝 23. 2012年8月5日 イギリスの旗 ロンドン五輪 スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–2, 6–1, 6–4
優勝 24. 2012年9月10日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(10), 7–5, 2–6, 3–6, 6–2
準優勝 13. 2012年10月14日 中華人民共和国の旗 上海 ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–5, 6–7(11), 3–6
優勝 25. 2013年1月6日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ブルガリアの旗 グリゴル・ディミトロフ 7–6(0), 6–4
準優勝 14. 2013年1月27日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7–6(2), 6–7(3), 3–6, 2–6
優勝 26. 2013年3月31日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード スペインの旗 ダビド・フェレール 2–6, 6–4, 7–6(1)
優勝 27. 2013年6月16日 イギリスの旗 ロンドン クロアチアの旗 マリン・チリッチ 5–7, 7–5, 6–3
優勝 28. 2013年7月7日 イギリスの旗ウィンブルドン セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 7–5, 6–4
優勝 29. 2014年9月28日 中華人民共和国の旗深圳 ハード スペインの旗 トミー・ロブレド 5–7, 7–6(9), 6–1
優勝 30. 2014年10月18日 オーストリアの旗ウィーン ハード/室内 スペインの旗 ダビド・フェレール 5–7, 6–2, 7–5
優勝 31. 2014年10月25日 スペインの旗バレンシア ハード/室内 スペインの旗 トミー・ロブレド 3–6, 7–6(7), 7–6(8)
準優勝 15. 2015年2月1日 オーストラリアの旗全豪オープン ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6-7(5), 7-6(4), 3-6, 0-6
準優勝 16. 2015年4月5日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6-7(3), 6-4, 0-6
優勝 32. 2015年5月4日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ドイツの旗 フィリップ・コールシュライバー 7-6(4), 5-7, 7-6(4)
優勝 33. 2015年5月10日 スペインの旗 マドリード クレー スペインの旗 ラファエル・ナダル 6-3, 6-2
優勝 34. 2015年6月21日 イギリスの旗 ロンドン 南アフリカ共和国の旗 ケビン・アンダーソン 6–3, 6–4
優勝 35. 2015年8月16日 カナダの旗 モントリオール ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 4–6, 6-3

ダブルス: 4回 (2勝2敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年10月1日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) イギリスの旗 ジェイミー・マレー イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
2–6, 6–2, [4–10]
優勝 1. 2010年11月7日 スペインの旗 バレンシア ハード (室内) イギリスの旗 ジェイミー・マレー インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
7–6(8), 5–7, [10–7]
優勝 2. 2011年10月9日 日本の旗 東京 ハード イギリスの旗 ジェイミー・マレー チェコの旗 フランティセク・チェルマク
スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク
6–1, 6–4
準優勝 2. 2013年8月11日 カナダの旗 モントリオール ハード イギリスの旗 コリン・フレミング オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
4–6, 6–7(4)

シングルス成績[編集]

4大大会[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン A 1R 4R 1R 4R F F SF F QF F 39–10
全仏オープン A 1R A 3R QF 4R SF QF A SF SF 28–8
ウィンブルドン 3R 4R A QF SF SF SF F W QF SF 46–9
全米オープン 2R 4R 3R F 4R 3R SF W QF QF 37–9
Win–Loss 3–2 6–4 5–2 12–4 15–4 16–4 21–4 22–3 17–2 17–4 16–3 150–36

オリンピック[編集]

大会 2008 2012 通算成績
夏季オリンピック 1R G 6-1

ATPワールドツアー・マスターズ1000[編集]

大会 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 W–L
インディアンウェルズ A 2R SF 4R F QF 2R 2R QF 4R SF 24–10
マイアミ A 1R SF 2R W 2R 2R F W QF F 26-8
モンテカルロ A 1R A 3R SF 2R SF QF 3R A A 11–7
マドリード 1 A 2R 1R 3R QF QF 3R A QF 3R W 16–8
ローマ A 1R 1R 2R 2R 3R SF 3R 2R QF 3R 9–9
カナダ A SF 2R SF W W 2R 3R 3R QF W 26–6
シンシナティ 2R QF 1R W SF QF W 3R QF QF SF 27–9
上海 2 A 3R 3R W A W W F A 3R 23–4
パリ A 3R QF QF 3R QF QF 3R A QF 13–8

1, 2008年までハンブルク・マスターズ(屋外クレー)、2009年からマドリード・マスターズ(屋外クレー)
2, 2002年から2008年までマドリード・マスターズ(室内ハード)、2009年から上海マスターズ(屋外ハード)

世界ランキング[編集]

2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
順位 65 17 11 4 4 4 4 3 4 6

4大大会シード[編集]

全豪オープン 全仏オープン ウィンブルドン 全米オープン
2005 A A
2006 17th
2007 15th A A 19th
2008 9th 10th 12th 6th
2009 4th 3rd 3rd 2nd
2010 5th 4th 4th 4th
2011 5th 4th 4th 4th
2012 4th 4th 4th 3rd
2013 3rd A 2nd 3rd
2014 4th 7th 3rd 8th
2015 6th 3rd 3rd

脚注[編集]

  1. ^ なお英語の発音は/ˈændi (ˈændruː) ˈmʌri/である。「Murray」『Wiktionary英語版』 2011年8月10日 03:01 (UTC)、および「Rhymes:English:-ʌri」『Wiktionary英語版』 2011年8月14日 19:56 (UTC)等参照。
  2. ^ Tennis – ATP World Tour – Draws”. ATP World Tour. 2012年7月5日閲覧。
  3. ^ Andy MURRAY”. ITFTennis.com. 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ http://news.tennis365.net/news/today/201503/103867.html
  6. ^ マレー 46人目の通算500勝
  7. ^ http://news.tennis365.net/news/today/201505/104408.html
  8. ^ Murray's a winner - but not yet a hero”. guardian.co.uk (2009年7月4日). 2009年7月4日閲覧。
  9. ^ Patience a virtue for Andy Murray?”. Sports.espn.go.com (2009年8月30日). 2013年7月10日閲覧。
  10. ^ W. Smith, David. “Player tactics: The Andy Murray Backhand”. 2013年7月13日閲覧。
  11. ^ Wimbledon 2013. BBC Sport. 26 June 2013. 
  12. ^ http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/skills/4609176.stm
  13. ^ White, Clive (2008年10月17日). “Andy Murray to take on Roger Federer in Madrid Masters semi-final”. The Telegraph (London: Telegraph Media Group). http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/andymurray/3218318/Andy-Murray-to-take-on-Roger-Federer-in-Madrid-Masters-semi-final-Tennis.html 2010年4月25日閲覧。 
  14. ^ 2013年ウィンブルドン選手権で優勝したアンディ・マレー氏は、一度に50個の寿司を食べる えん食べ 2013年7月8日

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
サム・クエリー
全米オープンシリーズ優勝
2010
次代:
マーディ・フィッシュ
受賞
先代:
ケイト・ヘイウッド
BBCヤングスポーツ・パーソナリティ賞
2004
次代:
ハリー・エイキンズ・アリーティー
先代:
ローリー・マキロイ
ローレウス世界スポーツ賞
2013
次代:
マルク・マルケス
先代:
ブラッドリー・ウィギンス
BBCスポーツ・パーソナリティ賞
2013
次代:
ルイス・ハミルトン
先代:
ロジャー・フェデラー
アーサー・アッシュ ヒューマニタリアン賞
2014
次代:
-